検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト
DO328

Building Resilient Microservices with Istio and Red Hat OpenShift Service Mesh

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

Red Hat OpenShift Service Mesh を使用したマイクロサービスの制御、管理、追跡、監視、およびテスト

Building Resilient Microservices with Istio and Red Hat OpenShift Service Mesh (DO328) では、Red Hat OpenShift® Service Mesh のインストール、サービスの監視、サービス管理、サービスの回復力について学習します。

Openshift は、マイクロサービス・アプリケーションのデプロイとスケーリングを効率化し、簡単に反復できるようにした、エンタープライズ対応のマルチテナント・プラットフォームを作成しました。しかし、アーキテクチャの規模が拡大し複雑になるにつれて、サービス間の対話方法を定義することがますます困難になります。Red Hat OpenShift Service Mesh は Istio、Jaeger、Kiali の 3 製品で構成され、サービスの対話を容易に管理できます。また、サービスを追跡し、通信経路を視覚的に表示します。

このコースは、Red Hat OpenShift® Container Platform 4.4 および Red Hat OpenShift Service Mesh 1.1 に基づいています。

学習内容サマリー

  • OpenShift クラスタに Red Hat OpenShift Service Mesh をインストールする。
  • サービストラフィックを制御してリリース戦略を適用する。
  • 負荷分散とフェイルオーバーを使用してサービスの回復力を構築する。
  • カオステストでサービスの回復力をテストする。
  • サービスのセキュリティを強化する。
  • OpenShift Service Mesh を使用してネットワーク・トラフィックを観察、測定、追跡する。

コース対象者

このコースは、マイクロサービス・アプリケーションのデプロイとスケーリングを行う開発者を対象としています。

受講の前提条件

学習内容

学習内容

Red Hat OpenShift Service Mesh の概要
マイクロサービス・アーキテクチャと OpenShift Service Mesh の基本概念について説明します。
サービスメッシュを観察する
Jaeger と Kiali を使用して OpenShift Service Mesh を追跡および視覚化します。
サービストラフィックの制御
OpenShift Service Mesh でトラフィックを管理およびルーティングします。
OpenShift Service Mesh でアプリケーションをリリースする
カナリアおよびミラーリングのリリース戦略でアプリケーションをリリースします。
カオステストでサービスの回復力をテストする
カオステストで OpenShift Service Mesh のレジリエンシー (回復力) を測定します。
回復力のあるサービスを構築する
OpenShift Service Mesh 戦略を使用して、回復力のあるサービスを作成します。
OpenShift Service Mesh の保護
OpenShift Service Mesh を使用して、アプリケーションのサービスを暗号化して保護します。
注:学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、Red Hat にお問い合わせください。

成果

組織にとっての効果

OpenShift および OpenShift Service Mesh でマイクロサービス・アーキテクチャを採用すると、アプリケーションの回復力とスケーラビリティを向上できると同時に、開発者のオーバーヘッドを削減できます。アプリケーション全体のデータフローを視覚化し、追跡できるようになるため、市場投入時間が短縮され、マイクロサービス・アーキテクチャに関する洞察の精度が高まります。得られた洞察を使って、組織はリソースを最適に割り当て、特定のマイクロサービス・アプリケーションの欠陥をすばやく特定できます。

このコースはお客様にメリットをもたらすことを意図して作られていますが、個々の会社やインフラストラクチャの特徴は異なるため、実際に得られる利点には差異が生じることがあります。

個人にとっての効果

このコースの概念は、サービスの対話を単純化して効率的に管理するのに役立ちます。修了すると、OpenShift Service Mesh をインストールして構成し、マイクロサービス・アーキテクチャ内のサービスの対話を定義、監視、管理できるようになります。このコースは、OpenShift Service Mesh の「サイドカー」アプローチの容易さについて説明し、サービスの回復力と監視という製品のメリットに焦点を当てることを目的としています。

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。