プレスリリース

Red Hat、ハイブリッドクラウドアプリケーションの基盤となるJBoss EAP 7を発表

現在と将来の開発パラダイムの橋渡しを目的とするアプリケーションプラットフォームの最新版。開発者に向けにJBoss Core Services Collectionを提供開始

東京

[サンフランシスコ – RED HAT SUMIIT 2016 - 2016年6月27日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、市場をリードするオープンソースのJava EE 7準拠アプリケーションサーバーである Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7(JBoss EAP)の提供開始を発表します。また、一般的な機能のアプリケーションコンポーネント郡であるJBoss Core Services Collectionを発表します。JBoss EAP 7は、エンタープライズ向けで軽量かつモジュール性の高いクラウド対応のプラットフォームを必要とする新しいアーキテクチャや、プログラミングパラダイムへの移行する際に既存のアプリケーションを活用し拡張する手助けになることを目指しています。

JBoss EAP 7は、広く使われているJava EE 7 APIとDevOps開発を支援する最新の技術をあわせ持った製品です。DevOps開発にはハイブリッドな環境で開発できる受賞歴のある統合開発環境(IDE)のJBoss Developer Studio(オンプレミスまたクラウド内のアプリケーションのビルド、テスト、およびデプロイに無償で使用可能)や、Jenkins、Arquillian、Maven など様々なWeb およびJavaScript フレームワークが含まれます。JBoss EAP 7は軽量かつ少ないメモリ使用量で動作することを特徴とし、エンタープライズ向けの従来のアプリケーションまたは、マイクロサービス形式のモジュール性の高いアプリケーションのいずれかを構築する場合にも適しています。

JBoss EAP 7は、クラウド環境に最適化されており、Red Hat OpenShift Container Platform(OpenShift)とともにデプロイすることで、コンテナ、ロードバランシング、スケーリング、モニタリング、およびIDEからコンテナへの直接デプロイメントが可能になります。これにより開発者の生産性が向上するなどのメリットを提供します。さらに、JBoss EAPとOpenShiftの組み合わせにより重複する機能が不要になるため、DevOps環境のアーキテクチャ上の効率が向上し、さらにOpenShift上でミドルウェアコンポーネントを使用する場合より効率的です。

 

Core Services Collection

JBoss Core Services Collectionは、Webシングルサインオン、HTTPロードバランシング、プロキシ等の、エンタープライズアプリケーションのための共通の一般機能に加え、アプリケーションとサービスの管理および監視機能も提供します。Red Hat JBoss Middlewareサブスクリプションの一部として含まれ、お客様は追加費用なしで、各コンポーネントバージョンに対してオンラインサポート、電話サポート、アップデート、パッチ、およびセキュリティ修正を受けることができます。

JBoss Core Services Collectionは、Red Hat JBoss Operations Network、Apache HTTPサーバー、IISおよびiPlanetウェブサーバー用コネクター、Apache Commons Jsvc、およびRed Hat SSOが含まれます。

 

JBoss EAP 7 パートナーエコシステム

今年、Red Hatはオープンソース企業として世界で初めて20億ドル以上の売上高を記録しましたが、この偉業の一部を支えたのは、OEM、ディストリビュータ、およびリセラーパートナーの広範なチャネルに加えて、ISV、システムインテグレータ、および付加価値再販業者(VAR)で構成されるRed Hatのパートナーエコシステムです。

JBoss EAP 7の発表は、Red Hatにとって新しいマイルストーンであり、パートナー向けに製品ポートフォリオをさらに拡張します。また、ハイブリッドクラウドアプリケーションの基盤となるアプリケーションプラットフォームを強化することにより、コンテナやマイクロサービスアーキテクチャなどの新しいアプリケーションアプローチを示します。

JBossの買収によってRed Hatが正式にエンタープライズアプリケーション開発市場に参入してから2016年6月で10周年になります。後にJBoss EAPになるテクノロジーがこの買収の中心であり、Red Hatを世界的なオープンソースのリーダーの座に押し上げただけでなく、オープンソースがエンタープライズコンピューティングにおけるイノベーションの事実上の標準になるための道を築きました。

現在も、引き続きJBoss EAPはエンタープライズアプリケーション開発に対する取り組みの要であり、Amadeus、American Product Distributors、TMG Health などの主要業務に不可欠なアプリケーションの作成、統合、デプロイ、および管理に使用され、軽量かつコンテナ/クラウド対応のミドルウェア製品ポートフォリオの基盤としての役割を果たしています。

10年前にアプリケーション開発市場に参入して以来、Red Hatは受賞歴のあるコンテナアプリケーションプラットフォームのOpenShift、Red Hat Mobile Application Platform、およびRed Hat Developerプログラムを含む15以上のアプリケーション開発製品/サービスへの拡張し、それによりRed Hatは、軽量かつ柔軟な、オープンソースのアプリケーション開発プラットフォームを求める開発者に、真の選択肢を提供することができました。

 

提供開始時期

Red Hat Developersコミュニティのメンバーは、JBoss EAPをダウンロードすることが可能です。お客様は、Red Hatカスタマーポータルから最新版を入手できます。

 

サポートコメント

Red Hat ミドルウェア担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Mike Piech

「組織は、新しいアーキテクチャやプログラミングパラダイムにいつどのように移行するかを選択できるべきです。この自由はオープンソースの特徴であり、Red Hatで採用されているものです。JBoss EAP 7は、現在のビジネス構築・管理の現実と、将来のITイノベーションの目標との橋渡しをするように配慮されたバランスの良いビジョンによって、エンタープライズITと開発者の両方のニーズに対応します。」

 

Swisscom AG ミドルウェアおよびLinuxエンジニアリングサービス Susan Wood

「当社は、様々なコアビジネスアプリケーションをサポートするために2012年からJBoss EAPを使っていますが、オープンソースベースであること、およびRed Hatが優れた商用サポートを提供していることから、他のいかなるエンタープライズアプリケーションサーバーよりもクリティカルな環境に適していると思っています。このプラットフォームが持つ安定性、性能、および使いやすさに加えて、Swisscom内の多数のチームから好評を得ている既存のRed Hat Enterprise Linuxシステム環境への実装が容易である点が大変気に入っています。」

 

日本電信電話株式会社 NTT オープンソースソフトウェアセンタ センタ長 岩田 雅彦氏

「NTT OSSセンタでは、長年オープンソースをNTTグループ内のミッションクリティカルな基盤システムに活用すべく取り組んでまいりました。オープンソースコミュニティのメンバーとして、またJBoss EAPのユーザーとして、長年レッドハットと共にアプリケーションサーバー技術の機能改善、品質向上に取り組み、現在では多数のシステムで利用しています。最新Java EE7に準拠したJBoss EAP 7の発表を大変嬉しく思います。また、引き続きレッドハットとともにNTTグループでの利用を推進していく予定です。」

 

RedMonk 主幹アナリスト Stephen O’Grady

「エンタープライズJava EEユーザーの間で、コンテナ、クラウド、およびマイクロサービスに対する欲求が高まっているため、それらのエンタープライズとそこで勤務する開発者に、現在から将来への橋渡しに必要なツールを提供することが、ベンダーにとって絶対条件になっています。これは、Red HatがJBoss EAP 7の発表に当たって特に重視した部分のひとつです。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリード する Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた 革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できる かに関するリスク、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Kに基づく最新の年次報告書(コピーは SECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載 さ れているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げら れます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変 更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記 述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新 することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいか なる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Shadowmanロゴ、OpenShift、JBossは、米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。