検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
DO378

Red Hat Cloud-native Microservices Development with Quarkus

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

コースの説明

Quarkus および OpenShift によるマイクロサービスベースのアプリケーション開発

多くの企業は、クラウドネイティブのアーキテクチャを活用する方法を模索しながらも、最善のアプローチがわからないという状態です。Quarkus は、コンテナに対応した超高速のデプロイ時間で Java Enterprise の信頼性、親しみやすさ、成熟度をもたらす、エキサイティングな新テクノロジーです。Red Hat Cloud-native Microservices Development with Quarkus (DO378) は、アーキテクチャの原則の習得と、Quarkus および OpenShift に基づいたマイクロサービスの実装に重点を置いています。アプリケーション開発の基礎知識に基づき、最新のマイクロサービス・アプリケーションを開発、モニター、テスト、デプロイする方法を学びます。

このコースは、OpenShift 4.5 および Quarkus 1.7 に基づいています。

学習内容サマリー

  • Red Hat® OpenShift Container Platform へのマイクロサービス・アプリケーションのデプロイ
  • Quarkus によるマイクロサービス・アプリケーションの構築
  • マイクロサービスの単体テストと統合テストの実装
  • 構成仕様を使用したマイクロサービスへのデータ注入
  • OAuth を使用したマイクロサービスの保護
  • ネイティブ Quarkus アプリケーションの構築とデプロイ

コース対象者

このコースは、アプリケーション開発者を対象にしています。

推奨トレーニング

テクノロジー上の留意事項

  • インターネット接続が必要です

学習内容

学習内容

マイクロサービスのアーキテクチャの説明
マイクロサービスベースのアプリケーション・アーキテクチャのコンポーネントとパターンについて説明します。
Quarkus によるマイクロサービスの実装
Quarkus で仕様を記述し、仕様の一部を使ってマイクロサービスを実装します。さらに、実装したマイクロサービスを OpenShift クラスタにデプロイします。
Quarkus によるマイクロサービス・アプリケーションの構築
永続的で構成可能な分散型の Quarkus マイクロサービス・アプリケーションを構築します。
フォールトトレランスの実装
マイクロサービス・アーキテクチャでのフォールトトレランスを実装します。
ネイティブ Quarkus アプリケーションの構築とデプロイ
Quarkus をネイティブモードで記述し、OpenShift Container Platform でのデプロイを記述します。
マイクロサービスのテスト
マイクロサービスの単体テストと統合テストを実装します。
アプリケーション・ヘルスチェックの作成
マイクロサービス用のヘルスチェックを作成します。
マイクロサービスの保護
マイクロサービス・エンドポイントと通信を保護します。
マイクロサービスのモニター
メトリクスと分散トレーシングを使用してマイクロサービスの操作をモニターします。

成果

組織にとっての効果

  • 多くの組織では、モノリシック・アプリケーションからマイクロサービスに基づくアプリケーションへの移行をどのように実施するか、また DevOps エコノミーでマイクロサービス開発のメリットを活用するために開発パラダイムをどう再編成するかに苦心しています。Quarkus によって、開発者はアプリケーションをより迅速に構築、テスト、デプロイし、アプリケーションの市場投入時間を短縮できます。

  • 組織は、Java™ プログラミング・フレームワークの親しみやすさだけでなく、Red Hat OpenShift Container Platform の安定性とメリットにも投資しています。このコースで、開発者は、Quarkus によるマイクロサービス・アプリケーション開発を活用して、OpenShift クラスタでのデプロイを最適化する方法を学びます。

個人にとっての効果

このコースを受講すると、Quarkus と Red Hat OpenShift を使用してマイクロサービスベースのアプリケーションを開発、モニター、テスト、デプロイする方法を理解できます。

以下のスキルを習得できます。

  • エンタープライズ・アプリケーション向けマイクロサービスベース・アーキテクチャを設計する
  • Quarkus を使用してマイクロサービスを迅速に構築およびテストし、OpenShift Container Platform にデプロイする
  • マイクロサービスのフォールトトレランスとヘルスチェックを実装する
  • マイクロサービスをセキュリティ保護して不正アクセスを防止する

推奨される次のコースまたは試験

Red Hat 認定クラウドネイティブ開発者試験 (EX378)
Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180)
Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications (DO288)
Building Resilient Microservices with Red Hat OpenShift Service Mesh (DO328)

Red Hat ラーニングサブスクリプションをご利用いただくと、このコースを受講できるほか、オンラインの学習リソースをオンデマンドで無制限に通年利用できます。