検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト
Case study

日産の車両生産計画の最適化を支える、Red Hat Decision Manager (旧JBoss BRMS)

説明

日産自動車は2014年4月、ブラジルのリオデジャネイロ州レゼンデに年間の生産車両台数20万台、エンジン20万基の生産能力を持つ新工場を開設した。2016年までにブラジルでの市場シェア5%を目指すもので、2011年にスタートした5ヵ年の中期経営計画「NISSAN POWER 88」で掲げたグローバルでの市場占有率8%達成を実現するための取り組みの一環となるものだ。同社では新工場の開設にあたり、これまで国内で利用してきたシステムに替えて新たなビジネスルールエンジンの導入を決定、そこで採用されたのがレッドハットのRed Hat Decision Manager (旧JBoss BRMS) だ。

最終更新日:2019年 6月 6日