プレスリリース

Produban、Red Hatをテクノロジーパートナーに選びOpenStack上でKubernetesとコンテナを使用した最新のクラウドサービスを提供

グローバルITサービス企業がSantander Bank向けサービスの開発期間を短縮

東京

[スペイン・バルセロナ – OPENSTACK SUMMIT – 2016年10月25日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、スペインの主要銀行Grupo SantanderのITサービス部門であるProdubanが、Red Hat OpenStack Platform上のRed Hat OpenShift Container Platformを使って最新のクラウドインフラストラクチャを作成するためのテクノロジーパートナーとしてRed Hatを選んだと発表しました。このインフラストラクチャは、KubernetesとOpenStack上のコンテナの世界で最初の実運用デプロイメントのひとつになると考えられています。

Produbanの国際的な拠点には4カ国に渡る10か所のデータセンターが含まれ、ヨーロッパ最大の銀行のひとつで市場価値において世界最大の銀行の一角を占めるBanco Santander, S.A.を含む、Grupo Santanderの全業務をサポートしています。同社はインフラストラクチャとITオペレーションを専門としており、イノベーションの最前線に立つ信頼性の高い現代的なITサービスを提供しています。

Produbanは、俊敏性の向上とコスト削減を目的に、Grupo Santanderの業務全体に渡ってクラウドサービスを提供するためのプライベートクラウドプラットフォームを作りたいと考えました。同社は、アジャイルアプローチによるクラウドネイティブなアプリケーションの作成を可能にし、高度なオートメーションと強力なセキュリティを備え、Produbanのグローバルなマルチサイトデプロイメント全体に渡って動作するオープンソースプラットフォームを探していました。

他のIaaS(Infrastructure-as-a-Service)、コンテナ、PaaS(Platform-as-a-Service)、およびハイブリッドクラウド管理製品を評価した後、ProdubanはテクノロジーパートナーとしてRed Hatを選びました。同社は、標準化されたIaaS環境でクラウドネイティブなアプリケーションを作成するための現代的でアジャイルなプラットフォームに対するニーズをサポートする上で、Red Hat OpenStack Platform上のRed Hat OpenShift Container Platformが最適であると考えました。

Red Hat OpenShift Container Platformは、Docker、Kubernetes、Project Atomic、およびOpenShift Originの各アップストリームプロジェクトから作られ、世界をリードするエンタープライズLinuxプラットフォームであるRed Hat Enterprise Linuxの信頼すべきバックボーンを基盤とする、最初にして唯一のコンテナ中心のハイブリッドクラウドソリューションです。Red Hat OpenShift Container Platformは、現在のIT投資を無駄にすることなく、コンテナベースのデプロイメントのためのよりセキュアで安定したプラットフォームを提供し、ミッションクリティカルな従来のアプリケーションと、新しい、クラウドネイティブなコンテナベースアプリケーションとを共存できるようにします。

さらに、Red Hatは、アップストリームのOpenStackコミュニティに対する貢献と、エンタープライズのお客様に対する実運用対応OpenStackプラットフォームの提供の両面において、OpenStackを主導しています。Red Hat OpenStack Platformは、非常にスケーラブルな実運用対応のIaaSソリューションであり、ますます多くのグローバル組織に選ばれるオープンソースクラウドプラットフォームとして台頭しています。Red Hat Enterprise Linuxと共に設計され、Red Hatのサポートライフサイクルに裏付けられたRed Hat OpenStack Platformは、クラウドを展開するためのオープンな基盤を提供します。

ハイブリッドクラウドインフラストラクチャの作成に先だって、ProdubanはオペレーティングプラットフォームとしてRed Hat Enterprise Linuxを、また従来型のスケールアップ仮想化プラットフォームとしてRed Hat Enterprise Virtualizationをデプロイしました。さらに、ProdubanがRed Hat OpenStack Platformとともにハイパーコンバージドモードでデプロイした、極めてスケーラブルなソフトウェアデファインドストレージソリューションのRed Hat Ceph Storageは、OpenStackベースのクラウドが要求する過酷なストレージニーズに対応する、単一の効率的なプラットフォームをProdubanに提供します。同社のデプロイメントは、Cephを使用したスペイン初の(世界でも最初の数例に含まれる)ハイパーコンバージドOpenStackアーキテクチャソリューションと考えられます。

ProdubanはRed Hatのコンサルタントと協力してプロジェクトに取り組み、同行のグローバルな業務をサポートする最新のクラウドプラットフォームの構築という目標を達成しました。Produbanは、Red Hatベースのプラットフォームを使用して、高信頼性で、実運用に対応し、制御の行き届いたIaaS環境を作成する一方で、テクノロジーフットプリントとコストを削減しました。Produbanは、今回のクラウドプラットフォームによって俊敏性が向上しただけでなく、ビッグデータ分析を含む各種サービスの市場投入までの時間を短縮できたとしています。地域ごとの専用アベイラビリティゾーンを含む、同社のハイブリッドクラウドサービス全体に渡る一貫した管理とデプロイメントを備えた、標準化された効率的なIaaS環境が実現しました。

 

サポートコメント

Red Hat OpenStack担当ゼネラルマネージャー Radhesh Balakrishnan

「多くの点で、Produbanが作成したデプロイメントは今後の青写真となるもので、KubernetesとOpenStack上のコンテナの世界初の実運用デプロイメントのひとつであり、Cephを使用した初めてのハイパーコンバージドOpenStackアーキテクチャソリューションのひとつです。Red Hatがこの大規模グローバルデプロイメントのテクノロジーパートナーに選ばれたことを非常に嬉しく思い、Produbanと協力してこのデプロイメントを革新の先頭に立たせ続けることを楽しみにしています。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

Red Hat is the world's leading provider of open source software solutions, using a community-powered approach to provide reliable and high-performing cloud, Linux, middleware, storage and virtualization technologies. Red Hat also offers award-winning support, training, and consulting services. As a connective hub in a global network of enterprises, partners, and open source communities, Red Hat helps create relevant, innovative technologies that liberate resources for growth and prepare customers for the future of IT. Learn more at http://www.redhat.com.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to the ability of the Company to compete effectively; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; delays or reductions in information technology spending; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; the effects of industry consolidation; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; risks related to data and information security vulnerabilities; ineffective management of, and control over, the Company's growth and international operations; fluctuations in exchange rates; and changes in and a dependence on key personnel, as well as other factors contained in our most recent Annual Report on Form 10-K (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission's website at http://www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company's views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company's views as of any date subsequent to the date of this press release.