言語を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

JB463

Developing Rules Applications with Red Hat JBoss BRMS

情報を表示しています:

本番環境でのビジネスルールの作成、テスト、デバッグ、および制御方法を学習

Developing Rules Applications with Red Hat JBoss BRMS (JB463) では、ルールの策定者や Java エンタープライズアプリケーションの開発者を対象に、ビジネスルールの作成、テスト、デバッグ、管理の方法、ルールパッケージの作成方法、および Red Hat JBoss BRMS (Business Rules Management System) ランタイム環境がルールを実行する仕組みについて説明します。

コース概要

Red Hat JBoss Developer Studio 7 および Red Hat JBoss BRMS 6 を使用して、本番環境でのビジネスルールの作成と管理を習得するための、詳細な実践演習を行います。このコースで説明する原則は、スタンドアローンの Red Hat JBoss BRMS ソリューションまたは単体の Red Hat JBoss BPM スイート (ビジネスプロセス管理) ソリューションの実装に適用できます。

コース概要

  • Red Hat JBoss Developer Studio の基本的なビジネスルールの作成
  • 高度なルールの作成
  • ビジネスルールのテストおよびデバッグ
  • スプレッドシート形式のデシジョンテーブルの使用
  • DSL マッピングファイルの作成および使用
  • Red Hat JBoss BRMS のアーキテクチャーおよびランタイムルール実行
  • ルールの実行制御および競合の回避
  • 複合イベント処理 (CEP)

対象者

  • Red Hat JBoss Developer Studio を使用したルールの作成およびテストを担当するルール作成者
  • ビジネスルールの開発と Java および Java EE エンタープライズアプリケーションへのルールの統合を担当する Java アプリケーション開発者

前提条件

  • Java および Java EE の基本的なプログラミング経験
  • Eclipse IDE、Maven、GIT の知識 (あれば有用ですが必須ではありません)
  • ビジネスルール開発の経験は不要

Red Hat JBoss BRMS の概要

Red Hat JBoss BRMS のアーキテクチャーとビジネスニーズについて説明します。

  • Red Hat JBoss Fuse Service Works
  • Red Hat JBoss BRMS アーキテクチャー
  • ビジネスセントラル

基本ルールの作成

Red Hat JBoss Developer Studio を使用して基本的なビジネスルールを作成します。

  • ルールの基礎
  • ルールのコンポーネント
  • JBTravel でのルールの処理 - ケーススタディ
  • JBoss Developer Studio でのルールの作成

デシジョンテーブル

スプレッドシート形式のデシジョンテーブルの目的とレイアウトを説明し、JBoss BRMS によってランタイムにデシジョンテーブルがどのようにロードされるかを確認します。

  • スプレッドシート形式のデシジョンテーブル
  • ランタイムのデシジョンテーブル

ドメイン固有言語

ドメイン固有言語 (DSL) の目的、およびその宣言方法とルール内での使用法を説明します。

  • ドメイン固有言語
  • DSL マッピングファイル
  • DSL ルールの実装

ルールのテスト

適切な条件を与えて、一致したルールが実行されるか確認します。

  • Junit でルールをテスト

複雑なルールの作成

ルールを記述し、使用します。

  • 高度な条件要素
  • 高度なフィールド制限
  • 追加のルールコンポーネント
  • クエリー
  • 逆方向チェイニング

ルールアプリケーションの開発

ルールの管理を実装し、ルールをアプリケーションに統合し、ルールサーバーをランタイムに呼び出します。

  • ルールの管理
  • ルールの統合
  • ルール実行サーバー

ルール実行の制御

ルール実行における競合を解決する戦略を説明し、実装します。

Drools のデバッグ

Red Hat JBoss Developer Studio の Drools アプリケーションのデバッグプロセスについて説明します。

複合イベント処理

ルールを用いて複合イベント処理を記述し、使用します。

パフォーマンス (時間により変更の場合あり)

ランタイムでのルール実行の処理とパフォーマンスを最適化します。

注: コース概要は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、トレーニングスペシャリストにお問い合わせください