プレスリリース

インテリジェント ウェイブ、クレジット決済システムのOnCoreに Red Hat Embeddedテクノロジーを採用

Red Hat Enterprise LinuxとRed Hat JBoss Middlewareの活用でエンドユーザーへの高信頼サービスを実現

東京

レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:望月 弘一、以下:レッドハット)は本日、株式会社インテリジェント ウェイブ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:井関 司、以下:インテリジェント ウェイブ)のクレジット決済システム新製品OnCore(オンコア)で、Red Hat Embedded Programを通じ、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP)が採用されたことを発表しました。

OnCoreは、クレジットカード関連の業務システムに使われる他、高速かつ大量のデータを瞬時に処理して、様々なネットワークやシステムへ伝達する機能を特長としており、ビッグデータを活用する業務システムへの展開も今後期待される、将来を見越したインテリジェント ウェイブの次期主力製品です。既に本年1月より国内販売を開始し、大手クレジットカード会社での活用が決定しています。インテリジェント ウェイブは、今後東南アジアより販売活動を開始し、OnCoreの海外展開を進める予定です。

インテリジェント ウェイブは、当初、OnCoreのサービス提供システム構築に当たり、コミュニティでサポートするLinux OSであるCent OSおよび、同様にコミュニティでサポートするJava EE準拠のアプリケーションサーバーGlassfishを使用していました。しかし、クレジット決済等のオンラインシステムに求められる要件を検討した結果、OSにはRed Hat Enterprise Linuxを、アプリケーションプラットフォームとしてはJBoss EAPを選択しました。

 

レッドハットのテクノロジーは以下の理由で選択されました:

  • セキュリティの向上 - 今後さらに高まるセキュリティへの要求に対し、金融業界に対する製品を提供する会社として責任ある対応が必要であったため。
  • サポート - レッドハットのサブスクリプションを通じて、広範な知識ライブラリだけでなく、最新のテクノロジー、機能、セキュリティ更新プログラム、およびソフトウェアとハードウェアの認定を含む、OSSを活用する際にユーザーが必要とする高品質なサポートが提供されるため。
  • コミュニティへの参画 - レッドハットがオープンソースのユーザーやコミュニティの開発者との取り組みでえた深い経験と知識を持ち合わせているため。

 

インテリジェント ウェイブは、OnCoreの開発にあたり、レッドハットのEmbedded Distributor Partnerである、株式会社SRA(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:鹿島 亨、以下SRA)から、PostgreSQLサポートの提供など緊密な協力を得ることで、完全なオープンソースでのシステム構成を実現しています。OnCoreはIAサーバのアプライアンス製品としてクレジット決済を利用する各サイトに提供されます。なお、レッドハットより技術支援および、24時間、365日のプレミア・サポートを受けています。

 

サポートコメント

株式会社インテリジェント ウェイブ 取締役 BPM本部担当 兼 第二システム開発本部担当 兼 第一システム開発本部部長 立野岡 健一氏

「OnCoreは、店舗でのショッピングやスマートフォン、インターネットサイトでのショッピングなどクレジット取引で重要となるオンラインランザクション処理(OLTP)及びスイッチングを中核とした製品シリーズです。また高い信頼性と・可用性を求められる各種金融ネットワーク接続ソリューションとしても拡販を推進しております。SRA様のご協力もあり、実績あるOS・ミドルウェア製品と品質の高い長期サポートを提供するRed Hat Embedded テクノロジーを採用することができ、製品として性能・安定性の高いプラットフォームを実現できたと評価しております。今回、Red Hat Enterprise LinuxおよびRed Hat JBoss Enterprise Application Platformをサービス基盤として採用することで、OnCore製品の価値を最大限に引き出し、お客様のニーズに最適化されたソリューションを提供することができると確信しています。今後も機能拡充を継続していく予定であり、引き続きレッドハット様のサポート力を期待しております。」

 

レッドハット株式会社 代表取締役社長 望月 弘一

「今回、インテリジェント ウェイブ様が、弊社のRed Hat Enterprise Linuxおよび、Red Hat JBoss Enterprise Application Platformを金融向け新サービス開発に採用いただいた意義は大変大きいと感じております。レッドハットは、積極的にオープンソースコミュニティに従事し貢献することをコミットしています。情報、知識、およびコードを共有する一方で、その中で学び培ったものをお客様にも還元してきました。採用にあたり、オープンソースコミュニティに対する貢献と、アップストリームに対する投資がお客様への高品質な製品やサポート提供につながっているということをご理解いただきました。これまでのコミュニティへの貢献と長年培われた高いサポート対応能力が評価されたと感じております。」

 

株式会社SRA 取締役執行役員 最高技術責任者(CTO) 石曽根 信氏

「インテリジェント ウェイブ様がレッドハット社のRed Hat EmbeddedテクノロジーおよびSRAのPostgreSQL ISVサポートをご採用いただいたことを大変嬉しく思います。この組み合わせは、国内初のEmbedded Distributor Partnerであり、両方の技術力と実績を合わせ持つSRAのみが提供できるソリューションです。このソリューションの導入により、システム開発、運用における課題が解決され、インテリジェント ウェイブ様のビジネスがより一層加速されることを確信しております。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリード する Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた 革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、業界統合による影響、買収先の統合および取得した技術や商品を市 場にうまく投入できるかに関するリスク、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピー はSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載 されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げ られます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の 変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する 記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更 新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のい かなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、JBossは、米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。