言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

Open Innovation Labs

アプリケーション開発プロジェクトの速度を高めていくことができます。革新的なオープンソーステクノロジーを活用し、プロトタイプを素早く構築し、DevOps を導入し、アジャイル開発を導入できるようチームを支援します。Red Hat のエキスパートによる実践的なガイダンスを今すぐ活用しましょう。

チームへの利点

従来の問題を解決し、新しい課題に挑戦

Open Innovation Labs は、3 ~ 6 人のチームが最長 8 週間にわたり、Red Hat エキスパートから集中的な研修を受けることのできるサービスです。チームは、アジャイルな手法とオープンソースツールを用いて The open source way (オープンソースウェイ)について学習し、コンサルティングサービスの初日から企業のビジネス上の課題に取り組みます。最初のディスカバリーセッションでは、協議しながら範囲を定めて、目標を設定します。

実践的な経験

  • 開発に多くの時間をあてる:プッシュボタン式のインフラストラクチャにより、初日から機能の開発を開始
  • 機能リリースを迅速化:導入パイプラインを使用した継続的デリバリー
  • Red Hat® ポートフォリオ全体にアクセス:モジュール式プラットフォームでの開発やテストに活用
  • コラボレーション学習:Red Hat のエキスパートや、より大規模なオープンソースコミュニティとの連携
  • DevOps の知識を学習しながら適用DevOps に特化した Red Hat 認定資格の取得を目指した実践

Red Hat Way(レッドハットウェイ)のイノベーション

  • 組織が必要とするものを開発:プロトタイプアプリケーションや機能など
  • 部門を越えた設計と開発:研修後すぐにアジャイル手法を組織に適用し DevOps 戦略を活用
  • 完了した作業を組織に移行:迅速かつスムーズに移行
  • Red Hat コンサルティングエキスパートによる継続的な指導とコラボレーション、およびチームからの継続的なサポート
  • オープンソースコミュニティへの貢献や学習:コミュニティ主催のイベントに参加

プッシュボタン式のインフラストラクチャで
初日から開発を開始

インタラクティブなメニューを使用してさまざまなサービス、ツール、インフラストラクチャを組み合わせることで、独自のカスタマイズした Open Innovation Lab テクノロジースタックを作成し、アプリケーション開発の要件を満たすことができます。

Open Innovation Labs

コミュニティによって強化される技術革新のパートナー

対象者

Red Hat Open Innovation Labs は、柔軟性と創造性に富むオープンマインドな開発者、システム管理者、IT 管理者たちのチームを対象としています。新しい革新的な方法で問題を解決することに意欲を抱いている人たちです。特に、指導とコラボレーションを通してソリューションを組織に共有/浸透させる影響力を持つ人たちを歓迎しています。

Red Hat Open Innovation Labs のエキスパートは、Red Hat コンサルティング、エンジニアリング、ビジネス部門、およびグローバルサポートサービスのチームから成っています。

目的

Red Hat Open Innovation Labs では、オープンソース方式による開発、アジャイルなワークフロー、およびこれらをオープンソースツールと組み合わせて DevOps 戦略を定義する方法について理解できるようチームをサポートします。

これには、迅速なアプリケーション開発のために最適化されたオープンソース・インフラストラクチャや、継続的インテグレーションおよび継続的デリバリーの実現に理想的なアジャイルな手法が含まれます。Red Hat のエキスパートとの共同作業によって、アプリケーションまたはアプリケーション機能のプロトタイプをチームで完成させること(既存のアプリケーションのモダナイゼーションまたは新しいアプリケーションの開発)ができます。作業完了後には、このような知識を同僚たちと共有し、組織全体に広める準備ができています。

開催地

Open Innovation Labs は、マウンテンビュー、ボストン、ロンドン、あるいはご希望の場所で開催されます。Lab にお越しいただくことも、こちらから伺うこともできます。

87% のIT リーダーは、デジタルトレンドの影響で IT 業界が多かれ少なかれ混乱すると予測しています。自分の組織はこうした混乱に対する備えができていると回答したリーダーは、その 44% にすぎません。

出典: MIT Sloan Management Review and Deloitte, Aligning the Organization for Its Digital Future, July 2016.

企業文化

Red Hat にとって「オープンソース」とは、テクノロジーを生み出す、実証されたコラボレーションの手法です。自由にコードを確認し、学び、質問して改善を提案できる、それが The open source way(オープンソースウェイ)です。

プロセス

Open Innovation Labs のアジャイル手法は、自動化とチーム間コラボレーションによる、素早い反復、定期的な優先順位付け、および継続的デリバリーに重点を置いています。チームは成熟した DevOps 戦略を採用することで、週単位ではなく、時間単位で価値を提供することに注力します。

ツール

Open Innovation Labs では、オープンソースツールおよび自動化が、プッシュボタン式のエンタープライズ・インフラストラクチャの基盤となっています。Red Hat のスタックは Red Hat OpenShift Container Platform によって強化され、Ansible by Red Hat で自動化されたコンテナ上に構築されており、1 時間以内に導入し、使用を開始することが可能です。

将来に備える

関連資料

データシート

Red Hat Open Innovation Labs のデータシート

企業チーム向けの集中的できめ細やかなサービスである Red Hat Open Innovation Labs は、現代のビジネス課題に取り組むうえで不可欠な人員、プロセス、テクノロジーを提供することで、企業の技術革新の迅速化を支援します。

e ブック

PaaS、DevOps、およびアプリケーション統合で、より迅速にアプリケーションを提供

Platform-as-a-Service(PaaS) は、IT 組織全体に多くの利点をもたらします。開発者にとってはコーディングに集中する自由度が増し、IT 運用担当者はチケットの管理や環境の拡張を行うことなく制御を維持できます。

データシート

コンテナプラットフォームによるアプリケーション提供のモダナイゼーション

コンテナは、インフラストラクチャ、DevOps、およびアプリケーション開発の全体を通して、ツール、グループ、プロセスに影響を与えます。安全で確実な導入を成功させるには、これらに並行して取り組む必要があります。

ホワイトペーパー

Java アプリケーションをモダナイズするためのプラットフォーム

組織は、目標や戦略を明確に定め、コミュニケーションを改善し、誰もがよく理解できる統制のとれた分散アーキテクチャに移行する必要があります。

データシート

Red Hat OpenShift Container Platform

完全なコンテナ・アプリケーション・プラットフォームである Red Hat OpenShift Container Platform は、アプリケーション開発プロセスのあらゆる側面を、一貫性のある単一のソリューションで提供します。そして、それを複数のインフラストラクチャ・フットプリントに拡張することができます。

Open Innovation Labs の最新情報を取得

開発者ブログ

Red Hat Open Innovation Labs ですべてを自動化する方法

2 部構成のこのデモでは、The open source way(オープンソースウェイ)に従って最新型アプリケーション開発を加速するためにラボで採用しているテクノロジーについてご紹介します。さらに、Ansible を使用して、最新型アプリケーションを開発するための完全な環境を自動的にプロビジョニングする方法についても学ぶことができます。

Red Hat Mobile Native Android アプリケーション用の Jenkins との継続的インテグレーションに関する手順を説明するチュートリアル

2 部構成のこのシリーズでは、モバイルアプリケーション開発のイノベーションを有用かつ反復可能な形で捉えるため、ラボ で Juana Nakfour が行った作業について詳しく紹介します。第 1 部では、Red Hat の Mobile Application Platform を使ってネイティブ Android アプリケーションを作成し、ユニットテストする方法の手順を説明します。

@RedHatLabs

@RedHatLabs をフォローして、イノベーションと The Red Hat Way に関する更新情報や知見を取得しましょう

チームと共有する

イノベーションの開始