プレスリリース

40ヶ国以上で200以上の組織がRed HatのOpenShift Commonsに参加

プライベートおよびパブリッククラウド両方のサービスプロバイダーが金融機関、高等教育機関、および政府機関の顧客やパートナーと、OpenShiftプラットフォーム、コンテナ、およびオーケストレーションテクノロジーで協業

東京

[ノースカロライナ州ラーレー2016年5月18日(現地時間)発表] 米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、40ヶ国以上において200以上のメンバーの他に、プライベートクラウドとパブリッククラウド両方のサービスプロバイダー、並びに金融機関、高等教育機関、および公的機関の顧客やパートナーを含む主要産業がOpenShift Commonsに参加していることを発表しました。OpenShift Commonsはオープンソースコミュニティであり、その範囲は顧客、パートナー、およびコントリビューターがコンテナプラットフォームの大規模導入に関するベストプラクティスを共有し協業を行う複数のプロジェクトに及びます。OpenShift Commonsコミュニティは、Kubernetes、Docker、Ansible、Project Atomicなどを含むOpenShift Originに組み込まれる複数のアップストリームプロジェクトの架け橋となるように設計されています。

2015年の設立以来、OpenShiftのパートナー、コントリビューター、および顧客の視点からコンテナアプリケーションの開発とデプロイメントに関心を持つメンバーが集まったOpenShift Commonsは、業界で最もユニークかつ堅牢なコミュニティの1つとして台頭してきました。OpenShift Commonsに新たに参加した顧客、パートナー、およびサービスプロバイダーには、Charter Communications、ConsensysCox AutomotiveDatadog、Infosys、Skatteetaten (ノルウェー税務署)、Tata Consulting Services、ミシガン大学、およびVMTurboが含まれます。

ベンダーがスポンサーを務めるその他のソフトウェアコミュニティと異なり、OpenShift Commonsは入力情報をまとめ、ユーザーがベストプラクティス、運用知識、および特別なトピックに関するブリーフィングにアクセスできるようにしたものです。OpenShift Commonsコミュニティは、クラウドネイティブアプリケーションを構築する参加者とコンテナプラットフォームであるOpenShiftをデプロイする参加者が共有する共通の関心事項に焦点を絞っています(これらのサービスがホストされている場合)。これらのクロスコミュニティの会話と協業は、コンテナアプリケーション業界を前進させる上で主要な役割を果たします。

さらに、Red HatはKubernetesとPrometheusプロジェクトのコードをOpenShiftに組み込み、その結果として得られるオープンソースのコンテナベースクラウドにおいて完全な相互運用性を確保するために、Cloud Native Computing FoundationとOpen Container Initiativeに積極的に参加しています。また、OpenShiftユーザー基盤の拡大と多様な実稼働環境に対応するために、新たな領域を網羅してOpenShift Commons Briefingsを拡充しています。新たなブリーフィングでは、アップストリームのKubernetes、Dockerアプリの構築、およびコンテナセキュリティ機能などのトピックを網羅しています。OpenShift CommonsのSpecial Interest Groupsも規模が拡大しており、OpenShift 3の特徴である新たなコンテナアプリケーションプラットフォーム機能、特定のトピック、および運用、.edu、イメージビルダ、およびビッグデータなどの縦断的なユースケースを網羅しています。

 

サポートコメント

Red Hat 製品およびテクノロジー担当社長 Paul Cormier

「私達が見てきたとおり、コミュニティメンバー、当社のパートナー、および顧客が推し進めてきたOpenShift Commonsの実質的な成長は、真にオープンなコミュニティモデルによってコンテナアプリケーションスペースのイノベーションが達成できることを裏付けています。Red Hatは、クロスコミュニティの協業が成功し、メンバーが最も関心を持つコンテナアプリケーションの開発領域を追及できる環境を整備していることを誇りに思います。」

 

ELOS Technologies CEO Stanislav Polášek氏

「OpenShift Commonsの新メンバーの一員として、ELOS Technologiesは当社のクライアントと当社自身のためにOpenShiftをより迅速にデプロイできることを期待しています。OpenShift Commonsにおける情報の共有と協業によって、当社はKubernetesとコンテナについて十分把握し、当社顧客に対してより多くのビジネス価値を提供することができます。そのお返しとして、当社は将来的にOpenShift Commonsコミュニティに貢献できればと考えています。」

 

Tremolo Security Inc. CTO Marc Boorshtein氏

「Tremolo Securityにとって、当社のアイデアを打診し、「エコーチェンバー」化を回避するために、OpenShift Commonsを通じて開発者やオペレーターと相談することができるため、より適切なID管理プロジェクトと製品を構築することができます。この業界においては、数多くのメンバーを抱えるグループの中で、各種分野のパートナーや顧客が共同で取り組んでいるグループはほとんどありません。」

 

Univa Navops担当バイスプレジデント Rob Lalonde氏

「当社はソリューションプロバイダーとして、OpenShift Commonsは OpenShiftコミュニティの仲間とのネットワークを活かした素晴らしい意見交換の場であると考えています。このコミュニティは実世界のユースケースにおいて、また、技術者が実際の技術的課題に取り組む場合に重要となります。このコミュニティは発展し続けており、この活気に満ちたコミュニティに今後も参加できることを期待しています。」

 

Villamedia テクノロジーディレクター Sebastian Villa氏

「OpenShift Commonsのメンバーである利点の1つとして、VillamediaはOpenshift Dedicated Early Accessプログラムに参加し、提供開始前にOpenShift 3で密接に連携し、プロジェクトに従事するエンジニアにフィードバックを提供しました。それ以来、当社はこの感動的な経験と利点を当社の顧客や仲間と、およびOpenShift Commons全体で共有してきました。OpenShift Dedicatedによって、私達がかつて依存していた従来のシステムに関連するインフラやDevOps(開発運用)に伴うオーバーヘッドなしに、当社のチームは拡張可能なコンテナ化されたウェブアプリケーション、モバイルアプリケーション、およびクラウドアプリケーションを強化する素晴らしいソフトウェアを構築することができます。」

 

Weaveworks CEO兼Cloud Native Computing Foundation TOC議長 Alexis Richardson氏

「本日のニュースは、OpenShift Commonsが世界規模で深く広く浸透していることを証明しています。現在、40ヶ国以上において200以上の組織が参加するOpenShift Commonsは、オープンソースのクロスコミュニティが協業するための効果的な新モデルとして台頭しています。Weaveworksは、安定した、よりセキュアかつ完全なオープンソースクラウドを提供するために、コンテナソリューションとクラウドネイティブソリューションで協業するというRed Hatのコミットメントを共有します。コンテナベースのマイクロサービスアーキテクチャを迅速に導入するために、Weaveworksは喜んでこのコミュニティの一員となり、Red HatおよびCloud Native Computing Foundationのその他のメンバーと共に、よりクラウドネイティブな協業を実現できることを期待しています。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリード する Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた 革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューションRed Hat, Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供してい ます。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴 訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来 事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来 予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適 時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できる かに関するリスク、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知 的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の成長と国際的活動に対する実 効性がない管理と統制、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Kに基づく最新の年次報告書(コピーは SECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載 さ れているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げら れます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変 更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記 述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新 することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいか なる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linuxは、米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国及びその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。