プレスリリース

Red Hat、Microsoft Azureのサポート、先進的コンテナ管理、およびセルフサービスの強化によりハイブリッドクラウド管理を拡張するRed Hat CloudForms 4を提供開始

受賞歴を持つRed Hatのハイブリッドクラウド管理プラットフォームのメジャーリリースで、高度なセルフサービスと拡張された運用機能を提供し、包括的なライフサイクル管理を実現

東京

[ノースカロライナ州ラーレー2015年12月8日(現地時間)発表] 米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、受賞歴のあるハイブリッドクラウド管理ソリューションの最新バージョンであるRed Hat CloudForms 4の提供開始を発表しました。Red Hat CloudForms 4はオープンプラットフォーム上に構築され、セルフサービスを超えて、仮想化、プライベートクラウド、パブリッククラウド、およびコンテナを含む各種プラットフォーム間に渡り一貫した体験と包括的なライフサイクル管理を提供します。

 

Microsoft Azureのサポートとコンテナ管理の拡張

Red Hat CloudForms 3.2の発表によって、単一のプラットフォームからOpenStackインフラストラクチャおよびワークロードを管理するための業界初のオープンソースクラウド管理プラットフォームが登場しましたが、CloudForms 4でも、Red Hatは引き続き開発者や運用担当者が必要とするプラットフォームやツールの機能を追加しています。

  • Microsoft Azureのサポート – 最近行われたRed HatとMicrosoftの提携の発表に沿って、Red Hat CloudFormsは管理対象プラットフォームの集合を拡張してMicrosoft Azureを含むようになり、AzureのユーザーがそれらのワークロードとリソースをCloudForms内で管理できるようになります
  • コンテナのサポート – 自社ワークロードをコンテナ内で実行することを計画している企業が増えている中で、これらの新しい構成に対する洞察が求められています。CloudForms 4ではコンテナアーキテクチャの管理が追加され、Red HatのOpenShift Enterpriseで動作しているワークロードおよびOpenShiftをホストしているインフラストラクチャに対する可視性をユーザーに提供します。こうして、CloudFormsはコンテナからPaaS層を経てIaaS層または物理ホストまで関係を管理することができます。
  • セルフサービスとオペレーションの向上 – CloudForms内の改良されたダッシュボードとチャートによって、ユーザーは実環境で動作している異なるクラウドプラットフォーム間およびコンテナホスト間の関係をより良く把握することができます。

Red Hat CloudFormsは、新しいリソースに対する継続的な発見と自動的な検査を行い、Amazon Web Services、Hyper-V、Microsoft Azure、Red HatのOpenShift、OpenStack、Red Hat Enterprise Virtualization、およびVMwareを含むプラットフォームに対する運用上の洞察を提供します。また、Red Hat CloudFormsはリソースに関する企業のコンプライアンスとガバナンスを管理するための自動化されたポリシーも、単一の運用インターフェイスから適用します。

 

ManageIQコミュニティの勢い
Red Hat CloudForms 4は、ManageIQオープンソースプロジェクトをベースとする3回目のリリースです。同プロジェクトは、ManageIQ, Inc.の買収により取得したコードに基づいてRed Hatが2014年に立ち上げました。ManageIQコミュニティは、開発者、サービスプロバイダー、システムインテグレーター、研究者、およびユーザーが集まり、ハイブリッドクラウド環境の統一的な管理について協業し、イノベーションを推進しています。CloudFormsの前回のリリース以来、同コミュティは大幅に勢いを増し、以下のコントリビューションが行われています。

  • Booz Allen Hamilton:同社のオープンソースクラウドブローカーであるProject JellyfishをManageIQと統合するためのコードをコントリビュートしています。Booz Allenは、よりスマートで直観的なクラウドサービス管理とブローカーリングを、より簡単に利用できるようにすることを目的として、2014年にProject Jellyfishを立ち上げました。Red Hat CloudForms 4の新しいセルフサービスユーザーインターフェイスは、Project Jellyfishが基盤となっています。
  • Nuage Networks:CloudFormsの将来のリリースに含まれる予定のソフトウェアデファインドネットワーク(SDN)を管理するためのCloudForms用プロバイダーを作成しています。
  • Produban:Grupo Santanderの系列IT企業で、改良されたチャージバックおよび課金サポートをManageIQプロジェクトにコントリビュートしています。

 

提供開始時期
Red Hat CloudForms 4は直ちに提供され、サブスクリプションをお持ちのお客様はダウンロード可能です。

サポートコメント
Red Hat マネージメント事業部門バイスプレジデント Joe Fitzgerald
「CloudForms 4は、ハイブリッドクラウド管理のマイルストーンです。コンテナ管理が追加されたことで、CloudFormsはより多彩なクラウドプラットフォームに渡って統一された管理体験を提供できるようになります。また、Red HatとMicrosoftの戦略的関係を引き続き構築すること、およびMicrosoft Azure用管理機能の追加によってお客様の要求を満たせることの両方を嬉しく思います。Red Hat CloudForms 4は、オープンソーステクノロジーに基づく業界で最も広範なハイブリッドクラウド管理ソリューションをお客様に提供します」。

Booz Allen Hamilton チーフテクノロジスト Jarid Cottrell氏
「Project JellyfishとManageIQの統合は、Booz AllenとRed Hatの長期的な関係の証です。両社は、真にエンドツーエンドのオープンクラウドソリューションを進化させ先導するために協力してきました。ユーザーはCloudForms 4の新しいセルフサービス機能で初めてProject JellyfishとManageIQの透過的に利用可能になりますが、今後のリリースではさらに多くの魅力的な機能が計画されています。我々はRed Hatとの戦略的提携を通して、Project JellyfishとManageIQの協業に留まらず、ビジネスを行うためのより革新的な方法に取り組んでいきます。」

Microsoft Azure コンピュート担当ディレクター Corey Sanders氏
「Red Hat CloudFormsの管理機能とMicrosoft Azureを統合することによって、我々はRed HatとMicrosoftのエコシステム全体に渡る選択肢と柔軟性への取り組みを拡張します。今日のハイブリッドな異種混合の環境において、お客様の需要を満たすためにRed Hatとの戦略的提携をさらに拡張でき嬉しく思います。」

Nuage Networks CEO  Sunil Khandekar氏
「Red HatおよびManageIQコミュニティと協力してCloudFormsにソフトウェアデファインドネットワーク機能を実装することができ嬉しく思います。当社のお客様がクラウドプラットフォームの導入を進める中で、運用管理の単純化・統合化と、ネットワークの要件に対応する拡張が求められています。Nuage Networks Virtualized Services Platform(VSP)のネットワークサービス抽象化および自動化機能をCloudFormsに導入することで、進歩的なクラウドビルダーが単一のシステムからコンピュートリソースとネットワークリソースの両方をオーケストレーションできるようになります。」

Produban エンジニアリングディレクター Juan Antonio de la Fuente氏
「世界最大クラスの銀行Grupo Santanderのテクノロジーカンパニーである当社は、競争力を維持するための革新的ソリューションを業務部門に提供しなければならないというプレッシャーに常に晒されています。ManageIQコミュニティでRed Hatと協業することによって、我々は従来の『購入か構築か』という決断を回避し、両方の選択肢を取ることができました。Red Hatと共同でイノベーションを実現し、業務上の問題の解決に役立つソリューションを構築した後で、それをカスタム『ビルド』のデメリットがまったくない既製品として購入できるのです。Red Hatとの共同イノベーションパートナーシップは、我々にとって極めて有益であることが明らかになりました。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープン ソース ソリューションのプロバイダとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソース・コミュニティのグローバル・ネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向 けた革新的テクノロジー創出を支援しています。詳細につきましては、http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、業界統合による影響、買収先の統合および取得した技術や商品を市 場にうまく投入できるかに関するリスク、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピー はSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲 載 されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げ られます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の 変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する 記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更 新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のい かなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、JBoss、Gluster、OpenShift、CloudForms、およびShadowmanロゴは米国およびその他の国において登録 されたRed Hat, Inc.の商標です。Linux®は米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。「提携」という単語の使用は、Red Hatと他の任意の企業間における法的提携関係を示すものではありません。