プレスリリース

Red Hat、ハイブリッドクラウド・データ管理プロバイダーのNooBaaを買収

分散型ハイブリッド/マルチクラウド環境向け統合データ・プラットフォームを備え、ハイブリッドクラウド技術のポートフォリオを強化

東京

[ノースカロライナ州ローリー – 2018年11月27日 (現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc. (本社:ノースカロライナ州ローリー、社長兼CEO:ジム・ホワイトハースト、NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、NooBaaを買収したと発表しました。NooBaaは、ハイブリッドとマルチクラウド環境にわたりデータ保管サービスの管理ソフトウェアを開発している企業です。今回のNooBaaのデータ管理技術の追加により、Red Hatの既存のハイブリッドクラウド製品のポートフォリオが改善され、Red Hatはオープンハイブリッド・クラウド技術におけるリーディング・プロバイダーとしての地位を確立することができます。

業界アナリスト企業であるGartnerは、「クラウド採用の展望はハイブリッドクラウドかマルチクラウドいずれかとなっています。2020年までに、75%の団体がマルチクラウドまたはハイブリッドクラウドモデルを導入するとみられています」1と述べており、これらの異種混合環境は最近の業務のデファクトスタンダードとなっているため、クラウドネイティブ・アプリケーションの管理およびスケーリングの複雑さを増大させることとなる、異なるデータサイロを増加させる可能性があります。

NooBaaは、これらの分散型環境全体に拡散した非構造化データに対するより広い可視性と、制御の要求に応えるため2013年に設立されました。これを実現するため、同社は既存のストレージインフラに対する抽出層として機能するよう設計されたデータ・プラットフォームを開発しました。この抽出は、クラウドからクラウドへのデータの可搬性を可能にするだけでなく、ユーザーにより複数の場所に保管されたデータを、アプリケーションが動作できる単一のデータセットとして管理できるようにします。

NooBaaの技術は、Red Hat OpenShift Container Platform、Red Hat OpenShift Container StorageおよびRed Had Ceph Storageを含むRed Hatのハイブリッドクラウド技術のポートフォリオを補完し、有用性を高めるだけでなく、パブリック・プライベートのインフラにわたり、アプリケーション、コンピュート、ストレージおよびデータ資源の管理において、強力で一貫した機能のセットをユーザーに提供するよう設計されています。

 

サポートコメント

Red Hat ストレージ&ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ部門 担当副社長兼ゼネラルマネージャー Ranga Rangachari

「プライベートや複数のクラウドにわたり、クラウドネイティブ・アプリケーションを構築および配置している団体にとって、データの可搬性は欠かすことのできない重要要素です。NooBaaの技術は我々のポートフォリオの有用性を高め、今日のハイブリッドおよびマルチクラウドの世界における開発者のニーズを満たすRed Hatの能力を強固にしていきます。オープンハイブリッド・クラウド技術のリーディング・プロバイダーとしてRed Hatをさらに強固にするために共に業務していくこととなる9名の、Red Hat技術チームへの受入を非常に楽しみにしています。」

 

Gigaom リサーチアナリスト Enrico Signoretti氏
マルチクラウド・オブジェクト・ストレージおよびデータ・モビリティ: GigaOm市場見通し報告書

「クラウド・オブジェクト・ストレージは、グローバル・データ分散、データの永続性、エクサバイトへの比類ないスケーラビリティ、そして全体的な費用対効果等、その本質的な能力によってますます企業にとって重要性を持つものとなってきています。ソリューションは、パブリッククラウド・プロバイダーやオンプレミスで提供されているため、簡単に採用することができます。データは、標準的なHTTPベースのプロトコルでアクセスすることができ、どこでどのようなデバイスを使用しても書き込みや読み出しができます。ただし、複数のクラウドにわたり、短時間ですべての遠隔およびローカルアプリケーションとユーザーに安全にデータへのアクセスを提供するということは、未だ非常に難しい状態です。これは、アプリケーションの複雑性の増長、高コスト、マルチクラウド戦略の実施における自由を制限することとなります。」2


1 出典:Gartner、「Market Insight: Making Lots of Money in the New World of Hybrid Cloud and Multicloud」2018年9月7日、Gartner #G00364355, gartner.com

2 出典:Gigaom、「Multi-Cloud Object Storage and Data Mobility: A GigaOm Market Landscape Report」2018年10月

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするレッドハットは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、レッドハットはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、レッドハットは組織のデジタルフューチャーへの備えに貢献します。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、当社の製品及び当社の製品が依存する第三者の製品の誤りまたは欠陥に関するリスク、当社製品とその他のデータのセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、JBoss、Ansible、Ceph、およびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国およびその他の国々におけるOpenStack Foundationの登録済みの商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。