プレスリリース

IBMとRed Hat、OpenStackによるハイブリッドクラウド採用の促進を目的に協業

オンプレミスのワークロードをIBM Private Cloud上のRed Hat OpenStack PlatformとRed Hat Ceph Storageに迅速かつ容易に拡張することが可能に

東京

 [ラスベガス – IBM InterConnect – 2017年3月20日(現地時間)発表] 米国報道発表資料抄訳

IBM(NYSE:IBM)とRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、企業がOpenStackプラットフォームのスピードと経済性の恩恵を享受しつつ、既存のRed Hat仮想化およびクラウドワークロードをより容易にIBM Private Cloudへと拡張できるようにすることを目的とした戦略的協業を発表しました。

この新しい協業の一環として、IBMはRed Hat認定クラウド&サービスプロバイダーになり、2017年3月末の提供開始時より、Red Hat OpenStack PlatformとRed Hat Ceph StorageをIBM Private Cloud上で使用できるという、より大きな安心感を顧客に提供します。

さらに、この合意の一環として、2017年第2四半期末までにIBM Cloud向けにRed Hat Cloud Accessが利用可能となります。これにより、Red Hatのお客様は、所有するRed Hat Enterprise Linuxサブスクリプションを、自社のデータセンターから全世界のIBM Cloudデータセンター上にあるPublic Cloudもしくは仮想化環境に移行できるようになります。企業各社はIBM Cloudのグローバルな規模と効率性によりRed Hatのソフトウェアに対する投資の維持・拡張を向上させることができます。

「IBMとの協業は、エンタープライズのお客様がより迅速かつ容易にハイブリッドクラウドを採用するために役立つことを目的としています。これにより、社内にOpenStackインフラストラクチャ管理の専門知識がないお客様も、より自信を持ってIBM Private Cloud上でRed Hat OpenStack PlatformとRed Hat Ceph Storageを使用できるようになります。」と、Red HatのOpenStack担当ゼネラルマネージャーであるRadhesh Balakrishnanは語っています。

主要ハイブリッドクラウドアプリケーション管理企業であるCloudsoftは、すでにベータ版のサービスを使用して、Red Hat Enterprise LinuxワークロードをIBM Private Cloud内にデプロイしています。

「当社のCloudsoft Application Management Platform(AMP)をIBM Bluemix Private Cloud with Red Hat上にデプロイするのは、非常に容易でした。パブリッククラウド上で稼働させることによるコストと効率上の利点に加えて、主要プライベートクラウド環境のセキュリティ機能、制御、および性能が手に入りました。」と、Cloudsoft CorporationのCEOであるDuncan Johnston-Watt氏は語っています。

これらの共同提供物に対してお客様が期待できるその他の主な利点には、以下が含まれます。

  • IBMとRed Hatはハイブリッドクラウドインフラストラクチャを提供し、お客様がOpenStack APIを使ってより効果的にクラウドアプリケーションを実行できるようにします。
  • お客様は、より迅速にクラウドインフラストラクチャのプロビジョニングを行い、(Red Hat Cloud Accessを通して)既存のワークロードとRed HatサブスクリプションをIBM Cloudに移行したり、または従量課金方式でソフトウェアとインフラストラクチャを使用できるようになります。
  • 企業各社はさらなるリーチと拡張性を手に入れることが可能となり、クラウド機能のローカルな使用開始およびグローバルへの拡大や、データレジデンシーなどの法規制への準拠が容易になります。

 

IBMとRed Hatは、ワークロード移行、災害復旧、容量拡張、データセンターの統合を含む、プライベートクラウドデプロイメント用の新しいメニューを共同で市場投入・販売する予定です。

「IBM Cloudをデジタル変革の主要な推進力として活用している全世界の顧客企業の大部分にとって、クラウドファースト戦略が新しい標準になっています」と、IBM Cloudの副社長であるZane Adam氏は語っています。「このIBMとRed Hatの戦略的協業は、オープンソース製品とOpenStackクラウドソフトウェアの採用をより容易にするとともに、既存の投資を維持し、新しいビジネスチャンスを生み出せるようにすることを目的としています。」

###

IBM InterConnectについて

InterConnectはIBMのクラウドとコグニティブのコンファレンスで、2万人以上の開発者、顧客、およびパートナーを集め、2,000のセッション、ラボ、および認定資格を通してクラウドコンピューティングの最新の進歩を紹介します。IBMは、ビッグデータ、分析、ブロックチェーン、およびコグニティブコンピューティングを含む幅広いアプリケーションをサポートする、クラウドサービスの完全なポートフォリオとトップクラスのパートナーシップによって、大企業とスタートアップの両方のお客様に成功の基盤を提供します。詳細については、https://www.ibm.com/cloud-computing/をご覧ください。@IBMCloudと#ibminterconnectを通して、会話にご参加ください。

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、為替レートの変動、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、Cephは米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。