プレスリリース

Red Hat、次世代の意思決定管理製品を発表

Red Hat Decision Manager 7はビジネス上の意思決定の自動化を実現。タスクの運用効率を高め、より確実な成果を実現可能に

東京

[ノースカロライナ州ローリー – 2018年2月21日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は、本日Red Hat Decision Manager 7を発表しました。この意思決定管理プラットフォームによって、ルールベースのアプリケーションとサービスを容易に開発、デプロイすることができます。Red Hat Decision Manager 7は、ビジネスルール管理製品であるRed Hat JBoss BRMSの次世代製品であり、ビジネス上の意思決定を自動化するアプリケーションを企業が迅速に構築できるように設計されています。

ビジネスプロセスは企業が効率化を図り、ワークロードを低減する上で重要な役割を果たします。また、すべてのビジネスプロセスの中心となるのがビジネスルールです。これらのプロセスを自動化することで、特に複雑な、あるいは反復的なタスクの運用効率を高め、より的確な成果が望めるようになるため、企業は市況やビジネスニーズの変化へより適切に対応することが可能になります。

Red Hat Decision Managerなどのローコード開発ツールによって、ビジネスユーザーはアプリケーション開発により積極的に参加することが可能となり、ビジネスステークホルダーとITステークホルダーのコラボレーションを強化することでアプリケーション開発プロセスを効率化することができます。業界専門調査会社であるIDCによると、2021年までにビジネスアプリケーションの20%を、新規アプリケーション機能の30%を非従来型の開発者が構築すると予想されています。[1]

Red Hat Decision Manager 7は、より優れたユーザーエクスペリエンスと堅牢なツールセットを提供します。このツールセットは、ビジネスユーザーやシチズンデベロッパーがビジネスロジックを直接修正できるように特別に設計されているため、IT部門はリソースの優先度を他のタスクへ振り分けることができます。その主な機能として、Decision Model and Notation (DMN)で表されるモデルの直接実行支援、再設計された意思決定表と新たな意思決定表エディタ、データモデラーの改善が挙げられます。

伝統的なアプリケーションとクラウドネイティブの両方に対応しており、顧客のデータセンター内にオンプレミスとして、もしくは、Red Hat OpenShift Container Platform上でコンテナ化されたサービスとして利用できます。Red Hat OpenShiftは、テストの自動化や継続的インテグレーションおよびデリバリー(CI/CD)などのDevOps機能を提供し、また強固なセキュリティ、拡張性および相互運用性を実現します。このため、プロセス駆動型アプリケーションに対するビジネス価値を高め、デジタル革新を加速します。

提供開始時期

Red Hat Developersコミュニティのメンバーは、Red Hat Decision Managerをダウンロードすることができます。Red Hatカスタマーポータルで最新のリリースを入手可能です。

[1] 出典: IDC FutureScape: Worldwide IT Industry 2018 Predictions 2017年10月(US43171317)

 

サポートコメント

Red Hat ミドルウェア担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Mike Piech

「ローコード開発の概念は、アプリケーション開発プロセスからコードを排除し、従来のプログラマーを削減するといったことよりも、ビジネスやITユーザーが実行する必要のある作業を、迅速かつ効率的に補完的に支援することを意味します。最終的に、Red Hat Decision Managerで構築したローコードツールは、ビジネスアナリストやハードコアデベロッパーのいずれか一方だけを対象としたプラットフォームではなく、いずれに対してもより優れたユーザーエクスペリエンスを提供できるように設計され、強固にインテグレーションされた豊富な機能セットです。」

 

Northwell Health 臨床情報システムおよび エンタープライズ情報アーキテクト兼ディレクター Vipul Kashyap氏

「Red Hat Decision Managerは、Northwellのデジタルビジネス戦略において重要な役割を果たしており、中核的な医療アプリケーションの開発を促進します。開発例として、ケアマネージメントプログラムに登録する患者を特定するために設定かつ再利用可能な機能を迅速に開発することができ、また患者を臨床リスク別に分類し、最適な治療の選択肢を特定するための「臨床意思決定支援」機能の開発が挙げられます。Decision Model and Notation(DMN)のサポートなど近年の進歩によって、臨床情報専門家やビジネスアナリストはITを介さずに複雑な意思決定支援ルールやモデルを管理および更新できるため、より的確な結果を導き出し、当社の臨床情報システムにおける意思決定支援を迅速に実現します。」

 

IDC インテグレーションおよびプロセスオートメーション担当プログラムバイスプレジデント Maureen Fleming氏

「Decision Managerは、特に機械学習と組み合わされ、よりシンプルかつダイナミックになるように設計されたプロセスに組み込まれ、現代の開発環境において中心的な役割を果たしています。この段階では、意思決定ロジックはビジネス機能において専門家の領域と見なされがちです。ローコードに基づいて生産性の高い開発を行うことで、価値をより迅速に提供し、また変更スピードを向上させることができ、ビジネスと開発者がコラボレーションするための仕組みを提供します。また、Decision Managerのランタイムをコンテナに組み込み、より柔軟にクラウドとエッジロケーションにデプロイできるということは重要なポイントであり、他の製品と比べて優位な点です。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする レッドハットは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。レッドハットは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、為替レートの変動、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、当社製品とその他のデータのセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、JBossおよびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。