検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト
RH442

Red Hat Performance Tuning: Linux in Physical, Virtual, and Cloud

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

Red Hat Enterprise Linux のパフォーマンスチューニングとキャパシティプランニング

Red Hat Performance Tuning: Linux in Physical, Virtual, and Cloud (RH422) は、Linux 上級システム管理者向けのコースで、パフォーマンスチューニングの方法について学びます。このコースでは、システムパフォーマンス、パフォーマンス調整、オープンソースのベンチマーク・ユーティリティ、ネットワーク・パフォーマンス、特定のサーバー使用事例とワークロードのチューニング構成への影響を理解することに重点を置き、システムアーキテクチャについて説明します。

このコースは Red Hat® Enterprise Linux 8 に基づいています。

学習内容サマリー

  • リソース固有のシナリオの分析とチューニング
  • tuned ツールによるチューニングプロファイルの適用
  • 仮想環境でのチューニング (ホストおよびゲスト)
  • システムイベントとアクティビティのトレースとプロファイル
  • systemd 統合の cgroup を使用したリソース制限と使用率のチューニング
  • パフォーマンスメトリックとベンチマークデータの収集

コース対象者

  • リソース使用率を最大化するためのパフォーマンスチューニングを担当している Linux 上級システム管理者

受講の前提条件

学習内容

学習内容

パフォーマンスチューニングの概要
パフォーマンスチューニングの概念と目的を説明します。
パフォーマンス監視ツールの選択
Red Hat Enterprise Linux が持つさまざまなパフォーマンス監視ツールを評価します。
ハードウェアリソースの表示
ハードウェアリソースのリストを表示し、解釈します。
カーネル調整パラメーターと調整プロファイルの構成
さまざまなワークロード要件に合わせてオペレーティングシステムを構成します。
コントロールグループでのリソース制限管理
リソースの競合を管理し、cgroup 構成を使用してサービス、アプリケーション、およびユーザーのリソースの使用制限を設定します。
システムトレースツールによるパフォーマンス分析
さまざまなリソース固有のトレースツールを使用して、システムやアプリケーションの動作を診断します。
CPU 使用率のチューニング
CPU リソースの共有とスケジューリングを管理して、使用率を制御します。
メモリ使用率のチューニング
さまざまなタイプのワークロードの効率的なメモリ使用率の設定を管理します。
ストレージデバイス I/O のチューニング
さまざまな使用事例で、ディスクを効率的に使用するための設定を管理します。
ファイルシステム使用率のチューニング
ファイルシステム使用率のアプリケーション効率を管理します。
ネットワーク使用率のチューニング
ネットワーク使用率のアプリケーション効率を管理します。
仮想化環境でのチューニング
仮想化環境でのチューニング要件を識別します。
理解度の確認の実施
このコースで学習する、適切なツールを使用したシステムパフォーマンスの監視、システムメトリックの評価、パフォーマンス向上のための設定の構成といったスキルを実証します。
注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについて不明な点については、トレーニングスペシャリストにお問い合わせください。

成果

組織にとっての効果

このコースの目的は、インフラストラクチャのパフォーマンス向上、システムの使用率向上、ダウンタイムの低減、さらにシステム障害への対応力強化のために必要なスキルを習得することです。

このコースはお客様にメリットをもたらすように作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースを受講すると、システムパフォーマンスのさまざまな測定データを入手、分析、および解釈できるようになり、それらのデータを使用することによって、コスト効率を向上させたり、アプリケーションのパフォーマンスを最大化したり、ハードウェアやクラウドリソースへの投資に関するよりよい意思決定を下すことができるようになります。

推奨される次の試験またはコース

Red Hat 認定スペシャリスト - Linux Performance Tuning - 認定試験 (EX442)

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。