プレスリリース

Red Hat、「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7」を発表

配備と運用管理を支援する新たなDirectorを実装

東京

[ノースカロライナ州ラーレー2015年8月5日(現地時間)発表] 米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc. (本社:米国ノースカロライナ州ラーレー、社長兼CEO:ジム・ホワイトハースト、NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7の提供を発表しました。この最新バージョンでは、配備と管理を支援する新たなツールが実装されており、インストールの簡素化や日々の管理業務の軽減だけでなく、後続リリース向けに統合されたライブシステムアップデートやアップグレードのための基盤を構築することができます。

OpenStackコミュニティの 「Kilo」リリースに基づいたRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platformは、実績と信頼のあるRed Hat Enterprise Linuxをベースに Red Hat の OpenStack の技術を統合した共同開発ソリューションであり、本番環境で利用できるクラウドプラットフォームの形成を実現しています。この組合せはLinuxにおけるOpenStackの重大な依存性に対処したもので、プライベートもしくはパブリッククラウド構築の際に高い拡張性と障害耐性を備えたプラットフォームを提供します。2013年の初回リリース以来、公共、金融、通信および教育などの主要業界の顧客により世界中で配備されてきたRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platformの今回の最新版は、Red Hatとして5番目のリリースになります。バージョン7には、以下を含むOpenStackの採用を加速させることを目的とした新たな機能が加わりました。

 

  • 配備と管理の簡素化:新たなRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platform directorを使用することで、クラウドオペレータはより簡単に日々の業務を管理し、リソースを提供することができます。適切な配備を実現するために、システム全体の健全性診断を備えたシンプルな自動クラウドインストールツールが提供されます。さらに、配備を簡略化するベアメタルリソースの自動化された「レディー状態」プロビジョニング、およびオンデマンドベースでのハードウェアリソースの再利用など、クラウドオペレータの日々の業務管理やリソース提供も容易になります。コミュニティ主導のOpenStack管理プロジェクト「TripleO」に基づいた新たな「director」は、単一の強力なツールを提供するために複数の技術を集結しています。さらに、このツールは、バージョン7とそれ以降のリリースにおけるライブでのオーケストレーションされたOpenStackやdirector のアップグレードに利用される新たなフレームワークを形成します。
     
  • OpenStackにおける高可用性が必要な従来型ワークロードへの対応: 高可用性が必要かつビジネスに不可欠な従来型のアプリケーションを OpenStack に容易に移行するために、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7では、Red Hat Enterprise Linuxによる自動化された監視とフェールオーバーのサービスを統合することにより、コンピュートホストノードの高可用性を提供しています。この新機能はホストノードを監視し、バーチャルマシンをホストから自動的に退避させ、別の空いているホストでワークロードを再開します。
     
  • セキュリティコントロールの強化:通信事業者は、バーチャルマシンレベルのネットワークトラフィックポートに対するより一層高いレベルでの精度と制御を実現できます。これにより、顧客は、より広大なOpenStackクラウドに対して厳格なセキュリティレベルを維持できると同時に、必要に応じて各バーチャルマシンにVNF (virtualized network function)トラフィックを通すことができます。バージョン7ではコミュニティ Kilo リリースに含まれるNeutron Modular Layer 2(ML2)およびOpen vSwitch(OVS)のポートセキュリティーメカニズムを採用しています。
     
  • ネットワークの柔軟性:新たなNeutronネットワーキング機能により、高い柔軟性とネットワークの冗長性を向上させました。テナントと外部ゲートウェイ間のダイレクトなネットワークルーティングをサポートする機能などを含む、複数の IPv6 強化によってネットワークオペレータを支援します。さらに、バージョン 7 は Neutron ルータに対する可用性を拡張およびルータの監視およびレポートを向上することにより、ネットワークオペレータによるシステム稼働の維持を支援します。
     
  • 増分バックアップ:より高速なブロックストレージバックアップおよびスナップショットベースのバックアップによる必要容量の削減は、ストレージ管理者に有意に働きます。NFSおよびPOSIXファイルシステムが新たにサポートされたことで、最後の完全なバックアップから増加分の変化のみをバックアップすることにより、要求されるストレージの容量および時間が大幅に削減されます。

 

信頼性の高い統合とエコシステム

Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platformは、OpenStackコンピュート、ストレージ、ネットワーキング、および独立系ソフトウェアベンダー(ISV)のアプリケーションやサービスなどから構成される350以上の認定パートナーを有する、最大のOpenStackエコシステムの1つによって支援されています。このパートナーネットワークにより、Red Hat Enterprise Linuxエコシステムで提供される幅広いサポートおよび互換性を補完するソリューションが提供されます。Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7では、新しいRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platform director による初期設定や構成を含め、NetApp Data ONTAP、7-mode、E-Seriesなどの認定パートナーとの統合が強化されています。また、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7はRed Hat Ceph Storage 1.3のサーバおよびクライアントの設定およびインストールの統合を可能にします。Red Hat Ceph Storage Serverのサブスクリプションエンタイトルメントは、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platformのサブスクリプションとは別売となります。

 

サポートコメント

Red Hat OpenStack担当ゼネラルマネージ Radhesh Balakrishnan

我々はRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7によって、本番環境で利用できるOpenStackの基準を上昇させました。OpenStack採用増加によって、真にオープンなアプローチを利用しながらインフラの自動配備とライフサイクル管理を可能にする、ソリューションに対する時間短縮のニーズについて積極的に取り組んでいます。

 

Dell エンジニアドソリューション&クラウド担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ Jim Ganthier氏

今日、お客様は、高まる要求とリソースの減少に絶えず直面しています。また、クラウドの配備と現行の業務に費やされる時間とコストを、明日の事業に繋がる戦略的な営業結果に再配分する方法を求めています。Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7のリリースは、配備と管理がより簡単でより迅速な、エンタープライズグレードのクラウドソリューション提供への新たな一歩です。DellにとってRed Hatとの基準アーキテクチャーの共同設計が継続することを嬉しく思っています。さらにシンプルで高速、かつより費用効率の良い、企業向けOpenStackクラウドを共に提供していきたいと思っています。

 

Cisco Ciscoユニファイドコンピューティングシステムおよびデータセンター、プロダクツアンドソリューションズマーケティング担当バイスプレジデント Jim McHugh氏

Unified Computing System Integrated Infrastructure for Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform(UCSO)の発表からおよそ1年となります。Cisco UCS® および UCS Service Profilesの利用により、お客様のOpenStack配備が劇的に簡素になり加速され、お客様はより迅速に新たなクラウドサービスやアプリケーションを手にしています。我々の設計および開発における強力なコラボレーションの証として、本日発表されたRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7の新たな機能は、Cisco UCS Integrated Infrastructureでもすぐに利用できるようになるでしょう。

 

Intel Corporation ソフトウェアサービスグループバイスプレジデント兼コアシステム開発ディレクター Mauri Whalen

増加するお客様の要求と技術の進歩により、そしてクラウドベースのソリューションやSDI(software defined infrastructure)が加わり、エンタープライズデータセンターが再定義されました。「On-Ramp to Enterprise OpenStack」プログラムにおけるRed Hat社との協働は、Intelにとって、大企業の幅広い採用に向けて共同設計したOpenStack配備の堅固な基盤を築く助けとなりました。

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープン ソース ソリューションのプロバイダとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソース・コミュニティのグローバル・ネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向 けた革新的テクノロジー創出を支援しています。詳細につきましては、http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、業界統合による影響、買収先の統合および取得した技術や商品を市 場にうまく投入できるかに関するリスク、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピー はSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲 載 されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げ られます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の 変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する 記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更 新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のい かなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴ、JBossは米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。