お問い合わせ

Red Hat、ホワイトハウス開催のオープンソース・ソフトウェアセキュリティ・サミットに関する声明を発表

RALEIGH, N.C. -

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hat の製品 & テクノロジー エグゼクティブバイスプレジデントのマット・ヒックス、シニアバイスプレジデント兼 CTO のクリス・ライト、グローバル公共政策担当バイスプレジデントのマーク・ボハノンは、他社の技術責任者らとともに、ホワイトハウス国家安全保障会議が開催するサイバーセキュリティとオープンソースセキュリティに関する会合に出席しました。

会合後、Red Hat は次のような声明を発表しました。

「Red Hat は、本日、ソフトウェア・セキュリティに関して貴重な議論ができたこと、そしてより大きな信頼と回復力を共に構築する方法について、私たちの見解と経験を伝える機会を得たことに感謝しています。

Red Hat は、2021年5月のサイバーセキュリティに関する大統領令で具体化された、ソフトウェア・サプライチェーン・セキュリティへの包括的なアプローチについて、政権に喝采を送ります。その実施と、開放性と透明性という目標に継続的かつ献身的に注力することが不可欠です。

サイバー EO の中核となる考え方は、あらゆる種類のベンダーが自社のソフトウェアの可視性を高め、そのライフサイクルに責任を持ち、セキュリティデータを一般に公開することを含め、プロプライエタリおよびオープンソース両方のソフトウェアのセキュリティ態勢を改善するための基本であることに変わりはありません。

今回の会合の主要テーマは、オープンソース・ソフトウェアが技術革新のペースを加速し、社会的・経済的に多大な利益をもたらしており、信頼とサイバーセキュリティの強化に大きく貢献できているということを再認識するものでした。

Red Hat は、次のステップについて行政や幅広いステークホルダーと協力することを楽しみにしており、今後も顧客をサポートし、オープンソースエコシステムを強化することに引き続き注力していきます。

その他のリンク

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-4590-7472
  • Red Hatについて
  • エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、Red Hatはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザリーとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、デジタルの未来に備えるための準備を支援します。



  • 将来予想に関する記述
  • ここに記載されている過去の事実に関する情報および討議を除き、本プレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、将来の事業および業績に関する当社の現時点での仮定に基づいています。これらの声明には、様々なリスク、不確実性、その他の要因が含まれており、実際の結果は、そうした将来の見通しに関する声明で示されたものと実質的に異なる場合があります。このプレスリリースに掲載されている将来の見通しに関する声明は、その発行日時点の当社の見解を示したものです。法令により義務付けられる場合を除き、当社は、将来の見通しに関する声明を更新または訂正する義務を一切負いません。

    ###

    Red Hat、Red Hat logoおよびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。