プレスリリース

UKCloud、Red Hat OpenStack Platformで英国の公共部門向けにソリューションを構築

政府御用達のクラウドプロバイダーがオープンイノベーションに基づくコスト効率の良いセキュアなクラウドサービスを提供し、顧客をプロプライエタリのクラウドプラットフォームから解放

東京

[スペイン・バルセロナ – OPENSTACK SUMMIT – 2016年10月25日(現地時間)発表]米国報道発表資料抄訳

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)は本日、英国政府の最大のパブリッククラウドプロバイダーであるUKCloudが、公共部門の顧客によるデジタル変革を先導するために、Red Hat OpenStack PlatformとRed Hat Ceph Storageによる標準化を行ったと発表しました。このIaaS(Infrastructure-as-a-Service)クラウドプラットフォームは、必要なレベルのスケーラビリティ、性能、および保証を提供することによって、UKCloudの顧客がデジタルサービスを国民に直接提供できるように設計されています。

UKCloudは、内閣府、運転免許庁(DVLA)、内務省、歳入関税庁(HMRC)、および国防省 (MOD)を含む、医療、国防、警察・刑事司法などの分野に渡る英国の公共部門の組織にパブリッククラウドを提供しています。同社のサービスは、国民向けウェブアプリケーションと、公共部門のネットワークを通して利用可能な政府の機密システムの両方をホスティングするために、広範に使用されています。デジタルサービス革新の最前線に立つ顧客向けに純粋なクラウドネイティブアプリケーションをサポートする必要性が高まっているため、UKCloudは実績あるエンタープライズプラットフォームをRed Hatのオープンテクノロジーで補完する必要がありました。

採用しやすく、使いやすく、移行しやすいサービスの提供という基本原則に則り、UKCloudはプロプライエタリなグローバルクラウドプラットフォームの代替としてオープンソースを積極的に推進しています。さらに、公共部門全体の迅速な革新を実現する上で重要になるInfrastructure-as-Codeツールとのネイティブな互換性に対する要求が同社の顧客の間で高まっています。そのため、UKCloudは破壊的クラウドネイティブインフラストラクチャサービスの基盤としてOpenStackを選択しました。

UKCloudがRed HatをOpenStackのテクノロジーパートナーに選んだ最大の理由は、全世界のエンタープライズ向けにセキュアな、実運用対応のプラットフォームを開発してきた確かな経験と、それを支える信頼すべき技術的専門知識およびサポートです。UKCloudは一部の先駆的な顧客向けパイロット環境の提供をRed Hatに打診しました。非常に短時間で、Red Hat OpenStack PlatformはUKCloudの顧客が必要とする性能、スケーラビリティ、およびセキュリティの規格を満たし、迅速に実運用サービスに移行できました。その一環として、UKCloudはRed Hat Ceph Storageへの投資を行い、大規模での信頼性の保証に支えられた、柔軟でコスト効率に優れたクラウドデータストレージを実現しました。

緊密な共同作業を通して、Red HatとUKCloudはわずか6か月という厳しいスケジュールで実運用環境を構築しました。これによって、クラウドコンピューティングに基づくテクノロジーサービスを使用した公共事業体の調達プロセス簡素化を目指す英国政府のイニシアティブであるG-Cloudの期限に間に合わせることができました。UKCloudは、革新的な成果をオープンソースコミュニティに反映するための貢献を続けており、公共部門およびパートナーコミュニティ内における部署間のベストプラクティス共有を推奨しています。

 

サポートコメント

UKCloud CEO Simon Hansford氏

「当社は、公共部門の顧客が英国民に対し、直観的で信頼性の高い信用できるサービスを提供できるようにするための取り組みを続けています。非常にスケーラブルでオープンなプラットフォームとしてRed Hat OpenStack Platformを採用したのは、プロプライエタリプラットフォームではなくオープンソースとオープンスタンダードを採用するという英国政府の戦略に準拠したデジタルクラウドネイティブアプリケーションの提供という顧客ニーズに直接応えるためです。Red Hatの広範なオープンソースの能力と専門知識があれば、実証済みの、高度なセキュリティと大規模なスケーラビリティを備えたプラットフォームを提供できると確信していました。Red Hatが提供してくれた専門性とリソースによって、新しいOpenStackベースのクラウドネイティブインフラストラクチャサービスの提供開始を早めることができ、すでに顧客はこのサービス上で価値を実現しています。当社は最新の革新を英国の公共部門に提供することに全力を注いでおり、Red Hatのアップストリーム優先の開発モデルとオープンソースコミュニティに対する取り組みは、その重要な要素です。」

 

Red Hat OpenStack担当ゼネラルマネージャー Radhesh Balakrishnan

「顧客のデジタルアプローチによる英国民へのサービス提供を先頭に立って実現しているUKCloudと共同作業できて光栄に思います。英国の公共部門向けパブリッククラウドプロバイダーとして市場をリードするUKCloudは、その規模とフォーカスを使って革新を続けてきました。Red Hat OpenStack PlatformとRed Hat Ceph Storageによって、UKCloudは英国の公共部門サービスを変革するという英国政府のデジタル戦略に準拠したオープンクラウドソリューションを手に入れました。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードする Red Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージおよび仮想化テクノロジーを提供、さらに サポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。Red Hatは、企業、パートナーおよびオープンソースコミュニティのグローバルネットワークの中核として、成長のためにリソースを解放し、ITの将来に向けた革新的なテクノロジーの創出を支援しています。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、為替レートの変動、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、データと情報のセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、並びに、当社のForm10-Qに基づく最新の四半期報告書(コピーはSECのウェブサイトhttp://www.sec.govから入手可能)に掲載されているその他の要因(同ウェブサイトの「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の考察と分析」の項に掲載されている要因)などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Shadowmanロゴは、米国とその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。LINUX®は米国とその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundationの登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。