プレスリリース

Amadeus、クラウドベースのアプリケーションインフラの基盤としてRed HatのOpenShiftを活用

アプリケーションコンテナーとオートメーションに対する強い関心から、 Red Hatのクラウドアプリケーションプラットフォーム製品を選択

東京

[ボストン – RED HAT SUMMIT – 2015年6月24日(現地時間)発表] 米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、国際的トラベルテクノロジープロバイダーのAmadeusが、受賞歴のあるRed HatのプライベートクラウドアプリケーションプラットフォームであるOpenShift Enterprise上に、独自の高可用性、セルフサービス、自動化クラウドプラットフォームであるAmadeus Cloud Servicesを構築していることを発表しました。

Amadeusは、全世界の旅行業界に向けた先進的テクノロジーソリューションの代表的プロバイダーであり、航空会社、空港、ホテル、鉄道、旅行代理店、および旅行管理会社を含む顧客にサービスを提供しています。

Amadeusは、これらすべての関係者を接続し、旅行業界の利用客が、単一ソースから、コンテンツやトラベルツールにアクセスすることを可能にしているプラットフォームの更新を希望していました。

Amadeusのデータセンターはドイツのエルディングに位置し、業務のピーク時には毎秒3万を超えるエンドユーザーのトランザクションを処理しています。しかし、データトランザクション需要が爆発的に増大しているため、Amadeusの顧客の多くは、オンサイトでのローカルな実行、あるいはプライベート、パブリック、またはハイブリッドクラウドプラットフォームを通してアクセス可能なトラベルアプリケーションを望んでいました。1万2千以上のインフラ機器からのこれらのリクエストに対応するため、AmadeusのITチームはインフラアーキテクチャーと設計およびアプリケーションコンテナー用の様々なオープンソースソリューションを評価し、最終的にRed HatのOpenShift Enterpriseを選択し、顧客固有の需要に適合するよう設計されたプライベートクラウドベースのアプリケーションの作成と運用を開始しました。さらにAmadeusは、Amadeus Cloud Servicesソリューションの構築用にOpenShiftを選択し、段階的にAmadeusのトラベル業界の顧客に対するサービス提供を開始する計画です。

Amadeusが当初からDockerおよびコンテナー化アプリケーションに関心を持っていたこともあって、DockerとKubernetesをネイティブに統合し、Red Hatによって完全にサポートされたOpenShiftの軽量コンテナーアーキテクチャーは、同社の環境に最適でした。また、OpenShiftを取り巻くオープンソースコミュニティのサポートもこの協業を強固なものにし、現在はAmadeusのエンジニアがアップストリームのOpenShift Originコミュニティのコントリビュータとなっています。こうしてOpenShiftのコードに対する可視性が得られたため、Amadeusのエンジニアは既存のミドルウェアアプリケーションをOpenShiftプラットフォーム内で統合し監視することにより、既存のリソースを最大限に活用できるようになりました。また、AmadeusはOpenShiftの自動リカバリ—、スケーリング、および容量計画機能を使用し、必要に応じてアプリケーションを再配備できるようになり、個々のインフラアプリケーションを人手で管理する必要性が減少します。

プロジェクトの一環として、Amadeusは同社の最先端プラットフォームの可用性を高めると同時に、待ち時間のさらなる削減を進めています。Amadeus Cloud Servicesの配備が完了した後、自動化を通して運用がさらに合理化され、新サービスの市場投入期間が短くなることも予想しています。

 

サポートコメント

Amadeus アーキテクチャー、品質、およびガバナンス担当バイスプレジデント Dietmar Fauser

Amadeusは、テクノロジーの観点からお客様にさらに寄り添い続け、アプリケーションをより迅速に実現し、変化に容易に適合しその過程で多様なビジネスモデルに対応できる非常に柔軟性の高いプラットフォームを提供したいと考えています。まだ配備の初期段階ですが、すでにOpenShiftプラットフォームの柔軟性とRed Hatから提供されたサポートにより、当社のアプリケーションを次のレベルに進め、より広い顧客層へと拡張する作業を開始することができました。

 

Red Hat OpenShift担当バイスプレジデントゼネラルマネージャ Ashesh Badani

OpenShift Enterpriseの強力なスケーリングおよびオートメーション機能により、Amadeusが従来のプラットフォームの構造を維持しつつ、固有の要求を持つはるかに大規模で多様なお客様に対応できるようになったことを非常に嬉しく思います。Amadeusのデプロイメント要件が非常に多数のインフラ機器に渡っているため、そのことがOpenShift Enterpriseの柔軟なコンテナーオーケストレーション機能が提供するメリットを明確に示しています。

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープン ソース ソリューションのプロバイダとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソース・コミュニティのグローバル・ネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向 けた革新的テクノロジー創出を支援しています。詳細につきましては、http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、業界統合による影響、買収先の統合および取得した技術や商品を市 場にうまく投入できるかに関するリスク、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Kに基づく最新の四半期報告書(コピー はSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲 載 されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げ られます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の 変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する 記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更 新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のい かなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、JBossは米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。