プレスリリース

Red Hat、ボストンに新施設を建設する計画を発表

東京

[ノースカロライナ州ラーレー– 2016年9月16日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳

  • Red Hat、新たな世界水準の施設の建設予定地にボストンのシーポート地域を選択
  • ボストンの施設は、新しいエグゼクティブブリーフィングセンター、Red Hatオープンイノベーションラボ、およびRed Hatエンジニアリングラボを収容し、オープンソースイノベーションの紹介と促進に貢献

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、ボストンへの進出計画を発表しました。Red Hatは、ボストンのシーポート地域フォートポイント地区300 Aストリートに位置する新しい施設に、世界水準のエグゼクティブブリーフィングセンター、米国東海岸初のRed Hatオープンイノベーションラボ、および新しいRed Hatエンジニアリングラボを収容し、新しい形でのオープンソースの活性化を目指します。同施設は、2017年中頃にオープンする予定です。

最近フォーブス誌によって世界で最も革新的な企業のひとつに選ばれたRed Hatは、マサチューセッツ州における長い歴史を持っており、すでにマサチューセッツ州ウェストフォードに17万5,000平方フィートのエンジニアリングおよび製品の世界本部を備えています。ボストンの施設は、マサチューセッツのRed Hatの敷地に4万平方フィートを追加することになります。ボストンは、ビジネスコンサルティング会社のExpert Marketによって2015年に世界最高のテクノロジーの中心地のひとつに格付けされており、複数の世界トップクラスの大学が存在します。シーポートへの進出によって、Red Hatはボストンのテクノロジーコミュニティの積極的メンバーになろうとしています。

エグゼクティブブリーフィングセンター

ボストンの施設には、革新性、インタラクティブ性、および夢中になる体験を提供する世界水準のエグゼクティブブリーフィングセンターが含まれ、Red Hatのエンタープライズクラスオープンソースソフトウェアの全ポートフォリオを展示することによってオープンソースイノベーションを活性化し、オープンソースアプローチを具現化する協業的な体験を作り出します。世界で最も大規模かつ最も革新的な組織の多くからのシニアエグゼクティブが含まれることが予想される来訪者は、オープンソースが様々な業界に渡ってどのようにイノベーションを促進するかを直接学び、お客様のビジネスの課題に対応するためオープンソースを主導しテクノロジー業界の進歩を目指すRed Hatのイニシアティブについて理解する機会を得ることができます。

Red Hatオープンイノベーションラボ

Red Hatは2016年4月に、お客様が現代的アプリケーションの開発を迅速に開始し、将来のイノベーションを加速するためのスキルとツールを獲得できるよう手助けする、常駐ベースのイニシアティブであるオープンイノベーションラボを発表しました。Red Hatオープンイノベーションラボの参加者は、Red Hat OpenShift Container Platform上でのアプリケーションの構築とコンテナ化の方法を学びながら、各テーマのRed Hatのエキスパートと緊密に共同作業を行って、DevOpsのアプローチと方法論を理解・統合することができます。Red Hatがボストンに新しく開設する施設は、米国東海岸初のRed Hatオープンイノベーションラボであり、これまでで最大の規模になります。

Red Hatエンジニアリングラボ

マサチューセッツ州ウェストフォードにあるエンジニアリングと製品の世界本部を拡張する形でRed Hatが新しくボストンに開設するエンジニアリグラボは、オープンソースベースのイノベーションを育成・促進するよう設計された協業的開発環境での新しいオープンソーステクノロジーの研究と新規開発に重点を置きます。活力に満ちたハイテクコミュニティと名声高い大学が存在するボストンで、この施設は研究開発のための最新式の環境を提供します。エンジニアリングラボをRed Hatオープンイノベーションラボと同一施設内に配置することで、Red Hatのエンジニア、お客様、およびパートナーの間の協業と共同開発のためのユニークな機会が提供されます。

 

サポートコメント

ボストン市 市長 Martin J. Walsh氏

「Red Hatのようなイノベーションのリーダーをボストン市に迎えることができて、大変嬉しく思います。Red Hatが拡張と世界的な展示拠点確立のための場所として当市を選んだことで、才能と技術の繁栄の中心地としてのボストンの名声がさらに確固たるものになります。コミュニティパートナーおよびビジネスコミュニティの熱心なメンバーとして当市の地域経済に貢献するRed Hatとの協業を楽しみにしています。」

Red Hat 製品およびテクノロジー担当プレジデント Paul Cormier

「IT業界は変革の途上にあり、その変革の多くはオープンソースに根ざしています。ボストンに開設する施設は、オープンソースイノベーションにグローバルな舞台を提供し、オープンソースエンジニアリングの進歩と顧客イニシアティブに関する次の波の促進に寄与するように設計されます。ボストンは、世界で最もダイナミックな技術コミュニティのひとつが存在する場所であり、同市が世界に誇る大学の卒業生たちはオープンソースとLinuxで育ってきました。ボストンにRed Hatの拠点を展開し、同市の大学と協力して次世代のオープンソースの才能の育成に貢献するとともに、同施設で実施予定の各種プロジェクトを通してイノベーションの最前線におけるRed Hatの立場を維持できることを嬉しく思います。この素晴らしい施設の拠点特定に当たって提供されたWalsh市長とそのオフィスのサポートに感謝します。」

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリード する Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた 革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、業界統合による影響、買収先の統合および取得した技術や商品を市 場にうまく投入できるかに関するリスク、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピー はSECのウェブサイトhttp://www.sec.govか ら入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されてい る要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、 政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されてい る将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予 測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリース の発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴは、米国とその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。