プレスリリース

Red Hat、シンプルで柔軟なクラウドネイティブ開発を実現するRed Hat OpenShift Application Runtimesを提供開始

OpenShift上のマイクロサービスベースのプリケーション開発とデリバリーを促進

東京

[ノースカロライナ州ローリー - 2017年12月5日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は、本日Red Hat OpenShift Application Runtimesの提供開始を発表しました。このRed Hat OpenShift Application Runtimesは、マイクロサービスベースのアプリケーション構築や実行を規範的に行うための、厳選されたフレームワークとランタイムを提供し、企業や組織のクラウドネイティブアプリケーション開発を促進します。

デジタル変革は、新しい競争相手、コミュニティ、テクノロジー、ビジネス戦略によって特徴付けられた市場において、企業が競争力を高めるために与えられた改革の機会です。このような状況下では、適応性が生存競争の鍵となり、Linuxコンテナ、API管理、サービスベースアーキテクチャ、およびDevOpsの自動化を活用したクラウドネイティブ開発ソリューションが、企業や組織にとって予期できない変化に対応し、競合先に打ち勝つための強い味方となります。

Red Hat OpenShift Application Runtimesは、複数の言語とフレームワークによるマイクロサービスを開発するための、高度に統合・サポートされたサービスを提供することにより、新規アプリケーション構築および既存アプリケーション再構築の両方において、開発者の選択の自由と標準化とサポートのための運用上の要件のバランスをとることを目指しています。2017年9月に行われたRed Hatの顧客調査によると、回答者の大多数(87パーセント)は、マイクロサービスの開発に複数のランタイムとフレームワークを使用しているか、使用を検討していると回答し、そのうちの44パーセントが、適切なツールを適切なタスクに使用したいと述べています。

Red Hat OpenShift Application Runtimesは、複数のランタイム、言語、フレームワーク、アーキテクチャをサポートし、主に以下の特徴と利点があります。

  • 開発の単純化:この製品により、OpenShift Container Platformの機能と、ウィザードベースのセットアップ、サービス検出、外部構成、フォールトトレランス用のサーキット・ブレーカーを含む複数のランタイムおよびフレームワークを統合し、クラウドネイティブなアプリケーション開発の複雑さ軽減します。
  • 戦略的な柔軟性:Red Hat OpenShift Application Runtimesは、ハイブリッドクラウド構成をサポートするため、クラウドプロバイダーのロックイン回避に役立ちます。クラウドコンピューティングの分散の実現において、ランタイムおよびフレームワークへの“1つのサイズですべてに合う”といった画一的アプローチは、企業の生産性にとって効果が薄いものになりつつあることを意味します。この製品によって開発者は、好きなツールを使って、ハイブリッドおよびマルチクラウドのアプリケーションやシステム用のサービス構築の際の柔軟性を得ることができます。
  • デリバリー速度:Red Hat OpenShift Container Platformとの統合によって、Red Hat OpenShift Application Runtimesは、アプリケーションとそのコンポーネントのプロビジョニング、ビルド、デプロイのためのフル自動化プラットフォームを開発者に提供します。Git、Maven、Jenkinsといった継続的インテグレーションと継続的デリバリー(CI/CD)ツールとの一体化だけでなく、Kubernetesのワークフローをより安全で合理的なものにするための直感的なツールを備え、ポリシーベースの制御と自動化によるアプリケーションのロードバランシング機能と自動スケーリング機能を可能にしています。
  • サービスカタログの統合:OpenShift Service Catalogと組み合わせることで、IT部門は、クラウドベースのサービスの統合によって、マルチクラウドへの投資を十分に活かすことが可能になります。また、OpenShiftとAWSとの統合やRed Hat OpenShift Application Runtimesを用いて社内で開発した機能により、ステートフルやステートレスなマイクロサービス・ベースのITフットプリント全体のアプリケーションの移植性と一貫性を手にいれることができます。

Red Hat OpenShift Application Runtimesで使用可能な認定およびサポートされたランタイムには、JBoss EAP(Java EE)、WildFly SwarmEclipse MicroProfileEclipse Vert.xNode.jsSpring Boot などがあります。

提供開始時期

現在、Red Hat OpenShift Application Runtimesは入手可能です。お客様は、Red Hatカスタマーポータル、もしくはOpenShift Onlineで最新のリリースをダウンロードすることができます。

 

サポートコメント

Red Hat ミドルウェア担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Mike Piech

「クラウドネイティブでコンテナ化されたマイクロサービスベースのアーキテクチャという新しい世界は、かつてないほどに迅速かつ柔軟な方法で、企業にイノベーションをもたらします。しかし、それを性能、信頼性、セキュリティ改善を伴い規模を拡大するには、エンタープライズクラスのランタイムの能力が必要となります。Red Hat OpenShift Application Runtimesは、Red HatのRed Hat JBoss Middleware での10年以上にわたる経験を、次世代のマイクロサービスベースのアプリケーション開発のためにゼロから作られたこの新しいランタイム製品によって証明します。」

Vizuri シニアバイスプレジデント Joe Dickman

「クラウドネイティブなアーキテクチャに時間や資源を投入している組織は、コンテナ化されたワークロードを活用して、変化する顧客のニーズに迅速に対応できる堅牢で柔軟性があり信頼性の高いインフラを備えることに目を向けなければなりません。Red Hat OpenShift Application Runtimesは、好きなツールを使用して無数の環境でインフラとアプリケーション・リソースの提供と使用停止を行うプログラマブルな方法で、ハイブリッドおよびマルチクラウドのアプリケーションやシステム用のサービスを構築するための基盤を確立するものです。」

IDC ソフトウェア開発 &オープンソース担当グループバイスプレジデント Al Gillen

「DevOpsやマイクロサービス、クラウドサービス、最新のアプリケーション開発に投資している企業は、ビジネスに重点を置いたイノベーション、競争力のある差別化の促進、ユーザーからの予期せぬ要求やビジネス要件への迅速な対応といった多くのメリットを感じることができています。アジャイルやDevOpsの運用モデルを採用している先見の明のあるCIOやCEOは、アプリケーションデプロイメントの頻度向上、コードの高品質化、ユーザー中心の機能の提供と進化の迅速性、新製品や機能のイノベーション力の向上などの効果を実感していることでしょう。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする レッドハットは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。レッドハットは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた革新的なテクノロジーの創出を支援しています。http://www.redhat.com をご覧ください。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、為替レートの変動、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、当社製品と当社の製品が依存する第三者のハードウェア、その他のデータのセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Shadowmanロゴ、Red Hat Enterprise Linux、JBoss、OpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。