言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

プレスリリース

スイス連邦鉄道がITモダナイゼーションを促進するため Red Hat OpenShift Container Platformを選択

新しいアプリケーションの市場投入までの時間を短縮し、鉄道ユーザーの体験向上とコスト削減を実現

東京

[ノースカロライナ州ラーレー – 2017年1月24日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、スイスの国有鉄道会社であるスイス連邦鉄道が、同社のITモダナイゼーションプログラムの基盤としてRed Hat OpenShift Container Platformを採用したことを発表しました。同社は、Red Hat OpenShift Container Platformによって、アプリケーション開発のための、拡張性の高いアジャイルなプラットフォームを構築し、毎年同社を利用する数百万の乗客に対するサービスを向上させるため、アップデートされたモバイルアプリケーションを含む新しいサービスを提供します。

1902年に設立された同社は、スイス最大の交通・運輸企業であるだけでなく、同国最大の雇用主のひとつでもあります。同社の業務は、旅客輸送、貨物輸送、インフラストラクチャ、および不動産の4部門に渡っています。2015年、1万500近い列車を有する鉄道網は、5000万トン以上の貨物と4億4000万人以上の乗客を794駅間で輸送しました。

同社は、現代的な列車やアメニティだけでなく、進化する顧客の期待に応えるその他のサービスやITシステムの提供も行っています。しかし、従来のITシステムでは各分野で生じている革新スピードへの対応に苦労しており、顧客のニーズに基づいた新しい提供物や迅速な変更を可能にしたいと考える同社の課題となっていました。同社は、デジタルサービスとモビリティの可能性、および自社の乗客のアプリケーションサービスに対する期待に応えるため、システムの安定性、速度、柔軟性、性能、コスト効率、および革新性に優れた、現代的でアジャイルなプラットフォームを使って、アプリケーション開発を向上させるためのプロジェクトに着手しました。

同社は、ITモダナイゼーションプログラムの実施に当たって、デジタル化によるチャンスを活かせる立場となることで、これらの分野で拡大している顧客の期待により良く応えるために役立つ、現代的で柔軟なITプラットフォームを展開したいと考えました。同社は、以前にエンタープライズグレードのオープンソースソリューションを使用した経験があり、オープンソースのコンテナベースのアーキテクチャで同社の要件を満たすことが可能だと判断しました。コンテナベースのアーキテクチャでは、アプリケーションが必要なOSコンポーネントとの組み合わせがコンテナ内にパッケージ化されるため、従来のモノリシックなインフラストラクチャより、高い柔軟性を提供します。これによって、アーキテクチャ間での柔軟性と可搬性が増大するとともに、ビジネスの需要拡大に応じた拡張性の向上が可能になります。提供される利点を理解した上で、同社は現代的なITプラットフォームの基盤として、Red Hat OpenShift Container Platformを選択しました。

Red Hat OpenShift Container Platformは、DockerやKubernetes、コンテナOSのアップストリームプロジェクトである Project Atomicから構成され、ハイブリッドクラウドに対応したプラットフォームソリューションを提供します。このプラットフォームは、信頼性の高い世界有数のエンタープライズLinuxプラットフォームであるRed Hat Enterprise Linux を含んでいます。現行のIT投資を犠牲にすることなく、より安全で安定したプラットフォームを提供し、ミッションクリティカルな従来のアプリケーションと新たなクラウドネイティブおよびコンテナベースのアプリケーションとの共存を可能とします。

2015年の秋にRed Hat OpenShift Container Platformを選択した後、同社は2016年1月に15のプロジェクトを含むパイロットシステムをスタートさせました。パイロットシステムの運用が始まると、Red Hat OpenShift Container Platformは開発者やプロジェクトマネージャーの間で好評を呼び、短期間のうちにパイロットシステムの対象範囲が3倍以上に拡大しました。現在同社では300人のユーザーがRed Hat OpenShift Container Platformを使用しており、900以上のコンテナが稼働し、毎日約400のデプロイメントが行われています。同社のモバイルアプリケーションは2008年の提供開始以来750万回以上ダウンロードされ、2016年に提供開始された最新バージョンは300万人以上のユーザーに常用されています。このアプリケーションはRed Hat OpenShift Container Platform上に構築されており、乗車券の購入と時刻表へのアクセス、発着時刻に関するリアルタイム情報の受信、および同社のトラベルコンパニオンからのプッシュ通知とリマインダーの受信が可能です。

同社にとって、この新しいソリューションの主な利点は、安定性と耐障害性です。新しいコンテナベースのプラットフォームは、新たなデジタルサービスを構築するために必要としていた現代的な開発環境を実現させただけでなく、開発者の作業方法にも明確な利益をもたらしました。開発者や運用チームは、それぞれ個別に作業を行うことが可能になり、アプリケーション開発においてより高い俊敏性とスピードを実現するために役立っています。Red Hat OpenShift Container Platformによって、システム全体の安定性や機能を損なうことなく、稼働中のシステムの個々の要素に変更を加えることが可能になりました。

 

サポートコメント

Schweizerische Bundesbahnen SBB ソフトウェアアーキテクト Baltisar Oswald氏

「鉄道分野全体で起きている急速な革新のスピードペースに、従来のIT構造ではもはや対処できないことが分かったためので、稼働中のシステムを混乱させることなく迅速な開発の選択肢を提供してくれる、柔軟で拡張性の高いスケーラブルなプラットフォームが必要でした。Red Hat OpenShift Container Platformは、当社のインフラストラクチャ全体に渡る運用の安定性と効率の向上に加えて、コンテナベースのアーキテクチャによって当社が必要としていた革新の可能性を提供してくれました。Red Hat OpenShift Container Platformの配備デプロイメントによって、運用コストを約50%削減できました。」

 

Red Hat OpenShift担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Ashesh Badani

「スイス連邦鉄道SBBでの業務は、現代の要件に対応できなくなった旧式ITプラットフォームを代替する場合のRed Hat OpenShift Container Platformの高い性能を証明する印象深い例になりました。オープンソーステクノロジーそのものが驚異的な革新のスピードペースを特徴とするため、Red Hat OpenShift Container Platformを配備デプロイすることで、ユーザーは自分たちのソリューションが現在だけでなく遠い将来のニーズまで満たしてくれるという自信を深めることができます。スイス連邦鉄道SBBとともに、新しいアプリケーションエコノミーを切り拓いていくことを楽しみにしています。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、為替レートの変動、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、OpenShiftは、米国とその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国とその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。