プレスリリース

Red Hat、業界で最も広範囲におよぶソリューションセットでLinuxコンテナの力を発揮

Red Hatのコンテナポートフォリオで、デスクトップからハイブリッドクラウドまで開発者、運用チーム、アプリケーション管理者向けのエンタープライズ対応オプションを提供開始

東京

[サンフランシスコ – RED HAT SUMIIT 2016 - 2016月6月28日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE: RHT、以下Red Hat)は本日、IT業界で最も包括的な、エンタープライズグレードのLinuxコンテナソリューションのセットの提供開始を発表しました。Red Hatのコンテナポートフォリオは、無償の開発ツールから、管理、PaaS (Platform-as-a-Service)、CaaS(Containers-as-a-Service)を統合する包括的なコンテナプラットフォームに至るまで、ほぼすべてのアプリケーションの配布ニーズに及びます。既存のIT投資やイノベーションのモダナイゼーションに対応し、Open Container Initiative (OCI)のコンテナフォーマットやKubernetesによるオーケストレーションといった重要なオープン標準規格をサポートしており、お客様はより安全性、移植性、一貫性の高いコンテナベースのソリューションを用いてこれまで以上にコンテナ化の恩恵を十分に活かせるようになりました。

Red HatのLinuxコンテナソリューションのポートフォリオはRed Hat Enterprise Linuxのエンタープライズグレードを基盤として構築されており、次のような製品を提供して新たなビジネスニーズに対応することを目指しています。

 

  • Red Hat Enterprise LinuxRed Hat Enterprise Linux Atomic Hostを用いた強く信頼性の高いLinuxコンテナオペレーティングシステム
  • Red Hat OpenShiftにおける多様な活用事例に合った、包括的なエンタープライズコンテナの開発、展開プラットフォーム
  • Red Hat Gluster Storageを用いたエンタープライズグレードのコンテナネイティブストレージ
  • Red Hat CloudFormsによるコンテナの一元管理

 

Red Hat OpenShift –広範囲にわたる企業のデプロイメントに対応する一つのコンテナプラットフォーム

2015年6月、Red Hat OpenShiftは、Red Hat Enterprise Linuxを基盤とするDocker、Kubernetes、Project AtomicおよびOpenShift Originのアップストリームプロジェクトから構築された最初で唯一のコンテナ中心のハイブリッドクラウドソリューションとなりました。OpenShiftは現在のIT投資を無駄にすることなく、コンテナベースでのデプロイのために、よりセキュアでより安定したプラットフォームを提供し、ミッションクリティカルな従来型のアプリケーションが、新しくクラウドネイティブなコンテナベースのアプリケーションと共存できるようにします。

Red Hatは本日、OpenShift技術に基づきコンテナ製品を大幅に拡充することを発表しました。これは開発者のデスクトップから実稼働環境、ハイブリッドクラウドに至るまで、企業が消費モデルでLinuxコンテナを十分に活かせるようにすることを目的としています。これにより、Red Hat OpenShiftはLinuxコンテナ採用のライフサイクルにわたって次のようなニーズに対応できるようになります。

 

  • Red Hat Container Developer Kitに含まれる形で無償提供されるRed Hat OpenShift Container Localにより、ローカルでの開発にコンテナを導入し開発者の生産性を高める。
  • Red Hat OpenShift Container Labにより、Linuxコンテナの導入を拡大し、企業が開発、テスト用の実稼働ではないサーバー環境でコンテナを評価できるようにする。
  • 開発から実稼働環境まで、ミッションクリティカルなアプリケーションの配布にコンテナを利用する企業をRed Hatのコンテナプラットフォームの主力製品であるRed Hat OpenShift Container Platform (OpenShift Enterpriseから改称) でサポートする。
  • Red Hat Cloud Suiteにより、お客様が従来型のデータセンターからプライベートクラウドに移行できるようにする。Red Hat Cloud SuiteとはRed Hat OpenStack Platform やRed Hat CloudFormsにRed Hat OpenShiftのコンポーネントを取り入れたものです。
  • 完全に管理されたパブリッククラウドのコンテナプラットフォーム製品であるOpenShift OnlineおよびOpenShift Dedicatedを、Red Hatが管理するパブリッククラウドで提供する。

 

Red Hat OpenShiftにより、新たにリリースされたRed Hat JBoss Enterprise Application Platform (JBoss EAP) 7、Red Hat JBoss Fuse、Red Hat JBoss BRMS、Red Hat JBoss Data Gridなど、コンテナアーキテクチャ内のRed Hat JBoss Middlewareサービスとより簡単に統合することができます。これにより、開発者は新しいアプリケーションをより早く構築、統合し、また既存のアプリケーションをより簡単に最新化してハイブリッドクラウド上のコンテナベースのインフラストラクチャで実行することが可能になります。

 

Red Hat Gluster Storage によるコンテナネイティブなストレージ

企業のオープンハイブリッドクラウド環境への移行に伴い、ソフトウェアベースのストレージが必要不可欠となっています。Linuxコンテナをソフトウェアベースのストレージと組み合わせることで、企業はこの移行をより簡単に自然に行うことができます。Red Hatは今日、コンテナ対応したRed Hat Gluster Storageをリリースし、この移行を可能とする最初のベンダーのうちの一社となりました。コンテナ対応したRed Hat Gluster StorageはRed Hatコンテナレジストリから入手できます。
この新しい製品は、サービスとしてのStorage-as-a-Serviceというビジョンに企業を近づけるものであり、ストレージを標準のコンテナにデプロイし、Kubernetesによるオーケストレーションを行い、Red Hat OpenShift上で実行される他のアプリケーションサービスと同様に管理することを可能とします。そしてRed Hatのコンテナスタック全体との完全な統合が含まれます。

 

Red Hat CloudFormsによるコンテナとクラウドの一元管理

管理はエンタープライズグレードのコンテナにおいて極めて重要な要素です。Red Hat CloudFormsはRed Hatコンテナスタックの一部としてコンテナの可視性と制御を確保した管理を実現します。ハイブリッドクラウドとコンテナ管理を一つのインターフェイスにまとめることで、Red Hat CloudFormsはユーザーがRed Hat OpenShift上で実行されるワークロードを確認できるようにしています。ユーザーはCloudFormsの他の管理機能と組み合わせて、コンテナからプラットフォーム層を経てIaaS(Infrastructure-as-a-Service)層または物理ホストまで関係を管理することができます。

 

企業のためにイノベーションを準備

Red Hatは、Linuxカーネルを発展させる技術からLinuxコンテナやオープンクラウドを動かすプロジェクトまで、幅広い範囲にわたるアップストリームコミュニティに参加しています。Red Hatの専門分野は、このような技術を組み合わせて、事業が革新するのに本当に役立つような強く安全なエンタープライズ向けのソリューションにすることです。この目標に向かって、Red Hatは最近Red Hat Open Innovation Labsを発表しました。これにより、お客様はマイクロサービスを利用して迅速にアプリケーションの開発、統合を行い、コンテナにデプロイし、オンデマンドで素早く拡大縮小できる物理、クラウド、モバイル環境にDevOpsの手法を用いて配信できます。

 

インターネット放送

Red Hat の製品およびテクノロジー担当プレジデントであるPaul Cormierが、本日の発表について2016年6月28日午前11時45分(太平洋時間)にRed Hat Summit会場からインターネットの生放送を行います。発言の後、報道関係およびアナリストの皆様は質疑応答セッションにご参加頂けます。インターネット放送への参加またはイベント後の再生の視聴は、こちらからできます。https://vts.inxpo.com/Launch/QReg.htm?ShowKey=32847

 

サポートコメント

Red Hat 製品・テクノロジー担当プレジデント Paul Cormier

「コンテナはオンプレミスから複数のパブリッククラウドまで、ハイブリッドクラウドにおける移植性を考慮に入れてパッケージ化されていますが、大げさに言ってもコンテナは根本的にはLinuxなのです。エンタープライズグレードのアプリケーションは多くのことを必要としますが、この要件はコンテナ指向の世界でも変わりません。オーケストレーション、管理、スケールの安全性や信頼性が向上して初めて、コンテナはエンタープライズの主流となることができるのです。Red Hatは本日、業界で最も広範囲におよぶエンタープライズグレードのLinuxコンテナ製品のポートフォリオを発表しました。これは受賞歴のある当社のサポートや巨大なパートナーエコシステムにより裏付けされるものです。Red Hatの新しいコンテナポートフォリオは、開発者にクラウドネイティブでコンテナ化されたエンタープライズアプリケーションを構築するためのツールを提供し、運用チームが新しいクラウドスケールのコンテナインフラストラクチャを管理できるようにし、企業がLinuxコンテナのメリットを十分に活用できるようにデータセンターの移行を支援して、IT組織全体のニーズに対応しています。」

 

KeyBank DevOps担当ディレクタ John Rzeszotarski氏

「銀行、金融サービス業界において、安全性、柔軟性、拡張性は、現代的なIT戦略の非常に重要な要素であり、クラウドネイティブなアプリケーションをコンテナ経由で利用する場合には特にそうです。Red Hat OpenShiftの機能を活用することで、KeyBankは、顧客体験をより一層充実させ、配信速度のスピード化を実現し、コンテナのオーケストレーションによりアプリケーションを最新化することができました。」

 

451 Research リサーチマネージャー Jay Lyman氏

「企業は開発環境と本番システムとの間に一貫性を保つことに強い関心を持っています。そうすればアプリケーションを迅速に開発しデプロイできるようになるからです。しかし、コンテナインフラストラクチャは、企業が期待する安全性や信頼性を備えていない場合があります。Red HatのOpenShiftとその他のコンテナ製品は、性能やイノベーションを犠牲にしない安定したエンタープライズグレードのソフトウェアと機能により、このような企業ニーズを満たすのに役立ちます。」

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリード する Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた 革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できる かに関するリスク、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Kに基づく最新の年次報告書(コピーは SECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載 さ れているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げら れます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変 更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記 述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新 することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいか なる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Shadowmanロゴ、OpenShift、JBoss、Gluster Storageは、米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。