編集部注:Red Hat の社長 兼 CEO であるポール・コーミアは、本日、以下のメールを社員に送りました。


皆さん、

今なお続くウクライナでの戦争に心を痛めているのは、私たち全員を代表しての発言だと確信しています。私たちは会社として、この暴力の影響を受けているすべての人の下に結束し、ロシア軍によるウクライナ侵攻を非難しています。平和を求める声に賛同し、影響を受けている社員とその家族の安全を確保するために、できる限りの努力を続けていきます。

社員の安全、安心、幸福は、引き続き最優先事項です。数週間前に設立した部門横断チームは、ウクライナとロシアのすべての Red Hatter と直接つながり、彼らが必要とする支援とリソースを引き続き確保していきます。ウクライナの Red Hatter とその家族(配偶者、子供、家族を含む)が安全に近隣諸国に移動できるよう支援し、ウクライナに留まる人々にも可能な限りの手段で支援を続けています。ここ数日だけでも、Red Hat が手配したバスが数十人のウクライナ人社員の家族や国境を越えてポーランドに安全に輸送しました。また、ロシア在住の社員も支援しています。そして、支援やリソースが必要な Red Hatter には、皆さんがどこにいても、追加のウェルビーイングリソースが用意されています。

Red Hat が提供している継続的な支援は、対応の一部に過ぎません。世界各地の Red Hatter は、この数日間、数週間にわたり、大きな、小さな、勇敢なさまざまな方法で同僚を助けてきました。これらの行動については、素晴らしい逸話を耳にしました。例えば、ポーランドのある社員は、片道数時間かけてウクライナ国境まで同僚の奥さんと子供を車で迎えに行き、自分の家を彼らに開放してくれました。このような結束力と互いを思いやる精神は、Red Hat で何度も目にしてきたことなので、驚くことではありません。この精神があるからこそ、Red Hatter は特別なのであり、私は日々誇りに思っているのです。皆さん、ありがとうございます。

念のための確認ですが、Red Hat Cares チームは、寄付を希望する Red Hatter のために、提案された慈善団体リストを管理しています。このリストに掲載されているすべての団体は現在、Reward Zone の Red Hatter の慈善寄付のオプションとして利用することができ、Red Hat は多くの国でフルタイムの社員にマッチングギフトプログラムを提供しています。また、以前お伝えしたように、Red Hat Cares はウクライナの犠牲者を支援する慈善団体への追加寄付を行っています。

関連する制裁が私たちの多くの行動の指針とならなければなりませんが、私たちは会社として追加制裁を講じました。Red Hat は、ロシアとベラルーシでの販売とサービスの提供を直ちに停止します(ロシア、ベラルーシに拠点や本社を置く組織の両方が対象)。これには、ロシアあるいはベラルーシに拠点や本社のある組織とのパートナー関係の打ち切りも含まれます。

状況は急速に変化し続けています。私たちが一丸となってこの問題に取り組むにあたり、同僚への思いやりと心配り、忍耐と理解を示していただきありがとうございます。The Source では、FAQ、支援方法、ウェルビーイングリソースなどを掲載したスペースを設けましたので、そちらで確認してください。

/p


About the author

Paul Cormier is president and CEO of Red Hat, the world’s leading provider of open source enterprise IT software solutions and services. Before being named president and CEO in April 2020, Cormier was president of Products and Technologies at Red Hat, driving major strategy shifts and expansion of the company’s portfolio of products and services.

Read full bio