お問い合わせ
アカウント ログイン

環境とサステナビリティ

環境問題への取り組み

Jump to section

Red Hat は、全社的なビジネス慣行にサステナビリティを組み込むことで、環境への影響を低減するよう努めています。

2021 年のイニシアチブには、エネルギー効率プログラムを強化すること、消費量の多い施設の運用を完全にカバーできるよう再生可能エネルギー契約を拡大すること、各地の事業所すべてに持続可能な設計基準を導入して消費量を削減することが含まれます。


排出量の削減

Red Hat は、Red Hat のグローバルな絶対排出量ポートフォリオと Green House Gas (GHG) Protocol の事業者基準および Global Reporting Initiative (GRI) 手法との整合性を開示しています。Red Hat の排出量計算では、2019 年を基準年とし、2020 年と 2021 年の排出量も開示しています。

コミュニティ・ガーデンで野菜を育てる Red Hat のボランティア。

Icon-Red_Hat-Buildings-City-A-Black-RGB

17%

温室効果ガス総排出量の削減

Icon-Red_Hat-Electrical_plug-A-Black-RGB

15%

総エネルギー使用量の削減

Icon-Red_Hat-Diagrams-Community_People-A-Black-RGB

34%

正社員 1 人あたりのエネルギー原単位の削減

オープンソース・ストーリーのロゴ

農業の未来を変える

米国のウェスト・ボルチモア地区では、高校生たちがオープンソースの「フードコンピュータ」を搭載したスマート育成ボックスを使用して、健康的な食品の選択肢を増やしています。その過程で、コミュニティに対し、自分たちが育てたものや学んだことを共有し、健康な食生活について伝えています。

全編を見る

Red Hat はより良い世界の構築に取り組んでいます

詳しくはこちら CY2021 のレポートをダウンロード