言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

プレスリリース

Red Hat、ネットワークとLinuxコンテナの革新を促進する Red Hat Enterprise Linux 7の最新バージョンを発表

ネットワーク性能の大幅な向上と、コンテナベースアプリケーションの開発とデプロイメントをサポートする機能拡張を実現した Red Hat Enterprise Linux 7.2

東京

[ノースカロライナ州ラーレー – 2015年11月19日(現地時間)]米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT)は本日、Red Hat Enterprise Linux 7の最新バージョンであるRed Hat Enterprise Linux 7.2の提供開始を発表しました。Red Hat Enterprise Linux 7.2は、現在のエンタープライズのニーズに対して妥協することなく、情報テクノロジーの未来に続く信頼すべき道筋を提供することによって、エンタープライズオペレーティングシステムを再定義するというRed Hatの目標を受け継ぐ製品です。

新しい特徴および機能は、セキュリティ、ネットワーク、およびシステム管理を主眼とするとともに、Linuxコンテナベースのアプリケーションの開発とデプロイメントのためのエンタープライズ対応ツールに引き続き重点を置いています。さらに、Red Hat Enterprise Linux 7.2は、既知のリスクと技術的問題を予防的に特定しITの効率を向上させダウンタイムを短縮するようにデザインされたアドオンの運用分析製品である、新しいRed Hat Insightsとの互換性を備えています。

 

セキュリティ

金融、行政、および軍事分野の顧客ニーズへの適合を含む、セキュリティに対するRed Hatの取り組みを維持して、Red Hat Enterprise Linux 7.2は引き続き新しいセキュリティ機能および特徴を提供します。
真のセキュリティには、システムのセキュアな基盤とセキュアな構成の両方が必要です。OpenSCAPは、システムのセキュリティへの適合性を分析するSecurity Content Automation Protocolの実装です。新しいOpen SCAP Anacondaプラグインによって、インストール処理中にSCAPベースのセキュリティおよびコンフィギュレーション分析を使用できるようになり、システムデプロイメントのセキュアな起点が確保されます。
セキュアな分散システムの最重要部分の1つは、DNSサーバーによって行われるアドレス決定が信頼できることです。DNSSECはDNSを拡張し、アドレス決定のためのセキュアな信頼のチェーンを提供します。Red HatのIdentity Managementシステム(IdM)はDNSゾーン用にDNSSECをサポートしました。
 

ネットワーク

Red Hat Enterprise Linux 7.2のネットワーク性能は大幅に向上しており、ネットワーク機能仮想化(NFV)とソフトウェアデファインドネットワーク(SDN)の多くの使用例でスループットが倍増します。カーネルネットワークサブシステムのその他の強化点には、以下が含まれます。

  • ネットワークカーネルスタックのチューニングによってパケット処理時間が大幅に改善され、Red Hat Enterprise Linux 7.2は高度な(仮想およびコンテナ化)ワークロードにおいて物理ライン速度での動作が可能になっています。
  • Data Plane Development Kit(DPDK)が付属しており、NFVおよびその他の使用例において、ユーザスペースで直接パケット処理が可能な、低レイテンシ/高スループットのカスタムアプリケーションを迅速に開発できます。この機能拡張が行われるまで、システムで実行できるのは1種類のアプリケーション(DPDK対応または従来のネットワーク対応)のみに限られていました。Red Hat Enterprise Linux 7.2の機能拡張、すなわち新しい分岐ドライバの導入によって、両方のタイプのアプリケーションを同じシステムに収容可能になり、物理的ハードウェアが整理統合されます。
  • データセンターのTCP輻輳問題を解決するための機能として、WindowsベースとRed Hat Enterprise Linuxベースのホストに渡ってスムーズに動作しスループットと効率を最大化する TCP(DCTCP)が追加されました。
     

Linuxコンテナ

Red Hat Enterprise Linux 7.2は、基盤のコンテナサポートインフラストラクチャに多数の改善が加えられています。dockerエンジン、Kubernetes、Cockpit、およびAtomicコマンドのアップデートが含まれています。さらに、コンテナワークロードに最適化されたRed Hatのホストプラットフォームの最新バージョンであるRed Hat Enterprise Linux Atomic Host 7.2が、ほとんどのRed Hat Enterprise Linux 7.2サブスクリプションで利用可能になります。

また、アプリケーション開発者がRed Hat Enterprise Linux 7.2、Red Hat Enterprise Linux Atomic Host 7.2、およびOpenShift Enterprise 3を含むRed Hatのコンテナホストへのデプロイメントを認定されたコンテナベースのアプリケーションを容易に作成するために役立つ、イメージ、ツール、およびドキュメントを集めたRed Hat Container Development Kit 2のベータ版も本日提供されます。

 

システム管理

現代のデータセンターの大規模な管理はますます複雑化しているため、Red Hat Enterprise Linux 7.2には、より合理化されたシステム管理体験を実現する新しいツールや改良されたツールが含まれています。これらのアップデートの目玉として、システム管理者によるISO形式のローカルバックアップ作成および中央集中的アーカイブとリモートレプリケーションによる災害復旧作業の簡素化を可能にする、システムアーカイビングツールのRelax-and-Recoverが導入されています。

 

Red Hat Insights

Red Hat Enterprise Linux 7.2は、Red Hat Enterprise Linux環境のプロアクティブな管理のためにデザインされた運用分析サービスのRed Hat Insightsと互換性があります。このサービスは追加コストが不要で、最大10台のRed Hat Enterprise Linux 7システムに利用でき、インフラストラクチャ資産を分析し、継続的な監視と分析を通して重要なリスクと脆弱性を特定することにより、業務に影響が出る前に技術的問題を検出できるようにデザインされています。Red Hat Insightsは、IT責任者やシステム管理者がこれらの問題に対処し、潜在的に将来の問題を予防する上で役立つ解決手順を提供します。

 

Red Hat Enterprise Linux Server for ARM 7.2 Development Preview

Red Hatは、2015年6月にパートナーとその顧客に提供したRed Hat Enterprise Linux Server for ARM 7.2 Development Previewについても提供を開始します。このDevelopment Previewによって、パートナーの新しいハードウェアや追加機能がARMアーキテクチャで利用可能になります。

 

サポートコメント

Red Hat プラットフォーム事業部門担当 副社長 兼 ゼネラルマネージャー Jim Totton

「2014年6月のRed Hat Enterprise Linux 7の発表で、Red Hatはエンタープライズオープンソースオペレーティングシステムを再定義しました。Red Hat Enterprise Linux 7.2でもこの努力を継続し、最重要ビジネスアプリケーション向けの高い安定性と信頼性を備えたよりセキュアなプラットフォームの提供という重点目標を維持しつつ、コンテナ化アプリケーションデプロイメント用の新機能と大幅なネットワークの強化を実現しています。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープン ソース ソリューションのプロバイダとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソース・コミュニティのグローバル・ネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向 けた革新的テクノロジー創出を支援しています。詳細につきましては、http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、業界統合による影響、買収先の統合および取得した技術や商品を市 場にうまく投入できるかに関するリスク、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピー はSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲 載 されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げ られます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の 変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する 記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更 新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のい かなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、JBoss、Gluster、OpenShift、CloudForms、およびShadowmanロゴは米国およびその他の国において登録 されたRed Hat, Inc.の商標です。Linux®は米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。「提携」という単語の使用は、Red Hatと他の任意の企業間における法的提携関係を示すものではありません。