この度、世界をリードするエンタープライズ Linux プラットフォームの最新リリース Red Hat Enterprise Linux 9 (RHEL 9) の提供を開始することとなりましたので、お知らせいたします。RHEL 9 は、ハイブリッドクラウドイノベーションをサポートする、より柔軟で安定した基盤を提供します。また、物理、仮想、プライベートおよびパブリッククラウド、エッジ展開において、アプリケーションや重要なワークロードを、より迅速かつ一貫して展開できる環境を提供します。

新着情報

RHEL 9 には、イノベーションをサポートして市場投入までの時間を短縮するための、共通の柔軟な基盤を用いて長期的な IT の成功を実現するための機能と拡張が含まれています。

主な特長および利点

RHEL 9 に含まれるものをいくつか以下でご紹介します。

現在および将来における開発者向けの新しいプラットフォーム

Python 3 への移行を完了すると、バージョン 3.9 は、RHEL 9 のライフサイクルのデフォルト Python になります。Python 3.9 には、開発者が既存のアプリケーションをモダナイズできるように、タイムゾーン対応タイムスタンプ、最新の文字列接頭辞、接尾辞メソッド、ディクショナリ和集合オペレーターなど、新しい機能拡張が複数追加されました。

RHEL 9 は、GCC 11 と最新バージョンの LLVM、Rust、および Go コンパイラーでもビルドされています。RHEL 9 は、10 年を超えるエンタープライズレベルのプラットフォームの安定性を誇る、glibc 2.34 をベースにしています。

そして最後に、RHEL で初めて、Link Time Optimization (LTO) がユーザースペースでデフォルトで有効になりました。アプリケーションコードをより深く最適化して、より小さく効率的な実行ファイルの構築を支援するようになります。

RHEL の今後のバージョンへの簡易貢献パス

RHEL の前に追跡する継続的なディストリビューションの開発、テスト、貢献などに、さまざまな組織が参加できるようになりました。アップストリームのオープンソース開発プラットフォームである CentOS Stream では、次のマイナーリリースへのシームレスな貢献パスを利用できます。RHEL 9 は CentOS Stream から構築される最初の RHEL メジャーリリースです。CentOS Stream 9 として利用できるようになったのは、RHEL 9 Beta が最初でした。今後の RHEL 9 リリースはすべて CentOS Stream からビルドされます。

次世代アプリケーションストリーム

RHEL 8 で導入されたアプリケーションストリームとモジュールパッケージングをベースに、RHEL 9 ではモジュール、SCL、Flatpack、従来の RPM など、すべてのパッケージング手法がアプリケーションストリームに組み込まれ、より使いやすくなりました。

マルチ・アーキテクチャ・サポートへの継続的な取り組み

オープンソースソフトウェアでは、ワークロードを特定のベンダーに固定しないようにすることで、デジタル署名をより細かく制御できます。RHEL は、進化するビジネス環境を必要とするユーザーのために、多様な CPU アーキテクチャを使用できるようにすることで、この制御をソースコードにとどまらず、さらに拡張しています。ワークロードの実行は、x86_64、aarch64、IBM POWER9、Power10、IBM Z のいずれも可能です。

コンテナの改善

ユニバーサルベースイメージ (UBI) コンテナイメージでアプリケーションを構築している方は、RHEL 9 の UBI イメージをぜひご利用ください。標準の UBI イメージは、micro、minimal、および init イメージとして利用可能です。全機能を確認するには、完全にサブスクライブされた RHEL 9 コンテナホストで UBI イメージをテストしてください。これにより、RHEL 9 レポジトリから追加の PRM をプルできます。

RHEL for Edge

RHEL 9 では、コンテナーの自動更新とロールバックが導入されました。これにより、コンテナイメージを自動的に更新する機能が拡張されました。Podman は更新されたコンテナが起動に失敗した場合、それを検知して自動的に設定をロールバックすることができるようになりました。既存の OS レベルのロールバックと併用することで、アプリケーションに新しいレベルの信頼性を提供できます。

Image Builder as-a-Service

RHEL 9 の Image Builder の強化により、組織が時間を節約して大規模なシステムの一貫性を促進することができます。新しい Image Builder as-a-Service により、組織は標準化最適化された OS イメージを Red Hat のホスティングサービスを通じて構築し、希望のクラウドプロバイダーに配備することができるようになりました。

アイデンティティおよびセキュリティ

RHEL 9 に追加された新機能は、組織による新しいシステムの導入や、既存のインフラを管理する際のセキュリティコンプライアンスの管理方法を単純化するのに役立ちます。RHEL 9 では、OS の完全性を動的に検証し、侵害の有無を検出する IMA (Integrity Measurement Architecture) を利用できるようになりました。また、RHEL 9 はデジタル署名とハッシュを含むように強化されています。そのため、組織がインフラストラクチャ全体の不正な変更を検出するのに役立ちます。

自動化および管理

CPU、メモリー、ディスク、およびネットワークリソースの使用量が急増した場合の潜在的な原因を特定するために、RHEL 9 の Web コンソールで、強化されたパフォーマンス・メトリクス・ページにアクセスできるようになりました。また、お客様はより簡単に Grafana サーバーにメトリクスをエクスポートすることができます。また、カーネルライブパッチ管理も Web コンソールから利用できます。そのため、重要なメンテナンスの実行の複雑さを大幅に軽減します。また、コンソールには、コマンドラインツールを使用せずにカーネル更新を適用するための単純化されたインタフェースが追加されています。

予測分析

Red Hat Insights は、パブリッククラウドにおける RHEL のライトサイジングを可能にする Resource Optimization を搭載しています。Resource Optimization は、パフォーマンスメトリクスを評価し、ワークロードの使用率を特定することで、ライトサイジングを実現しています。Insights は、ワークロードのニーズに合わせてより適切なインスタンスに最適化するための可視化と推奨事項を提供します。また、Insights は、組織内の RHEL システムの既知のマルウェアの署名を分析し、リスクを詳細に可視化するセキュリティ評価 Malware Detection を追加しています。

その他のリソース


About the author

Gil Cattelain is Product Marketing Manager for Red Hat Enterprise Linux. Cattelain has more than 20 years’ experience as a leader in high-tech software product marketing with a proven track record of managing major product releases and go-to-market strategies. Prior to Red Hat, Cattelain held product marketing leadership roles at Micro Focus, Novell, and Genesys, focusing on the endpoint management and DevOps/agile solutions, including digital marketing for the contact center market.

Read full bio