プレスリリース

レッドハット、企業のイノベーションとデジタル変革を推進する取り組みを強化。「Red Hat Open Innovation Labs」サービスを国内提供開始

Open Source Wayにより、組織横断的文化の醸成、アジャイル開発、DevOpsの実現を支援

東京

レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:望月 弘一、以下:レッドハット)は、2016年8月に国内市場において発表以来実施してきた「DevOpsディスカバリーセッション/ワークショップ」を拡張・拡充する、「Red Hat Open Innovation Labs」サービスを、本日より日本国内において提供開始します。

ここ数年、ITシステムに関わるビジネス、開発(Dev)、運用(Ops)担当者が横断的に協調し、ITシステムの価値を継続的に提供・向上するための手法であるDevOpsを活用し、アジャイル開発による新サービスの開発を試みる企業が日本でも生まれてきました。しかしながら、古くからシステム・インテグレーターに企業内システム開発を委託し、社内における開発手法を問われることが少なかった日本企業の中では、比較的導入が難しいと言われてきました。

このような中、一定の品質を確保しながらもスピード感を打ち出す、ソフトウェア開発とIT運用管理の新たなアプローチとしてDevOpsを体感・導入いただくため、レッドハットでは、2016年8月より、コンテナ技術と関連製品ポートフォリオでの実績を基に、「DevOpsディスカバリーセッション/ワークショップ」を導入。その後、アジャイルAPIインテグレーション、アプリケーションモダナイゼーション、IT自動化など新たなディスカバリーセッションも加え、既に100社を超えるセッション実施実績を誇っています。

今回、上記に加え、企業における文化/組織、プロセス、技術の3要素において革新的な変化をもたらす、より包括的な取り組みとして「Red Hat Open Innovation Labs」サービスを展開します。

このサービスは、集中的な常駐形式の環境で、レッドハットのコンサルタント、エンジニア、対象分野の専門家と密接に連携し、顧客企業におけるビジネス課題を共に解決します。標準的な常駐期間は4〜12週間で、組織横断的な協業によるプロトタイピングプロジェクトを実践、お客様のチームはアジャイル開発やDevOps導入の方法論を学びます。

また、上記専門家の派遣に加え、プロジェクトで利用可能なインフラ及び開発環境を合わせて提供することで、DevOpsやマイクロサービスを実現させたいが経験や人的資源が不足、もしくは対応するインフラ環境をなかなか準備できない顧客企業に対してプロジェクトの成功を支援します。

さらに、レッドハットとの協業によりOpen Source Way(オープンな意見交換、参加/協業、実力主義)を体感することで、オープンな文化が企業の変革にもたらす価値を体得し、真に継続的な企業のデジタル変革を実現可能にする知識と経験を身につけることができます。


サポートコメント

レッドハット株式会社 執行役員 サービス事業統括本部 統括本部長 水橋 久人

「多くの企業がデジタルテクノロジーを駆使して顧客体験を向上させ、企業価値を高める取り組みを模索しています。Red Hat Open Innovation Labsサービスを活用いただくことで、顧客企業は、レッドハットの専門家との協業によりビジネス課題を共に解決することが可能です。また、組織横断的なプロトタイピングプロジェクトを実践することで、チームはアジャイル開発やDevOps導入の方法論を習得できます。レッドハットのユニークなDNAとOpen Source Wayを体感いただけるのも大きな特徴です。」

                       

関連リンク:

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする レッドハットは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。レッドハットは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、為替レートの変動、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、当社製品とその他のデータのセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Shadowmanロゴは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。