EX427

Red Hat エキスパート試験 ーBusiness Process Designー

情報を表示しています:

Red Hat® エキスパート試験 ーBusiness Process Designー(EX427)は、実技形式の認定試験です。Red Hat エキスパート認定 ーBusiness Process Designーを取得した方は、Red Hat JBoss® Developer Studio および Red Hat JBoss BPM Suite を使用して多数の作業を実施するための知識、スキル、および能力を証明したことになります。

準備

試験の学習ポイント

試験の準備に役立つように、試験において予測される作業領域を示します。Red Hat は、試験の内容を追加、変更、削除する権利を保持しています。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

受験者には、以下の作業を行う能力が必要です。

以下を含む Red Hat JBoss BPM Suite アクティビティの設定および使用。
  • ユーザータスク
  • スクリプト
  • サービス
  • カスタム作業項目
  • ビジネスルールに関するタスク
  • サブプロセス
以下を含む Red Hat JBoss BPM Suite 変数の定義および操作。
  • グローバル変数
  • プロセス変数
  • タスク変数
  • 変数をアクティビティパラメーターにマッピングする
以下を含む Red Hat JBoss BPM Suite ビジネスプロセスにおけるフロー制御機能の理解と使用。
  • さまざまな開始イベントおよび終了イベントの意味の理解と使用
  • ゲートウェイを使用したプロセスフローの分岐
さまざまな Red Hat JBoss BPM Suite プロセス要素固有の利点と欠点の理解。以下を含みますが、これらに限定されるわけではありません。
  • スクリプトと作業項目
  • 停止と終了
以下を含む技術的な例外とプロセスエラーの処理。
  • 信号の使用
  • エラーコードの使用
  • イベントサブプロセスによるトリガー
  • 外部プロセスとの統合

試験で使用されるバージョンに対応する公式 Red Hat JBoss BPM Suite に関する資料(BPM 6.0.2)の内容を理解しておいてください。試験環境では、公式 BPMS 6.0.2 ドキュメントのスナップショットが使用されます。そのため、この資料を理解しておくと、試験中に何かを調べなければならない場合に大いに役立ちます。試験の対象となる製品バージョンの公式資料の他、製品自体にサンプルファイルや追加資料が付属している場合があります。製品に通常付属しているものが取り除かれることはありませんが、インターネットを使用して他の資料を検索したり参照したりすることはできません。これらの制限事項を念頭に置いて、学習を進めてください。指定されたバージョンの公式の製品資料のみを理解、信頼するようにしてください。試験環境の技術的制限により、+HTML-SINGLE+ バージョンの資料を使用することを強くお勧めします。試験中は、このバージョンが一番簡単に使用および表示できます。

対象者と前提条件

  • Red Hat JBoss BPM Suite を使用したビジネスプロセスの設計および実装を担当するビジネスアナリスト、技術を専門としない開発者、および経験豊富な開発者。認定試験では、Java プログラミングの専門知識は必要とされません。
  • Developing Workflow Applications with Red Hat JBoss BPM Suite(JB427)コースにすでに参加した受講者

試験の前提条件となるスキル

  • Red Hat JBoss Developer Studio および Red Hat JBoss BPM Suite 2.0 モデルプラグインを使用して、ビジネスプロセスを作成し、編集できること
  • mvn コマンドラインまたは Red Hat JBoss Developer Studio のいずれかを使用して、JUnit ベースの BPMS ユニットテストを読み取り、実行できること

推奨トレーニング