日本語
日本語
検索
Log in / Register

Red Hat、JBoss Enterprise Application PlatformをMicrosoft Azure上で提供し、従来型Javaアプリケーションのクラウド移行を簡易化

クラウド環境へのJavaアプリケーションの移行を可能に

東京 -

[ノースカロライナ州ローリー– 2021年5月25日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

JBoss EAPをAzure上で提供することで、お客様は製品開発を迅速化し競争力を維持できるだけでなく、今日のビジネスニーズを満たしつつ将来の変化にも適応できるセキュリティ重視のクラウド環境を構築、導入、管理する上でより多くの選択肢を手にすることができます。

Red Hat プロダクトマネージメント シニアディレクター リッチ・シャープルス

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(以下Red Hat)は本日、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform(JBoss EAP)on Microsoft Azureを発表しました。これにより、組織は既存のJakarta EE(旧Java EE)アプリケーションのモダナイズとAzure上での新たなJakarta EEアプリケーションの構築に際して、クラウドベースのアーキテクチャの利点を活用することができます。本日、JBoss EAPは完全構成済みでいつでも実行できるAzure上のネイティブサービスとして提供され、Microsoftが管理するAzure App Serviceで完全サポート付きランタイムとしても間もなく提供されます。

Javaは依然として極めて人気の高いプログラミング言語であり、世界中でおよそ800万人の開発者が使用しており、クラウド対応のアプリケーション開発を迅速化するJakarta EEの利用も着実に拡大しています。トップクラスのオープンソースJakarta EE対応アプリケーション・サーバーであるJBoss EAPは、生産性向上のための高性能な管理および自動化機能と、最新のクラウドネイティブ・アプリケーションを構築しデプロイするための軽量なアーキテクチャをJava開発者に提供します。

JBoss EAPをAzure上で提供することにより、Red Hatはクラウドへの移行を容易にするとともに、将来に備える上でより幅広い選択肢と柔軟性を組織に提供します。お客様は、オンプレミスで動作するJBoss EAPアプリケーションや別のアプリケーション・サーバー上で動作する他のJakarta EEアプリケーションなど、既存のアプリケーションをAzure上にデプロイでき、ビジネスクリティカルなJavaベースのアプリケーションをクラウド上でどのように管理するかを選択することができます。

JBoss EAP on Microsoft Azureを導入すれば、お客様は以下を実現できます。

  • 最新のJakarta EEアプリを開発:JBoss EAPとAzureの幅広い補完的なサービスを併せて使用することにより、お客様は柔軟性とスケーラビリティに優れた、よりセキュアなクラウドネイティブ・アプリケーションを生み出すことが可能です。これらをJBoss EAP上で構築し、Red Hat Runtimesを通じてサポートを利用することができます。

  • ニーズに最適な環境でJBoss EAPを運用:ホステッド型と自主管理型の両方で利用可能であり、お客様はAzure Marketplaceを通じてJBoss EAP on Azureの仮想マシン(VM)でアプリケーションを実行できるほか、Azure App Serviceを通じて柔軟なオンデマンドの価格設定の下、ホステッド型のJBoss EAPを採用することもできます(パブリックプレビュー)。コンテナベースのソリューションをお求めのお客様向けに、JBoss EAPはAzure Red Hat OpenShift上でもサポートされます。

  • コスト節約の機会:Javaアプリケーションをクラウド上に移行すると、ITインフラストラクチャ、オペレーティング・システム、ストレージを含むオンプレミス・データセンターの管理に伴うコストを削減する上で有効です。これを実現すれば、多額の初期資本支出をより予測可能な営業経費に転換することができます。

  • より大きな信頼感:JBoss EAP on Azureは、オープンソースに関するRed Hatの専門技術とMicrosoftのパブリッククラウドの強みを兼ね備え、両社によって共同でサポートされます。

サポートコメント

Red Hat プロダクトマネージメント シニアディレクター リッチ・シャープルス
「Red HatとMicrosoftは長年にわたる戦略的パートナーです。Red Hat JBoss Enterprise Application Platformは、引き続きエンタープライズJavaに対するRed Hatのコミットメントの根幹であり、Red HatはオープンソースとJavaの両方において信頼できるリーダーとなっています。JBoss EAP on Azureを提供することにより、当社は自らの専門分野における最良の要素を組み合わせ、お客様がアプリケーションをクラウド上でどのように管理するかを最適に選択することを可能にします。」

Microsoft プリンシパルグループマネージャー Martijn Verburg氏
「エンタープライズソフトウェア分野で屈指の2大企業として、当社がRed Hatとこのような強固な関係を結ぶことは当然です。JBoss EAPをAzure上で提供することで、お客様は製品開発を迅速化し競争力を維持できるだけでなく、今日のビジネスニーズを満たしつつ将来の変化にも適応できるセキュリティ重視のクラウド環境を構築、導入、管理する上でより多くの選択肢を手にすることができます。」

関連リンク

その他のリンク

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-4590-7472
  • About Red Hat
  • エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、Red Hatはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザリーとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、デジタルの未来に備えるための準備を支援します。



  • Forward-Looking Statements
  • このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、そうした将来の見通しに関する声明で示されたものと実質的に異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社またはその親会社であるInternational Business Machines Corporation (NYSE:IBM)は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

    ###

    Red Hat、Red Hat logoおよびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。