お問い合わせ

Red Hat OpenShift Container Platform

製品概要

Red Hat® OpenShift® Container Platform は、コンテナと Kubernetes を基盤とする、業界をリードするハイブリッドクラウド・プラットフォームです。OpenShift Container Platform を使用すると、オンプレミス、パブリッククラウド、エッジなどのいずれの環境でもアプリケーションのハイブリッドミックスの開発、提供、ライフサイクル管理を単純化し、加速することができます。既存のアプリケーションのモダナイズ、新しいクラウドネイティブ・アプリケーションの開発、 データ駆動型の知見の取得に向けたデータ分析と人工知能 (AI) および機械学習 (ML) 機能の統合、独立系ソフトウェアベンダー (ISV) やクラウドプロバイダーが提供するソフトウェアの統合などにおいて、OpenShift Container Platform は、規模を問わず、継続的なイノベーションとスピードを提供するように設計されており、組織は現在の状況に対応しながら将来にも備えることができます。 

OpenShift Container Platform

OpenShift Container Platform は自己管理型であり、Red Hat Enterprise Linux® オペレーティングシステムと、OTA アップデート、コンテナランタイム、ネットワーキング、Ingress、監視、ロギング、コンテナレジストリ、認証および認可ソリューションが含まれています。これらのコンポーネントは連携を想定してテストされており、Kubernetes プラットフォームに必要な機能を網羅することで、あらゆるクラウドをつなげて一元的に運用するための助けとなります。

Red Hat OpenShift ポートフォリオ:コンテナ・ソリューション

Red Hat OpenShift は、アプリケーションの革新において、さまざまな業界や世界のさまざまな組織から信頼されている、業界をリードするエンタープライズ向け Kubernetes プラットフォームです。  

  • Red Hat OpenShift Kubernetes Engine (旧称 Red Hat OpenShift Container Engine) は、Red Hat Enterprise Linux CoreOS 上でエンタープライズ向け Kubernetes の基盤となるセキュリティを重視した機能を提供し、ハイブリッドクラウド環境でのコンテナの実行を可能にします。 
  • Red Hat OpenShift Container Platform では、Serverless、Service Mesh、Pipelines などの運用および開発チーム向けの充実したサービスやツールを提供しています。OpenShift Container Platform を活用すれば、組織はハイブリッドクラウド戦略を採用し、クラウドネイティブなアプリケーションの構築を開始することが可能です。この実績あるプラットフォームには、開発者がアプリケーションを迅速かつ俊敏にコーディングできるようにし、IT 運用チームには柔軟性と効率性をもたらす、一連のサービスが含まれています。 
  • Red Hat OpenShift Platform Plus は、OpenShift Container Platform の機能をベースとし、高度なマルチクラスタ・セキュリティ機能、DAY-2 管理機能、統合データ管理機能およびグローバル・コンテナレジストリを備えています。OpenShift Platform Plus を使用することで、組織は複数のオープン・ハイブリッドクラウド環境やアプリケーションライフサイクルにおいて、より一貫性のある方法でアプリケーションを保護し、管理することができます。

イメージコンテナ

図 1. OpenShift Container Platform の機能と補完的な Red Hat 製品

 * Red Hat OpenShift には、一般的な言語、フレームワーク、データベースでサポートされるランタイムが含まれています。その他の機能は、Red Hat Application Services および Red Hat Data Services ポートフォリオに含まれています。

高度な機能 

OpenShift Container Platform は複数の高度な機能をサポートしています。

  • Day 1 および Day 2 オペレーションの自動化
    • Operator:アプリケーションのインストール、アップグレード、ライフサイクル管理を自動化し、アプリケーションが正しく動作できるようにし、望ましい設定に従って必要な変更を行います。  
    • Helm:Kubernetes ネイティブのパッケージマネージャーを提供し、開発者はこれを使って自らのアプリケーションをパッケージでき、アプリケーションのパッケージ、デプロイ、および設定方法を定義できます。また、Day 1 のタスクと一部の Day 2 オペレーションも自動化できます。 
  • Red Hat OpenShift Service Mesh:サービス間の管理とセキュリティがより困難になる中で、統一された方法でアプリケーションを管理、接続、監視することを可能にします。 
  • Red Hat OpenShift Serverless:アプリケーションがコンピュートリソースを使用し、一部のイベントソースからの要求に応じて、使用状況に基づいたスケールアップやスケールダウンを自動的に行えるようにします。 
  • Red Hat OpenShift Pipelines:Tekton で Kubernetes ネイティブの継続的インテグレーションおよび継続的開発 (CI/CD) ソリューションを提供し、OpenShift コンソールを通じて最適化されたユーザーエクスペリエンスを提供します。 
  • Red Hat OpenShift GitOps:オープンソースの Argo CD プロジェクトをベースに構築されており、IT チームはクラスタ設定とアプリケーション提供のための GitOps ワークフローを実装し、より高速かつ安全で、スケーラブルなソフトウェア開発を可能にします。
  • Red Hat OpenShift Virtualization:仮想マシンを OpenShift に導入して既存のアプリケーションをモダナイズしたり、Kubernetes ネイティブのアーキテクチャで、コンテナと共にサーバーレスで実行したりすることができます。
  • エッジコンピューティング:3 ノードクラスタ、リモートワーカーノード、およびシングルノードが含まれており、小規模フットプリントで完全な Kubernetes 機能を提供します。 
  • Red Hat OpenShift は、多様なワークロードをサポートし、ハイブリッドクラウド環境全体でインテリジェント・アプリケーションのデプロイを加速する共通プラットフォームにより、アプリケーション間に一貫性をもたらします。 
    サポートされているワークロードは次のとおりです。 
    • データベース
    • データ分析 
    • AI および ML のソフトウェア、プログラミング言語、フレームワーク
    • ロギングおよび監視
    • Web サーバーおよびアプリケーションサーバー
    • メッセージ・ブローカー・サービス 

Red Hat OpenShift の詳細は openshift.com/try をご覧ください。

特長とメリット

特長メリット
スケーラビリティOpenShift Container Platform で実行されるアプリケーションは、数百のノードにわたる数千のインスタンスに数秒でスケーリングできます。
マルチクラスタ管理クラスタの連結ビューと Kubernetes テクノロジーにより、サイトとパブリッククラウドの両方で一貫した管理レイヤーが提供されます。
永続ストレージOpenShift Container Platform は、Red Hat OpenShift Data Foundation や当社のエコシステム (DellEMC、Portworx、NetApp など) を含め、ステートフル・アプリケーションとステートレス・アプリケーションの両方を実行するための広範なエンタープライズ・ストレージ・ソリューションをサポートします。
オープンソース標準OpenShift Container Platform には、各種オープンソース・テクノロジーに加えて、Open Containers Initiative (OCI) や Docker フォーマットのコンテナ、コンテナ・オーケストレーション用の Cloud Native Computing Foundation (CNCF) 認定の Kubernetes などが組み込まれています。 
コンテナの可搬性業界標準の OCI をベースとするコンテナイメージにより、開発者の作業環境と OpenShift Container Platform の本番環境間での可搬性が確保されます。
3 ノードクラスタスーパーバイザーノードとワーカーノードの両方で構成されるエッジ・アーキテクチャ向けの、可用性のある小規模フットプリントの Kubernetes プラットフォームのすべての機能にアクセスできます。
リモートワーカーノードコアデータセンターや地域のデータセンターのような大規模サイトで集約されたスーパーバイザーノードが管理できるリモートの場所に、シングルワーカーノードを配置します。これは、環境のスペースに制約があり、電力や冷却機能が限られているリモートエッジではとくに重要になります。
シングルノードコントロール機能とワーカー機能を組み合わせて、小規模の物理環境で低帯域幅のサイトや接続されていないサイトなどのエッジのユースケースに対応します。
インストールとアップグレードの自動化インストールと無線プラットフォームのアップグレードの自動化は、Amazon Web Services、Google Cloud Platform、IBM Cloud、Microsoft Azure のクラウド、および vSphere、Red Hat OpenStack® Platform、Red Hat Virtualization またはベアメタルを使用するオンプレミスでサポートされます。OperatorHub から使用されるサービスは、完全に構成された状態でデプロイでき、一度の操作でアップグレード可能です。
自動化コンテナおよびアプリケーションのビルド、デプロイ、スケーリング、正常性管理などの効率化および自動化を標準で利用できます。
強力なエコシステム広がり続けるパートナー・エコシステムが、統合機能を幅広く提供します。サードパーティは、付加的なストレージおよびネットワークプロバイダー、統合開発環境 (IDE)、CI、統合、ISV ソリューションなどを提供します。
セルフサービス・プロビジョニング運用担当者が環境全体を適切に管理/制御できるので、開発者は慣れ親しんだツールを使用して、オンデマンドですばやく簡単にアプリケーションを作成できます。
多言語サポート開発者は、同じプラットフォームでさまざまな言語、フレームワークおよびデータベースを使用できます。
統合された CI/CD パイプラインCI および自動化されたテスト用の高品質のソフトウェアをデプロイする際の、開発者の手作業が減少します。
ユーザー・インタフェース開発者は、充実したコマンドラインツールやマルチデバイス対応の Web コンソール、および Eclipse ベースの IDE に直接アクセスできます。
S2I (Source-to-Image) デプロイOpenShift Container Platform は、ソースコードをコンテナに挿入し、コンテナにソースコードを実行可能な状態にして、実行可能なイメージを生成するためのツールキットとワークフローを提供します。