Red Hat Satellite

特長とメリット

インフラストラクチャ管理を単純化

Red Hat® Satellite では、Red Hat インフラストラクチャおよび構成コンテンツのライフサイクルを管理できます。これには以下が含まれます。

  • Red Hat Storage
  • Red Hat Virtualization
  • Red Hat Directory Server
  • Red Hat Certificate System
  • Red Hat OpenShift Container Platform
  • RPM として利用可能なその他のソフトウェア

他のエンタープライズ向けソリューションと比較して、実装のコストは削減され、複雑さも軽減されています。独自開発のソリューションとは異なり、数々のベストプラクティスを取り入れて、多数の Red Hat システムを効率的に管理できるようにスケーリングできます。

標準運用環境 (SOE) を実装

標準運用環境 (SOE) を定義し、確立することで、システムを迅速かつ繰り返し可能な方法でデプロイできるようにします。これによってシステムの整合性が改善され、効率の向上、エラーの削減、規格への準拠につながります。

環境をスケーリング

Red Hat Satellite はスケールアウトが可能なため、何千ものリモートシステムの管理が可能です。これは、リモートサイトでデプロイされている Red Hat Satellite Capsule Server インスタンスを使用することで実現できます。Red Hat Satellite Capsule Server はローカル管理機能を提供すると同時に、組織の複数サイトを単一のビューで管理できるように Red Hat Satellite Server と通信します。

コストを低減し、効率を向上

IDC の投資収益率 (ROI) に関する調査では、Red Hat Satellite への初期投資の平均回収期間は 7 カ月未満と報告されています。Red Hat Satellite は Linux システムをより効率的に管理するため、システムあたりのデプロイおよび管理コストが低減されます。また、次のような方法でもコストを制御できます。

  • マシン構成を容易に標準化
  • パッチと構成管理の自動化およびプロビジョニングによって、システムあたりの管理者人数を大幅に低減
  • エラーと不整合を削減
  • 直感的なインタフェースにより、初級管理者が上級管理者のタスクを実行できるようにする

時間の節約とリソースの解放

Red Hat Satellite のプロビジョニングおよび構成機能を使うことで、新しいシステムを短時間で展開できます。高度な自動化機能を使用して、管理者を増員することなく、さらに多くのシステムを追加することができます。これらのタスクに費やす時間を削減して、管理者がより価値のある作業に集中して取り組み、ビジネスニーズに迅速に対応できるようにします。

セキュリティの強化

Red Hat Satellite を使用すれば、セキュリティや、バグ修正、機能拡張エラータに容易に対処できるようになります。たとえば、Shellshock、Heartbleed、GHOST などといった脆弱性を特定し、迅速に対応できます。Red Hat Satellite は、システムの監査や修復が必要な場合に、業界標準の検査および修復ツール (OpenSCAP など) を使用できるため、安心して利用できます。

ストレージのシンプル化をお考えの場合はご相談ください