プレスリリース

ドワンゴ、開発環境にRed Hat OpenStack Platformを導入。インフラ提供の自動化が実現しサービスのリリーススピードを向上

東京

レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:望月 弘一、以下:レッドハット)は本日、株式会社ドワンゴ(本社 東京都中央区銀座、代表取締役社長:荒木 隆司 、以下:ドワンゴ)が、自社内の新サービス開発基盤にRed Hat OpenStack Platformを導入したことを発表しました。これにより、インフラの共通化と自動化を進めセルフサービスとAPIを提供することで、開発部門がタイムリーに仮想マシンインスタンス等のインフラ環境を利用できるようになりました。

ドワンゴは、動画サイト「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」といったポータル事業をはじめ、音楽配信事業、各種モバイル向け事業などを行い、インターネット上での多彩なエンタテインメントコンテンツを提供する企業です。特に同社のポータル事業は、有料会員だけで252万人を超え、その中心となるユーザーは10〜30代のデジタルネイティブ世代です。これらユーザー層に向けて人気サービスを運営していくためには、環境やトレンドの変化を見越した継続的なサービス改善や新規サービスの開発が欠かせませんでした。

これまで開発部門でシステム環境が必要になると、インフラ部門では、仮想サーバーを作成し、OSやミドルウェアをセットアップ後、ネットワークなどを設定して引き渡すという工程を踏んでいました。一連の作業には手作業も多く、手間も時間もかかっていました。また、用意する環境も物理サーバーや仮想サーバーが混在しており、一元管理ができていないことも課題でした。ユーザーの期待に応えるサービスを提供し続けるには、改善サイクルを向上させていく必要があり、そのためには、インフラのセットアップ作業などのタスクを自動化し、また、管理の効率化も考え一元管理も進める必要がありました。

このように、開発部門ではサーバー等、開発環境の調達時間の短縮が課題となっており、また、インフラ部門ではシステム運用の効率化が必須となっていました。これらを解決するために、新たな開発インフラを構築することになり、そこで注目したのがオープンソースソフトウェアであり、かつコミュニティ活動が活発で情報が豊富で入手しやすいOpenStackでした。コミュニティ版のRDOや他社の商用ディストリビューションと比較した結果、外部ネットワークを複数保持する自社データセンター内ネットワークの構成に柔軟に対応でき、また、豊富なエンタープライズでの導入実績のある、Red Hat OpenStack Platformの採用を決定しました。

1,000台の仮想サーバーを運用できる規模を想定し、コントロールノードや監視、ログ収集、Red Hat OpenStack Platformのdirectorなどが同居したサーバーが4台、仮想サーバーを動かすコンピュートノードが十数台といったシステムを構築しました。サービス単位でテナントに分けられ、その中で開発者が自由に仮想インスタンスの作成や破棄等が行えるようになり、2017年3月時点で、すでに十数のサービスで利用されています。

Red Hat OpenStack Platformの導入により開発インフラ提供の自動化が実現され、セルフサービスによる省力化とリードタイム短縮が実現しました。実際、新しい開発サーバーを立てる時間が大幅に短縮され、以前は仮想サーバーを引き渡すまでに数日かかっていましたが、今はスクリプト化され、10分ほどで完了します。

また、OpenStackが提供するクラウド制御APIを活用して、継続的インテグレーションの実践等の開発プロセスの更なる改善に取り組んでいます。開発プロセスを自動化するため、開発者はOpenStackのAPIを利用して自動化する方向にあります。また、インフラ部門でもさらなるITの自動化を模索しており、そうした知見が社内に蓄積されることでよりITの効率化がさらに進むと考えています。

 

サポートコメント

株式会社ドワンゴ 基盤開発本部 Dwango Cloud Service部 Infrastructure Service Produceセクション 川畑 亮介氏

「当社では、ユーザーニーズに応えることのできる人気サービスを運営していくためには、環境やトレンドの変化を見越した継続的なサービス改善や新規サービスの開発が不可欠と考えています。このためには、開発インフラ提供の自動化の実現が重要で、これにより、サービスのリリーススピードの向上を目指しました。Red Hat OpenStack Platformの導入は、期待以上の効果を上げており、今後は本番環境への展開も検討していきます。」

 

レッドハット株式会社 代表取締役社長 望月 弘一

「この度、Red Hat OpenStack Platformの導入により、開発インフラ提供の自動化が実現され、セルフサービスによる省力化とリードタイム短縮が実現したことを、大変嬉しく思います。Red Hat OpenStack Platformは、拡張性が高く豊富な実績のあるIaaSソリューションであり、ますます多くのグローバル企業にとってオープンソースのクラウドプラットフォームとして選択されています。今後ドワンゴ様が検討されているOpenStackを活用した新たな取り組みに関しても、レッドハットは継続的にご支援してまいります。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、業界統合による影響、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Kに基づく最新の四半期報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Shadowmanロゴは、米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。