検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト

プレスリリース

シーメンス、IBM、Red Hat、産業用IoTデータのリアルタイムの価値を高めるためハイブリッドクラウドのイニシアチブを始動

世界中の製造メーカーによって使用されているシーメンスのMindSphereプラットフォームにRed Hat OpenShiftを採用

東京

[ニューヨーク州アーモンク・ノースカロライナ州ローリー – 2021年2月24日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

当社のシーメンスとのコラボレーションによって、業界をリードするKubernetesプラットフォームとオープンなハイブリッド・アプローチを採用することで、製造業における業務を合理化することができています。MindSphereの基礎となるプラットフォームとしてRed Hat OpenShiftを使用することで、当社はMindSphereをオンサイトまたはクラウドで展開および運用するための1つの統一された方法を製造メーカーに提供して、複雑さを低減しています。

Red Hat インダストリーズ & グローバル・アカウント シニアバイスプレジデント ダレル・ジョーダン - スミス

シーメンス、IBM、Red Hatは本日、ハイブリッドクラウドを使用する新たなコラボレーションを発表しました。このクラウドは、製造メーカーとプラント・オペレーターがオペレーショナル・データからリアルタイムの価値を生み出すことを可能にする、オープンで、柔軟で、よりセキュアなソリューションを提供するよう設計されています。IBMのレポートによると、1カ月間に1カ所の製造拠点で2,200テラバイトを超えるデータを生成できますが、ほとんどのデータは分析されないままです。

共同のイニシアチブを通して、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアはRed Hat OpenShift上に構築されたIBMのオープン・ハイブリッドクラウドのアプローチを応用し、シーメンスのサービスとしてのインダストリアルIoTソリューションであるMindSphere®のデプロイメントの柔軟性を拡張します。これにより、お客様はオンプレミスでMindSphereを実行して、ファクトリーやプラントのオペレーションにおけるスピードと俊敏性を最大限に高めるとともに、クラウドを介してシームレスな製品サポート、アップデート、およびエンタープライズへの接続を実現できるようになります。

「今日の製造メーカーはより短い生産サイクルで、より高品質の製品を求める期待を満たすために、俊敏性と柔軟性を必要としています」とシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのクラウド・アプリケーション・ソリューション担当シニア・バイス・プレジデントであるレイモンド・コック(Raymond Kok)は語ります。「MindSphereはすでにお客様にデータ駆動型の洞察を提供して、産業用IoTを介してオペレーションを強化しています。IBMおよびRed Hatとのコラボレーションを通じて、これからはお客様にMindSphereをオンプレミスで実行するか、クラウドで実行するかを選択できる柔軟性を提供して、個々の異なる運用ニーズを最適な方法で満たすと共に、今日の市場においてより効率的で、俊敏で、即応的になれるよう支援できます。」

「現状では、ほとんどの産業用データは、製造業務、サプライチェーン、またはコネクテッド製品など、ITの外部で生成されています。デジタル技術を活用するには、製造メーカーはデータをエンタープライズ・クラウドに送信するか、または技術をレベルダウンする必要があります」とIBMのエネルギー、リソース、および製造担当ゼネラル・マネージャーであるマニシュ・チャウラ(Manish Chawla)は述べています。「当社のシーメンスとのコラボレーションではハイブリッドクラウドを使用しており、両方の世界の「いいとこどり」を製造メーカーに提供するよう設計されています。つまり、自律性、スピード、およびエッジで処理される作業現場のデータの制御と、エンタープライズへのシームレスな接続です。」

「当社のシーメンスとのコラボレーションによって、業界をリードするKubernetesプラットフォームとオープンなハイブリッド・アプローチを採用することで、製造業における業務を合理化することができています」とRed Hatのインダストリーズ & グローバル・アカウントのシニアバイスプレジデントであるダレル・ジョーダン - スミス(Darrell Jordan-Smith)は言います。「MindSphereの基礎となるプラットフォームとしてRed Hat OpenShiftを使用することで、当社はMindSphereをオンサイトまたはクラウドで展開および運用するための1つの統一された方法を製造メーカーに提供して、複雑さを低減しています。」

機能を運用可能にし、ITリスクを削減する上で、IBMグローバル・ビジネス・サービス事業およびグローバル・テクノロジー・サービス事業のコンサルタントは、シーメンスのMindSphereのお客様に対してマネージド・サービスおよびIoTソリューションのプロバイダーとして機能します。

MindSphereは、製品、プラント、システム、およびマシンからのリアルタイムのセンサー・データを収集および分析するために組織によって使用されます。これによってユーザーは、バリュー・チェーン全体に沿って、製品、製品アセット、および製造プロセスを最適化し、リアルタイムのデジタル・ツインを構築できます。望ましいオンプレミス・アーキテクチャーとして、業界をリードするエンタープライズKubernetesプラットフォームであるRed Hat OpenShiftを導入することで、お客様は、MindSphereソリューションを、プライベートクラウドでローカルに実行することも、将来のアプリケーションでハイブリッドのマルチクラウド・モデルを介して実行することもできます。さらに、エンタープライズ・インサイトへのフィールドも実現できます。 この製品を通じて、シーメンスとIBMは、お客様がご自身のデータを物理的に完全制御し、規制要件とデータ・プライバシーに適切に対処することを可能にしています。

本日の発表は、IBMとシーメンスとの長年の関係に基づいており、これには最近のIBM Maximoとのジョイント・ソリューションの導入が含まれています。このソリューションでは、エンジニアリング、運用、および保守のデータを1つのプラットフォームにまとめることで、工業製品や機械の運用ライフサイクルを拡張しています。

シーメンスとのコラボレーションは、製造、エネルギー、スマートシティ、通信、金融サービスなど、重要な業界にわたるハイブリッドクラウドやオープン・アーキテクチャーの採用促進に投資するIBMのエコシステム・プログラムの一部です。シーメンスは、IBMのエコシステムへの10億ドル投資の一貫として設立されたIBMのCloud Engagement Fundを活用して、技術リソースとクラウド・クレジットにアクセスし、お客様のワークロードのハイブリッドクラウド環境への移行をサポートしています。

企業がこのパンデミックの影響をうまく通過していく中で、イノベーションを促進するための市場投入までのスピード、柔軟性、敏捷性に対する急激なニーズが生じたことにより、これらの取り組みは重要性を増しています。

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-4590-7472

Red Hat について

エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、Red Hatはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザリーとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、デジタルの未来に備えるための準備を支援します。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、そうした将来の見通しに関する声明で示されたものと実質的に異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社またはその親会社であるInternational Business Machines Corporation (NYSE:IBM)は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat logo、およびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。