お問い合わせ

Red Hat Ansible Towerの最新バージョンを発表、ハイブリッドクラウド管理全体に渡るオートメーションを統合

Red Hat Ansible Tower 3.4は、ハイブリッドIT環境全体へのより安全でシンプルな管理を実現するために設計された、新しいワークフロー機能およびセキュリティ規格を導入

東京 -

[ノースカロライナ州ローリー – 2019年1月9日 (現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

"We have seen enterprises look to build automation centers of excellence to accelerate automation across a broader set of domains, including compute, network and storage. With the new features available in Red Hat Ansible Tower 3.4 organizations are able to increase the scale and scope of their automation activities together with increased control and visibility."

Joe Fitzgerald

vice president, Management, Red Hat

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc. (本社: ノースカロライナ州ローリー、社長兼CEO: ジム・ホワイトハースト、NYSE: RHT、以下Red Hat)は本日、インフラ、ネットワーク、クラウド、およびセキュリティを含む、ITオペレーション全体のオートメーションのためのエンタープライズ・フレームワークの最新バージョンであるRed Hat Ansible Tower 3.4の一般提供開始を発表しました。Red Hat Ansible Tower 3.4は、複雑なハイブリッドクラウド・インフラの管理に伴う課題をシンプル化するよう設計されており、ネステッド・ワークフローやワークフロー・コンバージェンスなどのワークフロー拡張機能を含んでいます。

企業でよく見られる現実として、個別のITチームがそれぞれ独自のAnsible Playbookを利用してオンプレミスのITとクラウドサービスの管理を行っている状況が挙げられます。分断されたインフラ全体に渡って自動化の利点を最大化するために、組織は自動化を実装する「センター・オブ・エクセレンス」の創設へ移行すべきです。センター・オブ・エクセレンスは、エンタープライズ全体に一貫した自動化を提供し、社内の新しいIT領域に自動化を導入する際に、共通のソリューションおよび、合意された戦略を共有するために役立ちます。Red Hat Ansible Tower 3.4で、ユーザーは特定テクノロジーのサイロ化に陥ることなく、ハイブリッドなインフラ全体をカバーするように設計されたひとつのマスターワークフローを定義することで、ITの様々な領域を結合できるようになります。

Red Hat Enterprise Linuxの管理のためのRed Hat Satelliteと、ベアメタル、仮想マシン、およびプライベートクラウド運用のためのRed Hat CloudFormsを含むRed HatのマネージメントポートフォリオをRed Hat Ansible Towerと連携することによって、ITチームはエンタープライズITインフラ全体にわたるワークフローのオーケストレーションを、より一貫性のある形で行えるようになります。

 

高度なワークフロー
新しいワークフロー拡張機能によって、ユーザーは様々な環境および、シナリオに基づいてオートメーション・ワークフローを再利用し、ハイブリッドクラウド・インフラを、より効率的に管理できるようになります。Red Hat Ansible Tower 3.4で利用可能なワークフロー拡張機能には、以下が含まれます。

  • ネステッド・ワークフロー:再利用可能な、モジュール形式のコンポーネントの作成を可能にし、単純なPlaybookと同じ容易さで、Red Hat Ansible Towerを使ってより複雑なオペレーションを自動化できるようにします。
  • ワークフロー・コンバージェンス:ワークフロー・ジョブを複数の他のワークフロー・ジョブの終了と無関係に続行させることを可能にし、異なるステップ間の調停ポイントを実現します。
  • ワークフロー・オールウェイズ・ジョブ・テンプレート:ジョブの成功、または失敗に左右されない実行を可能にします。ワークフローの終了ステータスに関係なく依存サービスを実行させておく必要がある場合、業務の継続的実行に役立つようにワークフロー・オールウェイズ・ジョブ・テンプレートが設計されます。
  • ワークフロー・レベル・インベントリー:アクセス可能なインベントリーへのワークフローの適用を可能にし、複数のデータセンター、環境、およびチームにわたるデプロイメント・ワークフローの再利用に対応します。


スケーラビリティの向上
ジョブ・スライシングによって、数千のマシン用に設計された単一の大型ジョブを、複数のより小型のジョブに分割し、Towerのクラスタ環境内に分散させることが可能になります。これによって、ジョブの実行の信頼性向上と完了の迅速化が可能になり、ユーザーはオートメーションをよりうまく拡張することが可能になります。

セキュリティの強化
さらに、Red Hat Ansible TowerはFIPS準拠モードのRed Hat Enterprise Linux上での実行に対応しました。米国立標準技術研究所(NIST)の連邦情報処理標準(FIPS 140-2)セキュリティ認証は、暗号モジュール(ハードウェア・コンポーネントとソフトウェア・コンポーネントの両方)の要件を規定したコンピュータのセキュリティ規格で、慎重な扱いを要するものの機密ではない情報を保護するためにセキュリティ・システム内で使用されます。Red Hat Ansible TowerをFIPS準拠モードのRed Hat Enterprise Linux上で動作可能にすることによって、組織は革新的で、柔軟なソフトウェア・ソリューションに対するニーズの面で妥協することなく、必要な情報セキュリティ・ガイドラインを満たすことができます。

 

サポートコメント

Red Hat マネージメント製品担当バイスプレジデント Joe Fitzgerald

「コンピュート、ネットワーク、およびストレージを含むより広範な領域に渡って自動化を促進するために、企業はオートメーション・センター・オブ・エクセレンスの構築を目指しています。Red Hat Ansible Tower 3.4で利用可能な新機能によって、組織は自動化実現への活動の規模と範囲を拡大するとともに、制御性と可視性を向上させることができます。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550
  • About Red Hat
  • エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、Red Hatはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザリーとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、デジタルの未来に備えるための準備を支援します。



  • Forward-Looking Statements
  • このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、IBM(International Business Machines Corporation)との合併が進行中であること、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、当社の製品及び当社の製品が依存する第三者の製品の誤りまたは欠陥に関するリスク、当社製品とその他のデータのセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

    Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、Ansible、およびCloudFormsは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。