プレスリリース

Red Hat、新しいパートナーのテクノロジーでコンテナプラットフォームの価値を加速させるOpenShift Primedを発表。日立製作所が提供するJustwareが国内初のOpenShift Primed パートナーとして認定

Red Hat、ISVパートナーが開発する新しいソリューションへのアクセスを通してコンテナをデプロイするお客様により多くの選択肢と価値を提供

東京

[サンフランシスコ – RED HAT SUMIIT 2016 - 2016月6月28日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、自社のソリューションをRed HatのコンテナアプリケーションプラットフォームであるOpenShiftに統合している独立系ソフトウェアベンダー(ISV)のエコシステム拡大に対応し、新しいパートナー認定プログラムであるOpenShift Primedを発表しました。世界中のエンタープライズのお客様がコンテナの採用を検討する中で、OpenShift PrimedはOpenShiftで積極的に開発を行っているパートナーを認定するだけでなく、OpenShiftを中心に構築されているソリューションに対するより良い可視性をお客様に提供するように設計されています。

Red Hat OpenShift Container Platform(旧称OpenShift Enterprise)は、Docker形式Linuxコンテナ、Kubernetesオーケストレーション、およびRed Hat Enterprise Linux 7をベースとする業界初のウェブスケールコンテナアプリケーションプラットフォームです。コンテナへの関心が開発やテストから実運用へと移行する中で、Red HatはISVが必要とする強固なアプリケーション整合性を維持しながらデータセンターの4つの実装形式に渡って動作する、コンテナ対応ソリューションの強力なエコシステムの育成に取り組んでいます。

OpenShift Primedは技術対応度プログラムであり、ISVが自社のアプリケーションをOpenShiftと統合する場合の第一歩、およびそれらのISVがRed HatのTechnology Partnerプログラムの一環としてRed Hat Container Certificationに向かう際に辿るステップの評価として認定されます。コンテナへの移行を進めているISVだけでなく、インフラストラクチャおよびSaaS(Software-as-a-Service)パートナーを含む、OpenShiftテクノロジーを利用しているその他のパートナーもOpenShift Primedによるメリットを享受できます。認定を受けるために、ISVはOpenShift Originを含むOpenShiftの任意のバリエーションとの統合を示す技術的証拠(例:ソースコード、ハウツーガイド、またはデモビデオなど)を提出する必要があります。承認されたパートナーは様々なマーケティングリソースへのアクセスが可能になり、OpenShiftとの開発を積極的に行っているソリューションとしての認知度の向上に役立ち、コンテナテクノロジーソリューションを探しているRed Hatのお客様に対して自社のソリューションを提示できます。

また、お客様はOpenShift PrimedソリューションをOpenShift Hubで見ることもでき、自社のRed Hatデプロイメントを補完するISVソリューションの包括的エコシステムについて洞察が得られます。既存のOpenShiftのお客様は、OpenShift Primedソリューションのカタログにアクセスして内容を吟味し、特定の技術的ニーズに応じて自社の環境でそれらをテストすることができます。

発表の時点で、3scale、6fusion、CloudBees、CloudMunch、Couchbase、Crunchy Data、Diamanti、Dynatrace、GitLab、Iron.io、NGINX、Nuage Networks、Pachyderm、Roambee、およびSysdigを含む15社以上のISVがOpenShift Primedの認定を取得しています。

 

サポートコメント

Red Hat OpenShift担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Ashesh Badani

「OpenShiftは市場をリードするコンテナアプリケーションプラットフォームに進化しており、お客様のコンテナ採用を可能にするために、私たちはコンテナの採用をサポートする業界で最も幅広いエコシステムを育成したいと考えています。パートナー各社が、この認定コンテナソリューションを提供するための旅に乗り出すに当たって、認定プロセスの最初から彼らの成果とコミュニティへの貢献を評価したいと思います。OpenShift Primedは、このパートナーエコシステムを評価するためのプラットフォームを提供し、それを通して、オープンソーステクノロジーでコンテナアプリケーションソリューションを構築しているさらに多くのISVを繋ぐことができることを楽しみにしています。」

 

Couchbase 製品およびエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント Ravi Mayuram氏

「Couchbaseのお客様は、コンテナ化こそ自社のウェブ、モバイル、およびIoTアプリケーションを実行するインフラストラクチャスタックをより活用する方法だと考えています。スタート時点からOpenShift Primedテクノロジーに認められたことを大変嬉しく思います。これによって、両社共通のお客様がCouchbase ServerをOpenShiftプラットフォーム上で実行するメリットをフルに享受できるようになり、DockerとKubernetes上でのステートフルなアプリケーションの開発とデブロイが容易になります。」

 

Crunchy Data 最高執行責任者 Paul Laurence氏

「Crunchy Dataは、OpenShift Primedになったことを非常に嬉しく思います。最近の協業によって、私たちはOpenShift用のCrunchy Container Suiteを作成しました。Crunchy Container Suiteは、Docker形式のコンテナとKubernetesサービスを使用して、OpenShift内で動作するサービスとしてのデータベースの基盤を提供します。これによって、開発者は世界で最も高度なオープンソースデータベースのひとつであるPostgreSQLを、クラウドネイティブアプリケーションのデータ層として容易に使用できるようになります。Red Hatはこの作業における技術面およびビジネス面の素晴らしいパートナーであり、彼らと緊密に協力してこのテクノロジーを前進させることを楽しみにしています。」

 

GitLab CEO Sytse Sijbrandij氏

「Red Hatと共同作業を行い、OpenShift Primedに登録されたことを非常に嬉しく思います。両社の協業で、ユーザビリティに関するいくつかの機能強化を導入しました。一例として、OpenShiftクラウドクラスタではGitLabをワンクリックインストールの形で利用できるようになります。GitLabとRed Hatの協力体制によって、開発者とIT組織は自分たちのオープンソースプラットフォーム上でGitLabインスタンスをより容易に実行できるようになります。」

 

NGINX CEO Gus Robertson氏

「NGINXはOpenShiftに関してRed Hatと強力な協業関係にあり、当社のテクノロジーがOpenShift Primedとして認められたことを大変嬉しく思います。今日の主要組織の多くは、オンプレミスとクラウド内の両方で、ミッションクリティカルなアプリケーションの高性能ロードバランシングおよびトラフィックルーティングにNGINX Plusを採用することによって、より大量のユーザーへの対応と、より迅速で一貫性のあるユーザー体験の提供を実現しています。組織がさらに高い柔軟性と規模を達成するためにコンテナとマイクロサービスへの移行を続ける中、OpenShift Primedに登録されたことで、NGINXはより合理化されたエンタープライズアプリケーションの開発とデリバリーの未来を提供することができます。」

 

Nuage Networks CEO Sunil Khandekar氏

「お客様がRed Hat OpenShift上に実運用ワークロードをデプロイする場合、スケーラブルでよりセキュアなネットワークインフラストラクチャが必要になります。Nuage Networks Virtualized Services Platformによって、両社共通のお客様は、OpenShift、VM、および物理サーバーを含む異種混合のアプリケーション環境向けに、ポリシーベースのセキュリティ機能とネットワークを使うことができます。OpenShift Primedに登録されたことで、Nuage Networksは、エンタープライズのお客様が次世代クラウドアプリケーションへの移行を加速させるためのお手伝いをする立場になりました。」

 

3scale CEO Steven Willmott氏

「Red Hat OpenShiftを使用するお客様は、3scale API Gatewayをわずか数クリックでより簡単にデプロイし、Red Hatのエンタープライズクラスのコンテナプラットフォームが持つ多数のメリットを利用できます。この統合は、フルスタックのAPIソリューションを提供するためのRed Hatとの協業における、論理的な次のステップでした。OpenShift Primedに登録されることで、OpenShiftで動作する当社のテクノロジーを紹介することができ、OpenShiftエコシステムの一角を占めることを非常に嬉しく思います。」

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリード する Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた 革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できる かに関するリスク、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Kに基づく最新の年次報告書(コピーは SECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載 さ れているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げら れます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変 更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記 述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新 することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいか なる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Shadowmanロゴ、OpenShiftは、米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。