DO417

Microsoft Windows Automation with Red Hat Ansible

概要

コースの説明

Windows Server での管理を自動化して DevOps ワークフローに組み込めるようにする方法を習得

Microsoft Windows Automation with Red Hat Ansible (DO417) は、Ansible® の経験がない Windows Server の担当者向けです。Ansible を使用して Microsoft Windows システム用の自動化 Playbook を作成し、一般的なシステム管理タスクを大規模に、再現可能な方法で実行します。また、Red Hat® Ansible Tower を使用して、中央の Web ベースのユーザー・インタフェースから Ansible Playbook を安全に管理および実行する方法を学びます。

このコースは、Red Hat Ansible Engine 2.8、Red Hat® Ansible Tower 3.5、Windows Server 2016 および 2019 に基づいています。

コースの修了後、仮想環境を含むすべてのコースについて、ハンズオンラボへの 45 日間の延長アクセス権が付与されます。

注:このコースの所要時間は 5 日間です。期間は受講方式によって異なる場合があります。コースの詳細、スケジュール、価格については、右側のメニューで「場所」から地域を選択し、[詳細はこちら] をクリックしてください。

学習内容サマリー

  • Microsoft Windows システムを Ansible で管理するように設定する
  • マネージドホストのインベントリーを作成して管理し、それらを管理するための資格情報を Red Hat Ansible Tower に提供する
  • Ansible Playbook を作成して複数のタスクを一貫した方法で自動化し、管理対象ホストに適用する
  • Red Hat Ansible Tower から単発のアドホックな自動化タスクや複雑な Playbook を実行する
  • Red Hat Ansible Tower でアンケートフォームを作成して、Playbook の操作を単純化する
  • 変数とファクトを使用して Playbook をパラメーター化する
  • 既存の Ansible ロールを作成して再利用し、Playbook の作成を単純化し、コードを再利用する
  • 既存の PowerShell DSC コードを活用して、Ansible 自動化の機能をさらに大きく役立てる
  • 一般的な Windows Server システム管理タスクを Ansible を使用して自動化する

コース対象者

管理タスクの自動化、および自動化ツールを使用した DevOps ワークフローの実装に関心のある Windows Server 管理者

受講の前提条件

Windows Server 管理者としての経験が求められますが、Red Hat Ansible Automation または Linux® の経験は不要です。

技術的要件

  • 受講にはインターネットアクセスが必要です
  • お客様ご自身のデバイスを使用していただきます (BYOD)
  • 使用するデバイスにはリモートデスクトッププロトコル (RDP) がインストールされている必要があります
    • Microsoft Windows を実行している場合は、 Microsoft リモートデスクトップ がインストールされています。
    • macOS を実行している場合は、App Store から Microsoft Remote Desktop for Mac (マイクロソフト提供) をインストールする必要があります。
    • Linux を実行している場合は、お使いのディストリビューションで Remmina が提供されていればインストールします。そうでない場合は、https://remmina.org の指示に従います。代わりに Linux ディストリビューションから FreeRDP クライアントをインストールすることもできます (Red Hat Enterprise Linux の場合は freerdp パッケージ内)。

学習内容

学習内容

  • Red Hat Ansible Automation の概要
  • 簡単な自動化コマンドの実行
  • Ansible Playbook の実装
  • 変数およびファクトの管理
  • ソフトウェアのインストールとアップデート
  • タスク制御の実装
  • 管理対象ホストへのファイルのデプロイ
  • ユーザーおよびドメインの操作
  • Windows 自動化タスクの自動化
  • 大規模プロジェクトの管理
  • Ansible Tower ワークフローの構築
注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、トレーニング・スペシャリストにお問い合わせください。

成果

組織にとっての効果

Windows IT インフラストラクチャに対して Red Hat Ansible Automation を効果的に使用することで、運用のアジリティの向上に加え、管理オペレーションに必要なセキュリティ、一貫性、再現性を実現できます。Linux および Red Hat のネットワーク自動化のトレーニングと組み合わせることで、単一画面から管理できるクロスプラットフォームの自動化ソリューションが実現可能になります。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

Windows 環境で Red Hat Ansible Automation を使用し、Windows 自動化タスクを作成して実行します。一般的な管理タスクの実行、Windows ワークステーションからの Ansible プロジェクトの作成、Git ベースのバージョン管理システムへのあらゆる変更履歴の保存、Red Hat Ansible Tower の Web インタフェースからそれらのタスクの実行およびトラブルシューティングを行います。

推奨される次のコース

Red Hat System Administration III: Linux Automation with Ansible (RH294) は、Linux 環境に関する同様のトレーニングを提供します。ある程度の Linux 経験 (Red Hat 認定システム管理者レベル) が必要です。

Ansible for Network Automation (DO457) は、ルーターとスイッチの管理を自動化するネットワーク管理者向けに同様のトレーニングを提供します。ネットワーク管理の経験が強く推奨されます。

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。