検索
日本語
日本語

言語を選択してください

ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト

プレスリリース

Red Hat、Red Hat OpenShift Container Platform用の統合ハイブリッドクラウドストレージを発表、クラウドネイティブ開発を促進

Red Hat OpenShift Container Storage 4は大量のデータを扱うKubernetesワークロード向けに優れたセキュリティ、可搬性、シンプルさ、および規模を提供

東京

[ノースカロライナ州ローリー– 2020年1月15日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

Red Hat OpenShift Container Storageは、OpenShiftユーザーのためのデフォルトのストレージ・オプションとして非常に有望です。

Eric Sheppardresearch vice president, Infrastructure Platforms and Technologies Group, IDC

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.は本日、Red Hat OpenShift Container Platformのユーザーに統合化されたマルチクラウド体験を提供するRed Hat OpenShift Container Storage 4の提供開始を発表しました。

本日の発表は、オープン・ハイブリッドクラウドにわたる広範なデータ中心のアプリケーション向けに一貫性のあるストレージ体験を求める全世界のユーザーが、3年以上にわたり急速に採用を進めてきたことを反映しています。

 

ハイブリッドクラウドの自由度を高めるデータ可搬性を実現

Red Hatによる2018年のNooBaa買収で実現したMulti-Cloud Object Gatewayにより強化されたRed Hat OpenShift Container Storage 4は、これまで通りアプリケーションとストレージ用の統一されたKubernetesベースのコントロールパネルで動作しながら、より高度な抽象化と柔軟性を提供し、複数のパブリッククラウドにわたるデータサービスへ、選択の自由を提供します。ユーザーにとってパブリッククラウドのロックイン防止に役立つだけでなく、開発者にとってはアクセシビリティの向上を通してデータをアプリケーションの近くに維持することが可能になり、より効率的な開発者体験を提供します。

一貫性のあるAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)インタフェースにより、これまでOpenShift OperatorHubのどのコンテナ・ストレージ・ベンダーでも手に入らなかった、Red Hat OpenShift Container Platform上のハイブリッドクラウドにわたる大量のデータを扱うアプリケーションの可搬性をサポートするために必要な組込みのオブジェクト・ストレージとスケーラビリティを提供します。

 

アプリケーション開発ライフサイクルのあらゆる段階で開発者のイノベーションを促進

今回のリリースは、Red Hat OpenShift Container Platformを利用可能なすべての実装形態にわたり、第一級の開発者体験を実現します。クラウドネイティブなアプリケーションの構築またはレガシー・アプリケーションのリフト&シフトを行う開発者向けに、Red Hat OpenShift Container Storage 4は以下の特徴を通してアプリケーション開発ワークフローの迅速化に貢献します。

  • Red Hat OpenShift Container Platformに対する最適化:ストレージの専門知識を必要とせず、開発者はプラットフォーム内から自分用のストレージを動的にプロビジョニングできます。
  • デプロイメントの容易化とオートメーションの強化:Rookのストレージ・オーケストレーション機能を通して実現されます。Rook.io Operatorにより、Red Hat OpenShift上でより容易にストレージのデプロイ、パッケージ化、および拡張を行うための、Kubernetesネイティブな、自動化されたサポートを提供します。
  • 永続ボリューム作成の迅速化:ビルド時間の短縮と継続的インテグレーション/継続的デプロイメント(CI/CD)によるパイプラインの効率向上により、アプリケーションの構築、テスト、リリースの迅速化に貢献します。

 

クラウドネイティブなアプリケーションのデータ・セキュリティ強化をサポート

クラウド環境全体にわたるセキュリティの実現を支援するため、今回のリリースでは暗号化、匿名化、鍵分離、消失訂正符号等の拡張されたデータ保護機能を導入います。開発者はMulti-Cloud Object Gatewayを使用して、複数の地理的位置とプラットフォームにわたり、よりセキュアかつ基準に沿った方法で機密アプリケーションデータの共有とアクセスを行うことができます。

本日、Red Hatは、業界で最も包括的なエンタープライズKubernetesプラットフォームの最新バージョンであるRed Hat OpenShift Container Platform 4.3も発表しました。このRed Hat OpenShift Container Platformの最新バージョンは、FIPS(Federal Information Processing Standard)準拠の暗号化(FIPS 140-2 Level 1)や保存中の機密データに対する追加の保護を提供するetcdデータストアの暗号化を含む、いくつかの新しいセキュリティ機能を備えています。プライベート・クラスタとプライベート・ネットワークをサポートする追加機能は、プラットフォームおよびアプリケーションのアクセス制限に対するより広範な制御をクラウドベースのクラスタに提供します。

 

クラウド環境全体にわたるワークロードにスケーラブルなストレージを提供

Red Hat Ceph Storageをベースに、Red Hat OpenShift Container Storage 4は人工知能(AI)、機械学習(ML)、SQL、NoSQL、その他の大量のデータを扱うワークロードなどの、マルチクラウド環境にわたる新しいワークロードに必要なスケーラビリティと強化されたセキュリティをユーザーに提供します。ファイル、ブロック、オブジェクトストレージをサポートする組込みOperatorHubで唯一のストレージOperatorとして、Red Hat OpenShift Container Storage 4は従来のワークロードと新しいワークロードの両方をサポートするように設計された、統合化されたクラウドネイティブなストレージ・ソリューションを独自の形でOpenShiftユーザーに提供します。

Red Hat OpenShift Container Storage 4は、Red Hat OpenShift Container Platform 4向けに本日提供を開始します。

 

サポートコメント

Red Hat ストレージ担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Ranga Rangachari

「コンテナストレージ市場が急速に進化し続ける中で、Red Hat OpenShift Container Storage 4は現在ユーザーが直面している最大の課題に対するソリューションの役割を果たします。Rook.io Operatorとの統合により、Kubernetesを通して提供される完全に自己管理型、自己修復型のストレージサービスへと業界のビジョンを進化させます。」

 

イングランド公衆衛生庁 HPCおよびインフラストラクチャ責任者 Francesco Giannoccaro

「複雑な業務環境で作業する場合、テクノロジー・スタックのあらゆるレベルで復元性を強化し信頼性を高めることがより重要になります。OpenShift Container Storageを使用するメリットは、複雑な設定を行う必要なく、複数のポッドとコンテナにわたる永続的ストレージと共有ボリュームを備えた統合化された環境を手に入れることができる点です。復元性と信頼性のレベルは代替となるスケーラブルストレージ・ソリューションと比較して非常に高く、OpenShift Container Storageが備える可搬性とシンプルさにより、真のハイブリッドクラウド体験の中で広範なデータサービスを開発者に提供し、強固な開発サイクルと生産性の向上を実現できると確信しています。」

 

IDC インフラストラクチャ・プラットフォームおよびテクノロジーグループ リサーチバイスプレジデント Eric Sheppard

「コンテナストレージは急速に進化している分野です。Red Hatは永続的ストレージ・サービスを主要機能としてOpenShift Container Platformに統合し、長年にわたるエンタープライズ・デプロイメントの成功を元に、ユーザーが次世代のストレージ集約的アプリケーション・テクノロジーを構築できるようにしました。Red Hat OpenShift Container Storageは、OpenShiftユーザーのためのデフォルトのストレージ・オプションとして非常に有望です。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of enterprise open source software solutions, using a community-powered approach to deliver reliable and high-performing Linux, hybrid cloud, container, and Kubernetes technologies. Red Hat helps customers integrate new and existing IT applications, develop cloud-native applications, standardize on our industry-leading operating system, and automate, secure, and manage complex environments. Award-winning support, training, and consulting services make Red Hat a trusted adviser to the Fortune 500. As a strategic partner to cloud providers, system integrators, application vendors, customers, and open source communities, Red Hat can help organizations prepare for the digital future.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to our pending merger with International Business Machines Corporation, the ability of the Company to compete effectively; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; delays or reductions in information technology spending; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; risks related to errors or defects in our offerings and third-party products upon which our offerings depend; risks related to the security of our offerings and other data security vulnerabilities; fluctuations in exchange rates; changes in and a dependence on key personnel; the effects of industry consolidation; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to meet financial and operational challenges encountered in our international operations; and ineffective management of, and control over, the Company's growth and international operations, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission's website at www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company's views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company's views as of any date subsequent to the date of this press release.

###

Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Red Hat logo, JBoss, Ansible, Ceph, CloudForms, Gluster and OpenShift are trademarks or registered trademarks of Red Hat, Inc. or its subsidiaries in the U.S. and other countries. Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the U.S. and other countries. The OpenStack Word Mark is either a registered trademark/service mark or trademark/service mark of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries, and is used with the OpenStack Foundation's permission. Red Hat is not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.