プレスリリース

レッドハット、認定クラウド&サービスプロバイダープログラムを日本において開始

プログラム促進のためのディストリビューターとして、サイオステクノロジーとソフトバンク コマース&サービスが選定

東京

レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、暫定社長:ダーク-ピーター・ヴァン・ルーウェン、以下:レッドハット)は本日、去る7月9日にグローバル市場において発表された新たなパートナープログラム、認定クラウド&サービスプロバイダープログラム(Certified Cloud & Service Provider Program: CCSP)の日本での正式導入と、このプログラム普及のためのディストリビューター(CCSP-D)として、サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多 伸夫、以下:サイオステクノロジー)とソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 溝口 泰雄、以下:ソフトバンク コマース&サービス)が選定されたことを発表しました。両社は今後、レッドハットとの緊密な連携の基に、日本全国にまたがる中小規模のパートナーを含め、同プログラムの普及とレッドハット製品、およびサービスのクラウドでの拡販に努めます。

レッドハットでは2009年より、認定クラウドプロバイダープログラム(Certified Cloud Provider:CCP)を全世界において提供してきましたが、これは主に、マルチテナントのパブリッククラウド上でRed Hat Enterprise Linuxをオンデマンドおよび従量課金で使用したいお客様のために設定したもので、クラウドサービス上でのレッドハット製品の利用拡大に努めてきました。今回、CCPがCCSPに拡大される背景は、お客様のニーズがよりハイブリッドクラウドに傾くにつれ、マネージドサービスプロバイダー、システムインテグレ―タ、通信業者、ホスティング事業者および、VARといったあらゆる業態のパートナーを包含しなくてはならないことです。

開始時点で、グローバルでの認定クラウド&サービスプロバイダーにはGartnerの「Magic Quadrant for Cloud Infrastructure-as-a-Service, Worldwide*1」に記載された15のサービスプロバイダーの内13が含まれており、レッドハットのクラウドパートナーエコシステム全体として前年から58%の拡大になります。

*1:Gartner Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service, Worldwide –
http://www.gartner.com/technology/reprints.do?id=1-2G2O5FC&ct=150519&st=sb

 

認定クラウド&サービスププロバイダープログラムは、単にパートナーに対するサポートを拡大するだけでなく、これらのパートナーが利用できるソリューションの選択肢を以下の製品まで拡張します。

  • Red Hat Enterprise LinuxおよびRed Hat Enterprise Linux for SAP HANA
  • Red Hat OpenShift
  • Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform
  • Red Hat JBoss Middleware
  • Red Hat Gluster Storage

 

レッドハットの認定クラウド&サービスプロバイダーの指定は、同社による審査に従ってパートナーに与えられます。各プロバイダーは、顧客企業のクラウド構築のため、安全で拡張性が高く、充分なサポートによる一貫性のある環境を提供できることを証明するための検証、および認定要件を満たす必要があります。この世界中で統一されたプログラムにより、各ソリューションがレッドハット製品の専門家による審査を受けており、確実な基盤を元に実装を開始できるという安心感を、お客様、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、およびパートナーに提供します。

日本は大小様々なプロバイダーがひしめき合う環境でクラウド市場が形成されており、通信事業者、クラウド事業者のみならず、いわゆるシステムインテグレ―タやISPも多数存在し、大都市圏に限らず、各地方に根ざしたビジネスを展開し、お客様と共に歩んでいる企業も多数存在しており、レッドハットのクラウドビジネスはさらに多くの機会を期待できる状況にあります。

そこで、このような地方展開をさらに拡大するため、サイオステクノロジーとソフトバンク コマース&サービスの2社がCCSPディストリビューター(CCSP-D)に選定、CCSPプログラムの拡大によるクラウドエコシステムの提供に参画することになりました。

Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアを軸に、ソフトウェア製品の開発・販売・サポート、情報システムの受託開発、システム基盤構築、運用サポート等のサービスに幅広い実績を持つサイオステクノロジーと、日本最大級のICT製品販売網を持つソフトバンク コマース&サービス(販売パートナー全国10,000社、40,000拠点)の2社が、レッドハットのCCSP拡大に尽力することにより、レッドハットクラウドソリューションの全国展開、およびクラウドエコシステムの普及が進むことが予想されます。

 

サポートコメント

レッドハット株式会社 暫定社長、レッドハットアジアパシフィックPte Ltd シニアバイスプレジデント 兼 ジェネラルマネージャー アジアパシフィック ダーク-ピーター・ヴァン・ルーウェン

認定クラウド&サービスプロバイダープログラムは、レッドハットの主要チャネルの1つにとって重要な次の一歩です。レッドハットのパートナー各社はエンタープライズ対応のオープンソーステクノロジーを基盤とするビジネスの開発を望んでおり、このグローバルなプログラムは多様な参加パートナーがレッドハットとの業務を拡大し新たな経常収益を確立する機会を提供します。特に今回、サイオステクノロジー様とソフトバンク コマース&サービス様がCCSP-Dとなり、協業できることを大変嬉しく思います。引き続きレッドハットは、クラウドソリューションの全国展開、およびクラウドエコシステムの普及を促進して参ります。

 

サイオステクノロジー株式会社 常務執行役員 岩尾 昌則氏

サイオステクノロジーは、この度のレッドハットによる認定クラウド&サービスプロバイダープログラムのディストリビューションモデル提供開始を歓迎いたします。サイオスは、Red Hat Enterprise Linuxといった基盤製品のみならず、JBoss、Storage、Virtualization、OpenStackといった製品も取り揃え、オープンソーステクノロジーを基盤としたITシステムのご提案、製品検証、販売において高い実績があります。本プログラムの提供開始により、継続的なクラウド市場の拡大に期待するとともに、今後もオープンソースを活用した企業のITシステムの革新に貢献してまいります。

 

ソフトバンク コマース&サービス株式会社 上席執行役員 ICT事業本部長 高瀬 正一氏

ソフトバンク コマース&サービスは、この度のレッドハットによる認定クラウド&サービスプロバイダープログラムの開始を歓迎いたします。弊社は、さまざまな法人向けのクラウドソリューションやサービスを推進しており、同様の提供モデルの拡販にも実績がございます。レッドハット様におきましては、従来のRed Hat Enterprise Linuxといった基盤製品のみならず、JBoss、Storage、Virtualization、OpenStackなどの豊富なラインアップの展開により、今後のクラウド市場におきましても多大な実績を上げることを期待しています。弊社は、認定クラウド&サービスプロバイダーへの拡販および販売支援による市場の拡大に貢献してまいります。

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープン ソース ソリューションのプロバイダとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソース・コミュニティのグローバル・ネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向 けた革新的テクノロジー創出を支援しています。詳細につきましては、http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、業界統合による影響、買収先の統合および取得した技術や商品を市 場にうまく投入できるかに関するリスク、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピー はSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲 載 されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げ られます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の 変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する 記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更 新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のい かなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、JBossは米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。