プレスリリース

Red Hat、アジア太平洋地域にOpen Innovation Labsを開設

地域全体のイノベーションとデジタル変革を推進する取り組みを強化

東京

[シンガポール – 2017年9月25日(現地時間)発表] シンガポール共和国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、アジア太平洋地域初のRed Hat Open Innovation Labsをシンガポールに開設することを発表しました。Red Hat Open Innovation Labsは、シンガポールの新しい物理的なラボ、またはお客様の会社に一時的に設立したラボに、集中的な常駐形式の環境を作り、Red Hatのエキスパートと一緒に働くことで、短期間で迅速に、お客様が人、方法論、テクノロジーを集約、イノベーションを誘発し、ビジネス課題を解決するお手伝いをします。

Red Hat Open Innovation Labsを通して、ITチームはRed Hatのコンサルタント、エンジニア、対象分野の専門家と密接に連携し、既存のアプリケーションを最新化したり、オープンソースやDevOpsで新しいアプリケーションを作成したりします。標準的なRed Hat Open Innovation Labsの常駐期間は1~3か月で、テクノロジー、方法、スキルを備えたITプロフェッショナルを派遣し、ビジネス構想を加速します。同時に、実践的な教育を通して、チームはアジャイル開発の方法論、DevOpsの取り入れる方法を学び、多くのオープンソースコミュニティの根底にあるオープンの原理とオープンな文化を即座に直接経験することができます。

デジタル変革が業界を作り変えている中、業界全体のあらゆる規模の組織がイノベーションに対するアプローチや、テクノロジーによって効果的に競争力を付ける方法を再考しています。Red Hat Open Innovation Labsは、Red Hatのオープンソースに関する膨大な専門知識を自らのビジネスやITの課題の解決に適用してみたいというお客様の関心をもとに、2016年に開始しました。スピード、俊敏性、拡張性、およびセキュリティの向上を重視してアプリケーションを開発するための規範的な環境を提供します。

Red Hat Open Innovation Labsの取り組みの一環として、お客様はマイクロサービスを使用し、コンテナで展開し、DevOpsの方法論を活用することで、それらを、物理、クラウド、モバイルの各環境へ配備することができます。これにより、オンデマンドのスケールアップ/ダウンを迅速に行うことができます。物理的なRed Hat Open Innovation Labsは、今回開設されたシンガポールに加えて、ボストンとロンドンでも開設されています。

 

Open Innovation Labs常駐サービスの中核機能は次のとおりです。

  • レガシーに関わる問題またはまったく新しい課題解決:組織がレガシーアプリケーションを最新化し、モバイル、クラウド、マイクロサービスなどのアプリケーション、アーキテクチャ、機能を開発するまったく新しい課題解決ソリューションを設計・開発するための指導を受け、テクノロジーを学ぶことができます。
  • 初日から現実のビジネス問題に対処:Red Hatのプッシュボタンインフラストラクチャと自動開発環境を使用して、すばやく開発を開始し、短時間で価値を生み出し、測定可能な結果を出すことができます。
  • オープンソースの手法による働き方を学ぶ:アジャイルベースの方法論、オープンソースツール、アプリケーション開発のベストプラクティスを使用して、Red Hatのエキスパートおよびアップストリームプロジェクトのオープンソースコミュニティと協力できます。
  • どこでもイノベーション:セキュリティの高いクラウド環境により、正規チームメンバーはいつでもどこでも作業に参加できます。開発はお客様の施設でも、Open Innovation Labs施設でも、仮想空間でも可能です。

 

サポートコメント
Red Hat Asia Pacific シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Dirk-Peter (DP) van Leeuwen
「アジア太平洋地域全体でビジネスはイノベーションを続けており、多くの企業はデジタルテクノロジーを使用して企業価値を高め、カスタマーエクスペリエンスを向上させています。私達はイノベーションの迅速化に対するニーズを認識しており、この地域にRed Hat Open Innovation Labsが開設されることを非常にうれしく思っています。Red Hat Open Innovation Labsのビジョンは、常駐形式、仮想ラボ、または臨時ラボ設定で、Red HatのユニークなDNAとオープンソース的な働き方をお客様へ導入することです。これらの関わりを通して、オープンソースツールおよび方法論をビジネスに活用し、お客様がより大きな成果を達成できることを期待しています。」

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、為替レートの変動、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、当社製品とその他のデータのセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Shadowmanロゴは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。