Red Hat 認定

Red Hat 認定 JBoss 開発者

Red Hat® 認定 JBoss 開発者 (RHCJD) 認定は、Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform またはその他の JEE 準拠プラットフォームで、デプロイ用の Java Enterprise Edition (JEE) アプリケーションを構築する個人の能力を証明するものです。雇用主の方は、スキルを実証済みで、JEE 開発者に適格な RHCJD 認定資格保有者を雇用できます。

技術者認定の詳細

スキルと知識を証明しましょう

RHCJD 認定を取得するには、以下のタスクに関する知識とスキルを証明する必要があります。

  • エンタープライズ対応の Web プロジェクトの設定および作成
  • コンテキスト (CDI) を使用した作業
  • POJO/JEE コンポーネントを使用した作業
  • API を介した ID 情報へのアクセスおよびその管理
  • Web/JSF コンポーネントを使用した作業および Web ナビゲーション
  • 外部インタフェースとレガシー・インタフェースへのコンポーネントの公開
  • 認証フォームの作成

この技術者認定の対象者

Red Hat 認定 JBoss 開発者 (RHCJD) は、以下のような方々を対象としています。

  • JEE アプリケーション開発者

スキルと知識をテストしましょう

デプロイ用の Java Enterprise Edition (JEE) アプリケーションを構築する知識、スキル、および能力をテストします。

実践的なトレーニング

Red Hat では、Red Hat 認定 JBoss 開発者試験の準備に役立つ以下のコースを推奨しています。

Red Hat Application Development I: Programming in Java EE (JB183)

ご不明な点についてはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ