Red Hat 3scale API Management Platform

機能と利点

API トラフィック制御

トラフィック管理、セキュリティ、およびアクセスポリシー適用機能を提供するセルフマネージドまたはクラウドのコンポーネントを使用して、Red Hat 3scale API Management と統合します。

API トラフィック制御

API プログラム管理

分析、アクセス制御、収益化、開発者ワークフローなど、API プログラムの制御を集中管理する分散クラウドレイヤーを使用します。

API プログラム管理

高可用性、高パフォーマンス

Red Hat の Web スケーラブル・アーキテクチャは、稼働率 99.99% を保証する高可用性を提供し、1 日に数億回の API 呼び出しが可能です。さらに、インフラストラクチャと Red Hat 3scale API Management の間の遅延やラウンドトリップがありません。

高可用性、高パフォーマンス

Red Hat Fuse 統合

Red Hat Fuse との統合によって API を作成した後、Red Hat OpenShift 上で API ゲートウェイを設定することで、同じスタックを使用してローカル、クラウド、またはオンプレミスのデプロイメントのゲートウェイを制御および分配できます。

Red Hat Fuse 統合

OpenShift 統合

API に合わせたスケールで提供される Linux® コンテナのパワーを獲得します。OpenShift by Red Hat ユーザーは 3scale API ゲートウェイを使用することで、コンテナによる自動化された方法で高パフォーマンスのアプリケーションを構築し、実行することができます。

OpenShift 統合

すべてのコンポーネントに対応するハイブリッドクラウド・サポート

3scale は、オンプレミス、クラウド、またはそれら 2 つの任意の組み合わせに配置されたあらゆるコンポーネントに完全対応しています。ご希望の方法で API 管理を設計してください。

ハイブリッドクラウド

Red Hat の 3scale で API を最大限活用しましょう