Red Hat は、Red Hat Satellite の次のバージョンを、以前に発表した Satellite 7.0 ではなく、Satellite 6.11 としてリリースする予定です。次のリリースには機能拡張がたくさんありますが、完成に近づいたところで、このリリースはメジャーバージョンとして提供するべきではないと判断しました。

Red Hat Satellite のバージョンは、主にリリースを区別するために使用されます。基本的に、Satellite のバージョン番号は「メジャー.マイナー.パッチ」のスキームに従います。

  • メジャー:操作、機能、またはアーキテクチャに対する重要な変更を含むもの

  • マイナー:新機能と拡張機能。通常はいくつかのバグ修正も含みます

  • パッチ:バグ修正 (エラータ) のみであり、新機能はありません

リリースが間近に迫り、お客様と話し合い、このリリースでの変更を考慮した結果、6.11 がより適切なバージョンであると判断しました。本リリースには、通常メジャーバージョンの変更が必要となるような種類の変更は含まれていません。

  • 主要なコンポーネントが非推奨になったり、後方互換性のない機能が追加されたりしていない:Puppet サポートを削除しないことにし、代わりにプラグインモデルに移行しました (プラグインの詳細)。

  • 最小限のアップグレードオーバーヘッド:Satellite インフラストラクチャ (Server と Capsule Server) は RHEL 7 または RHEL 8 で実行できます。アップグレードはオプションで、LEAPP ツールを使用してインプレースで実行できます。

一部の組織では、メジャーバージョン (7.0) では前のバージョン (6.10) との互換性がなくなることを懸念して、メジャーバージョンが変更される前の最後のリリースで様子見する傾向があります。しかし、Satellite の次のリリースでは互換性がなくなるようなことはないので、その点を明確にするためにも、今回のバージョンをバージョン 6.11 としてリリースすることが適切だと判断しました。

このリリースで計画されている拡張機能や機能に変更はありません。変更されたのはバージョン番号のみであり、機能的にはマイナーリリースであるため、安心してアップグレードしていただけます。

Satellite のアップグレードを計画するための役立つ情報


About the author

Red Hat is the world’s leading provider of enterprise open source software solutions, using a community-powered approach to deliver reliable and high-performing Linux, hybrid cloud, container, and Kubernetes technologies.

Read full bio