組織がハイブリッドクラウドやマルチクラウドへの移行を進める中で、クラウドでの成長に適した強固で柔軟な基盤を確立するために、クラウド対応のソフトウェア・プラットフォームへの投資が最優先事項になっています1。しかし、多くの組織は、既存の予算を最大限に活用しながらビジネスを拡張し、結果を出し続けなければならないという、経済的なプレッシャーにも直面しています。 

Red Hat と Google Cloud は 11 年以上にわたって連携し、お客様がクラウドに移行するための道筋を提供してきました。この関係の中核を担うのが Red Hat Enterprise Linux (RHEL) です。これは世界をリードするエンタープライズ Linux プラットフォームであり、データセンターから Google Cloud、さらにエッジまで IT 環境全体で運用を単純化し、最適化するための、クラウド対応のハードニングされたオペレーティングシステム基盤を提供します。

今週 Google Cloud Next にて、Red Hat は Google Cloud テクノロジー・パートナー・オブザイヤー (インフラストラクチャ - コンピューティング) を受賞しました。この賞の受賞と両社のコラボレーションを記念して、Red Hat と Google Cloud がお客様のハイブリッドクラウド戦略の導入をどのように容易にしているかをご紹介します。 

Google Cloud で RHEL を使用してエンタープライズ・ワークロードを拡張

RHEL はソフトウェア、ハードウェア、クラウドプロバイダーの各種認定パートナーの堅牢なエコシステムと連携して、ワークロード機能をさらに拡張します。認定パートナーエコシステムがサポートする Red Hat プラットフォームと Google Cloud を組み合わせることで、お客様は現在と将来にわたってビジネスを支援するクラウド対応インフラストラクチャをよりシームレスに構築できます。

たとえば、Red Hat Enterprise Linux を使用する SAP 認定の Google Cloud インスタンスと事前定義されたテンプレートにより、組織は SAP アプリケーションとデータベースの基盤となるインフラストラクチャをより簡単にデプロイできます。さらに、BigQuery などの Google Cloud サービスとネイティブに統合されているため、いつでも新しいクラウドベースの機能を追加できます。

Red Hat と SAP の長期にわたる強固でコラボレーティブな技術提携の下で提供される Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions は、組織が SAP 機能を実行し、単純化し、拡張して、よりインテリジェントなエンタープライズになるための助けとなります。実際、Red Hat が委託した IDC レポートでは、SAP ワークロードに Red Hat ソリューションを使用する組織は、予定外のダウンタイムが 99% 削減され、IT インフラストラクチャ・チームの効率が 61%、IT セキュリティチームの効率が 24% 向上していると報告されています2。Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutions を Google Cloud インフラストラクチャで実行し BigQuery を使用することで、クエリの完了にかかる時間を 63% 短縮し、分析レポートの提供を 77% 高速化することができます3

また、CentOS Linux 7 が 2024 年 6 月にサポート終了を迎えるにあたり、Red Hat と Google Cloud は共に、影響を受けるお客様の IT とサービスの中断を低減できるよう支援することに取り組んでいます。Red Hat は、CentOS Linux デプロイメントを RHEL に移行するための単純化されたわかりやすい移行パスを提供できるよう、Google Cloud と連携しています。今後数カ月以内に詳細をお届けする予定です。

Linux から始めてハイブリッドクラウドで終わる

Red Hat と Google の提携は RHEL をバックボーンとして構築されていますが、両社のコラボレーションは Linux だけにとどまりません。Red Hat OpenShift は業界をリードする Kubernetes ベースのハイブリッド・アプリケーション・プラットフォームで、Google Cloud で Google Cloud Marketplace から BYOS (Bring-your-own-subscription:サブスクリプションの持ち込み使用) または従量課金制で利用できます。Google Cloud でのアプリケーション・プラットフォームの選択肢をさらに拡張するのが Red Hat OpenShift Dedicated です。これは、アプリケーションの速度を向上させながら運用の複雑性を軽減するのに役立つ、当社のマネージドサービス・オファリングです。OpenShift Dedicated は Google Cloud で利用可能で完全にサポートされているため、お客様はインフラストラクチャの管理を行うことなく、Red Hat OpenShift のすべてのメリットと Google Cloud のサービスおよびスケールを利用できます。OpenShift Dedicated は現在 BYOS で利用可能であり、今年の後半には Google Cloud Marketplace から従量課金制で利用可能になる予定です。 

Google Cloud を利用したハイブリッドクラウドへの移行を開始するために役立つよう、Red Hat Ansible Automation Platform は、既存の運用やワークロードをクラウドに移行するためにカスタマイズされたさまざまなツールと Ansible Playbook を提供します。Ansible Automation Platform は初期移行だけでなく、Day 1 および Day 2 の運用機能も提供し、ハイブリッドクラウドと Google Cloud への初期移行からさらに先へと価値と制御を拡張します。

Google Cloud 上で RHEL、OpenShift、Ansible を統合することで、Red Hat のオープンテクノロジーを活用したハイブリッドクラウド・コンピューティングを強力なパブリッククラウド上で、運用に適したペースで導入できる柔軟が得られます。Google Cloud と Red Hat を使用すると、RHEL で IT 変革を開始し、ハイブリッドクラウド・ネイティブ企業になることを計画できます。

強固なハイブリッドクラウド基盤の構築を支援するために、 Google Cloud 確約利用割引 (CUD) を使用することで、オンデマンド価格設定の場合と比較して最大 24% の割引が適用される Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを利用できるようになりました。これにより、お客様が Google Cloud で Red Hat のオープンソース・ポートフォリオの価値を最大限に引き出し、クラウド移行までの道のりを明確にし、より手頃な価格でクラウドに移行することが容易になりました。 

今すぐ始める

Google Cloud Next の Red Hat ブース (#1507) にご来場ください。以下のリソースを確認し、Google Cloud で Red Hat Enterprise Linux を今すぐ使い始めましょう。

Red Hat はテクノロジー・パートナー・オブザイヤー (インフラストラクチャ - コンピューティング) を受賞したことを誇りに思っており、Google Cloud との連携を通じて Google Cloud 上の Red Hat ソリューションでお客様のエンパワーメントを支援できることを嬉しく思います。世界中のお客様のために、より信頼性が高く、セキュリティが最適化されたクラウド体験を提供するための道筋を構築し続けてくれた Red Hat と Google のチームに感謝します。

「Google Cloud のパートナーアワードは、当社のパートナーが過去 1 年間にわたって主導した多大な影響力とお客様の成功を表彰するものです」と、Google Cloud グローバルエコシステムおよびチャネル担当コーポレートバイスプレジデントの Kevin Ichhpulani 氏は語ります。「Red Hat が 2023 年の Google Cloud パートナーアワードを受賞したことを嬉しく思います。両社のお客様をサポートする強力なパートナーシップを継続していくことを楽しみにしています」

1IDC InfoBrief (Red Hat 後援)、「エンタープライズ Linux がハイブリッドクラウドで存在感を高めている理由」 、Doc #US50679023、2023 年 6 月。
2IDC Business Value White Paper (Red Hat 後援)、「レッドハットの SAP 向けオープンソースソリューションのビジネス価値」、Doc #US48065121、2021 年 8 月。
3IDC Business Value Snapshot (Google Cloud 後援)、 「The Value of BigQuery from Google Cloud for SAP Customers」(SAP ユーザーにとっての、Google Cloud の BigQuery の価値)、Doc #US48076721、2021 年 7 月。

執筆者紹介

Blake currently leads the global cloud partner organization for Red Hat, with a mission to continue to drive Red Hat’s ambitious hybrid cloud strategy. Blake most recently served as Chief of Staff for the President and CEO of Red Hat. Prior to that, Blake led sales strategy and planning for the global Sales and Customer Success organization, assisting with the design and operationalization of Red Hat's global go-to-market transformation. 

Read full bio