プレスリリース

Red Hat、ヨーロッパ全域でのOpenStackの採用を促進

業界リーダーのFastweb、Paddy Power Betfair、およびProdubanがクラウドイノベーションを実現するためにRed Hat OpenStack Platformをデプロイ

東京

[テキサス州オースティン - OPENSTACK SUMMIT – 2016年4月27日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、Fastweb、Paddy Power Betfair、およびProdubanを含むヨーロッパ全域の主要組織が、それぞれのクラウドイニシアティブの基幹としてRed Hat OpenStack Platformをデプロイしたことを発表しました。

調査会社のIDCは、2015年前半に「第3のプラットフォームの時代における最も重要な段階、すなわち革新の段階を迎えているヨーロッパの企業は、アイデアを結実させるための新しい、しかしコスト効率に優れたテクノロジーを必要としている。ベンダーロックインを回避し、ソフトウェアライセンス料金を削減したいという要望から、クラウドインフラストラクチャの構築用としてOpenStackを評価する企業が増えている」と指摘しています12016 Red Hat Global Customer Tech Outlookによると、OpenStackの概念実証(POC)とデプロイメントは2016年に急増が予想され、回答者の39%が今年度にOpenStackのPOCまたは実運用デプロイメントの実装を計画しています。

Red Hatはプライベートおよびハイブリッドクラウドのリーダーであり、ベアメタルおよび仮想化環境からプライベート/パブリッククラウドまで、データセンターの4つの実装形態に渡るオープンソースソリューションを提供しています。また、Red Hatは、アップストリームのOpenStackコミュニティに対する貢献と、エンタープライズのお客様に対する実運用対応OpenStackプラットフォームの提供の両面において、OpenStackの堅実なサポーターであり主要プロバイダーです。Red Hat OpenStack Platformは、非常にスケーラブルな、実運用対応のIaaSソリューションで、ますます多くの国際的組織に選ばれるオープンソースのクラウドプラットフォームとして台頭してきました。Red Hat OpenStack PlatformはRed Hat Enterprise Linuxと並行開発され、Red Hatのサポートライフサイクルによって強化され支えられており、クラウドデプロイメントのための、実証済みの、完全にオープンな基盤を提供します。

ヨーロッパにおいてRed Hatは確実に勢いを得ており、以下を含むいくつかの実運用デプロイメントの成功事例がそれを明確に示しています。

 

  • Fastweb:イタリアを代表する通信事業者のひとつで、独自に開発とサポートを行うための社内リソースを持たないイタリアの企業に、クラウドベースのエンタープライズ情報・通信テクノロジー(ICT)サービスを提供しています。導入ユーザーの拡大とともに、非常に動的な顧客ニーズに従ってFastwebはオートメーションおよびセルフサービス機能を向上させる必要がありました。その結果、敏捷で柔軟な方法で市場ニーズに対応するために、FastwebはRed Hat OpenStack Platformに移行しました。
  • Paddy Power Betfair最大のオンラインベッティング企業のひとつ、かつ世界最大の賭博取引所であり、賭博業界を切り崩すための戦略的優位性としてテクノロジーを使用することによって成功を築きました。Paddy Power Betfairのi2プログラムは、 Paddy Power Betfairのアプリケーションの継続的な配信をサポートするために、Red Hat OpenStack Platformとソフトウェアデファインドネットワーク(SDN)を使用して、Paddy Power Betfair用の完全に新規のプライベートクラウドプラットフォームを作ることを目的としています。新しいOpenStackベースのプライベートクラウドによって、Paddy Power BetfairはIaaSの原理に基づく新しいネットワークおよびホスティングインフラストラクチャを提供し、すべての開発/テスト/実運用アプリケーションおよび関連ツールを一箇所でホスティングできます。SDNの使用によって、Paddy Power Betfairは物理的なネットワーク機器に対する依存の低減とネットワーク運用の簡素化を実現し、より大量の秒間トランザクション処理とサーバーのダウンタイム短縮が可能になったと報告しています。
  • Produban:Santander銀行のITサービス企業で、継続的な設計とITインフラストラクチャ運用を専門としています。Produbanのグローバルな施設には、ヨーロッパ最大の銀行のひとつで、市場価値において世界でも最大クラスの銀行であるBanco Santander, S.A.を含む、Grupo Santanderの全ビジネスをサポートする10箇所のデータセンターが含まれます。Produbanは、これらのグローバルデータセンターをサポートするため、Red Hat OpenStack Platform、Red Hat Ceph Storage、Red Hat CloudForms、およびRed Hatの認定パートナーであるNuage Networksのソフトウェアデファインドテクノロジーを基盤とする、ハイブリッドクラウドインフラストラクチャを構築しました。また、Produbanは、エンタープライズバンキングアプリケーションの開発とデプロイを行うためのデフォルトのPaaSソリューションとして、Red Hatのコンテナアプリケーション開発プラットフォームであるOpenShift Enterpriseもデプロイしました。この新しいソリューションは、コアインフラストラクチャ(IaaS)、DevOps(PaaS)、およびマルチクラウド管理を含み、すべてを基底の仮想化ネットワーク上に構築したオープンハイブリッドクラウドというProdubanの要件を満たしています。

1 IDC, “OpenStack – Ready for Prime Time in Europe?,” available at http://nordic.idc.com/eng/about-idc/press-center/60698-openstack-ready-for-prime-time-in-europe     

 

サポートコメント

Red Hat OpenStack担当ゼネラルマネージャー Radhesh Balakrishnan

「OpenStackのベネフィットを理解する企業の数が増えるとともに、Red Hatはグローバル市場に対する影響力を強めています。これほど多くの業界リーダーが、プライベートとパブリック両方のデプロイメントに渡るクラウドコンピューティングに関する当社のビジョンを受け入れていることを非常に嬉しく思い、OpenStackで同様の成功を体験するお客様のコミュニティを拡大していきたいと考えています。」

 

Fastweb クラウドコンピューティングサービス担当プロダクトマネージャー Mirko Santocono
「当社がRed Hatを選んだのは、テクノロジーの革新的な性質とRed Hatのオープンソース方式が理由です。また、当社のお客様がOpenStackを認めて信頼していることも評価しました。Red Hatのおかげで、競争優位性の新たな源泉を作り出し、イタリアにおけるリーディングクラウドプロバイダーとしての立場を強化することができました。Red Hatの協力によって、市場の革新を主導するのに十分な体制が整いました。」

 

Paddy Power Betfair CTO Paul Cutter

「Red Hatに関する投資が妥当なものと判断された第一の要因は、我々2社の企業カルチャーが非常によく合致していることです。当社のビジネスは、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat OpenStack Platform、およびRed Hat Enterprise Virtualizationを含む広範なRed Hatのテクノロジーに依存しています。OpenStackによって実現されるi2プログラムは当社のビジネスの大きな部分であり、数百万のアクティブユーザーに日常的に影響を与えています。」

                                             

Produban デジタル、クラウドエンジニアリング担当ディレクター Juan Antonio de la Fuente Osuna

「Red Hat OpenStack Platformによって実現されるIaaSデプロイメントは、Produbanに次世代の機能を提供し、ITサービスプロバイダーとして次のレベルに進めてくれます。重要な点として、OpenStackソリューションの最も影響力のある部分は間違いなくRed Hat コンサルティングによるものであり、当社のアーキテクチャ設計において大きな役割を果たし、デプロイメント、アップグレード、および微調整の作業を我々とともに行い、必要に応じてワークショップも提供してくれました。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、業界統合による影響、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Kに基づく最新の四半期報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、OpenShift、CloudForms、Ceph、Shadowmanロゴは、米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。