プレスリリース

キャセイパシフィック航空がRed Hatのハイブリッドクラウドテクノロジーを使用して顧客体験を新しいレベルに向上

大手航空会社がRed Hat OpenShift Container Platformを基盤とするクラウドネイティブなスタックで旧式のインフラを代替

東京

[サンフランシスコ – RED HAT SUMMIT 2018 – 2018年5月7日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、大手国際線航空会社であるキャセイパシフィック航空がRed Hatのソリューションとサービスを使用して旧式のインフラを現代的なハイブリッドクラウド・アーキテクチャに転換したことを発表しました。キャセイパシフィックはRed Hat OpenStack PlatformとRed Hat OpenShift Container Platformを使用して、新しいサービスの開発と提供のための、より効率的でスケーラブルなプラットフォームを構築し、最終的には顧客体験の向上を実現可能にしました。

香港を拠点とするキャセイパシフィック航空は、世界中の52の国と地域にわたる、200ヶ所への旅客/貨物サービスを提供している国際線航空会社です。デジタル能力は成長のための同社のビジネス戦略にとって非常に重要な機能であり、このイニシアティブの中心は応答性と適応性に優れた顧客体験の重視です。従来、キャセイパシフィック航空のインフラと開発プロセスはその点に問題があり、社内システムと顧客向けアプリケーションで高いレベルの性能を維持することが難しくなっていました。既存のシステムは柔軟性に欠け変更に時間がかかるため、システムを保守し「明かりを付けておく」ためだけに増大し続ける技術的負債を賄う必要がありました。

キャセイパシフィック航空は、オープンスタンダードベースのRed Hatのエンタープライズテクノロジーを使用し、Red Hatの技術的専門知識を指針として、同社の旧式インフラからハイブリッドクラウド・アーキテクチャへと移行しました。新しいインフラは、必要に応じてワークロードをパブリッククラウドインスタンスにプロビジョニング可能なRed Hat OpenStack Platformを含むプライベートクラウド環境で構成されています。Red Hat OpenShift Container Platformはパブリッククラウドとの橋渡しの役割を果たし、50以上の顧客向けアプリケーションをサポートします。Red Hat OpenShift Container Platformによって、キャセイパシフィック航空は、より整理された形でハイブリッドインフラ全体にわたりアプリケーションを移動し、需要に応じてコンピューティングリソースのスケールアップ/ダウンを行うことができます。

 

ハイブリッドクラウドの基盤としてのRed Hat OpenStack PlatformとRed Hat OpenShift Container Platformに加えて、以下のようなその他のRed Hatテクノロジーも実装しました。

  • Red Hat CloudForms:ITフットプリント全体にわたって新しいアーキテクチャを管理します。CloudFormsはセルフサービスプロビジョニングを提供し、コストを追跡管理し、パブリックとプライベート両方のクラウドを含む、仮想マシン、コンテナ、物理インフラにわたるコンプライアンスの推進に貢献します。
     
  • Red Hat Ansible Tower:キャセイパシフィック航空が新しい環境の作成を自動化し、変更要求を標準化して、エラーの数を減らすとともにプロビジョニングにかかる全体的時間を短縮するために役立ちます。Red Hat Ansible Towerの一部であるRed Hat Ansible Automationによって、以前は2週間かかっていた変更要求が現在は自動化され15分以内に完了するようになりました。
     
  • Red Hat Enterprise Linux:世界をリードするエンタープライズLinuxプラットフォームであり、スケーラブルで、よりセキュアな、サポート付きのLinux基盤をインフラに提供します。
     
  • Red Hat Satellite:キャセイパシフィック航空がRed Hatインフラの効率的な動作を維持し、常に最新のセキュリティパッチを適用し、各種業界規格に準拠するための整理された方法を提供します。

 

この新しいITアーキテクチャによって、キャセイパシフィック航空は新しいサービスをよりタイミング良く市場投入し、進化するアプリケーションの要件に応じてインフラのスケーリングをより適切に行うことができるようになりました。アプリケーションデプロイメントのスループットは、実運用環境と非実運用環境の両方で、変更件数1日当り20件から200件へと10倍に増大しました。これらのアップデートに伴うエンドユーザーのダウンタイムは、ほぼゼロでした。さらに、新しいクラウド環境は、ハードウェア、保守、および運用コストの面でインフラのフットプリント削減につながりました。効率とリソース利用率の向上によって、キャセイパシフィック航空は実運用環境の総所有コストを削減しました。

初期のディスカバリーセッションから要件およびビジネスドライバの特定、テクノロジーの実装に至るまで、この移行過程のほぼすべての段階でRed Hatのコンサルティングがキャセイパシフィック航空を補佐しました。また、Red Hat コンサルティングとの共同作業を通して、移行過程の中で実地の専門家サポートとトレーニング(必要に応じた継続的サポートを含む)も受けました。

 

サポートコメント

Red Hat エンジニアリング担当上級副社長 Matt Hicks

「世界的に見て、航空業界は最も競争が激しく、顧客を重視している業界のひとつであり、営業上の差別化ポイントとして顧客体験が非常に重要になっています。Red Hatのクラウドネイティブな技術を使用したインフラのデジタル変革によって、キャセイパシフィック航空はより高い価値をより速く顧客に提供できるようになっただけでなく、IT機能の再構築によって将来のビジネスの需要に対応するための体勢を強化しました。」

 

キャセイパシフィック航空 ITインフラストラクチャおよび運用担当ゼネラルマネージャー Kerry Peirse氏

「当社はお客様にとって最も重要なこと、すなわちキャセイパシフィック航空での全体的な顧客体験を促進するテクノロジーに投資したいと考えていました。Red Hatのソリューションによって性能と安定性が向上し、これまでよりずっと迅速にお客様に価値を提供できるようになりました。また、新しいアーキテクチャは当社にとって最も重要なこと、すなわち革新を行いお客様のためにより多くの価値を生み出すために、より多くの時間を当社のITチームに提供してくれます。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする レッドハットは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。レッドハットは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、当社の製品および当社の製品が依存する第三者の製品の誤りまたは欠陥に関するリスク、当社製品とその他のデータのセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、為替レートの変動、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、並びに、当社のForm10-Kに基づく最新の年次報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、CloudForms、Ansible、SatelliteおよびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国およびその他の国々におけるOpenStack Foundationの登録済みの商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。