検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
お問い合わせ
ログイン / 登録 アカウント
EX378

Red Hat 認定クラウドネイティブ開発者試験

場所

形式 トレーニング形式の詳細

学習者のコメントを見る: Red Hat ラーニングコミュニティ

概要

試験の説明

Red Hat 認定クラウドネイティブ開発者試験 (EX378) では、Quarkus フレームワークを使用した Kubernetes ネイティブ Java アプリケーションにおけるサーバーサイドのコーディングに関するスキルと知識をテストします。この試験は、永続データストアを使用して完全なマイクロサービスを作成するために必要な基本スキルに焦点を当てています。

この試験に合格すると、Red Hat 認定アーキテクト (RHCA®) を取得する際の前提条件となるRed Hat 認定クラウドネイティブ開発者 を取得できます。

この試験は、Red Hat® OpenShift® Container Platform 4.5 に基づいています。また、Red Hat ビルドの Quarkus v1.7 に基づいています。

試験の対象者

Red Hat 認定クラウドネイティブ開発者は、以下のような方々を対象としています。

  • Quarkus と Kubernetes を使用してマイクロサービスを実装している Java 開発者
  • Red Hat 認定アーキテクト (RHCA) を目指す Red Hat 認定プロフェッショナル

受験の前提条件

  • Red Hat Cloud-native Microservices Development with Quarkus (DO378) を受講済みであるか、同等の実務経験を有していること
  • Red Hat Enterprise Linux 環境での Visual Studio Code/VSCodium の使用に精通していること
  • Java のコア概念および API に関する知識と理解を含め、JSE に関する十分な経験を有していること。たとえば、この試験では、Exceptions、Annotations、および Collections API がいずれも必須です。
  • Openshift や Kubernetesにある程度精通していると有利

試験の内容

準備

試験の学習ポイント

以下に、試験の主な作業領域を示しますので、試験の準備にご活用ください。Red Hat は、認定試験の内容を追加、変更、削除する権利を留保します。変更する場合は、事前にお知らせいたします。

以下のタスクを実行する能力が求められます。

ディペンデンシーインジェクション (依存性の注入) やルックアップで使用可能になる、いくつかの環境認識ソースを通じて、設定プロパティを提供および取得する
  • データを設定値に外面化する
  • @Inject 修飾子および @ConfigProperty 修飾子を使用して Bean に設定値を注入する
  • 設定にアクセスする、または設定を作成する
  • デフォルトとカスタムの ConfigSource と、ConfigSource の順序について理解する
Microprofile Fault Tolerance 手法を使用して、フォールトトレラントな Quarkus ベースのマイクロサービスを構築する
  • MicroProfile Config に対する関係性を理解する
  • 非同期と同期の実行タイプを理解する
  • @Timeout を使用する
  • リトライポリシーについて理解し、@Retry を使用して応用する
  • フォールバックについて理解し、定義する
  • CircuitBreaker について理解し、応用する
  • Bulkhead について理解し、応用する
  • フォールトトレランス設定について理解し、セットアップする
MicroProfile Health Check を使用して、別のマシンの Quarkus アプリケーションの状態を調べる
  • HealthCheck インタフェースを理解して実装する
  • @Liveness および @Readiness アノテーションを理解して適用する
  • HealthCheckResponse を理解して実装する
  • ユーザーが理解しやすい HealthCheckResponse を作成する
Microprofile Metrics を使用して、実行中の Quarkus アプリケーションから管理エージェントに監視データをエクスポートする
  • ベース、ベンダー、アプリケーションという 3 つのサブリソース (スコープ) を理解し、使用する
  • タグ (ラベル) を理解する
  • メタデータを理解して使用する
  • メトリックレジストリと @Metric を理解する
  • REST API を使用してメトリックを公開する
  • 必須メトリックを把握する
  • Quarkus アプリケーション・メトリックのプログラミングモデルを理解する
Quarkus アプリケーション上の MicroProfile Interoperable JWT RBAC:OpenID Connect (OIDC) ベースの JSON Web Token (JWT) でマイクロサービス・エンドポイントのロールベースアクセス制御 (RBAC) を行う
  • トークンベース認証を理解する
  • JWT ベアラートークンを使用してサービスを保護する
  • JAX-RS アプリケーションに MP-JWT アクセス制御が必要というマークを付ける
  • MP-JWT トークンを Java EE コンテナ API にマップする
Quarkus アプリケーションを実装し、JAX-RS を使用して REST サービスエンドポイントを公開する
  • REST の概念、特に HTTP PUT、DELETE、GET、POST メソッドの応用と使用法を理解する
  • 標準 HTTP 戻りコードを理解し、使用する
  • RESTful Root リソースクラスを実装する
  • JAX-RS を使用して REST サービスを公開する
  • @Path、@Produce および @Consume を理解し、使用する
  • CDI を使用してコンポーネントを統合する
  • Bean Validation を使用して、データ形式と一貫性を確保する
Panache による単純化された JPA マッピング
  • Active Record Pattern と Repository Pattern の違いを理解する
  • 基本的な JPA を使用して、永続オブジェクトとそれらの関係を作成、読み込み、更新、および削除する
  • 関連の両側を含む 2 つのエンティティ間の双方向 OneToMany 関係をマッピングする
  • 最も一般的な Panache 操作を実行し、カスタムエンティティ手法を追加する能力を実証する
RESTful API を文書化する Microprofile OpenAPI 仕様
  • OpenAPI ドキュメントと Swagger UI を理解し、リモートサービス API を検出する
  • セマンティックバージョン管理 (semver) リモート・サービス・エンドポイントにリンクする能力を実証する
  • JAX-RS エンドポイントにデフォルトおよびカスタムの OpenAPI ドキュメントを作成する方法を理解する
MicroProfile REST Client を使用した Quarkus で REST API の対話型操作を行う
  • JAX-RS API を使用して HTTP 経由で RESTful サービスを呼び出すタイプセーフなアプローチを理解する
  • REST の概念、特に HTTP PUT、DELETE、GET、POST メソッドの応用と使用法を理解する
  • リモートサービスに接続する REST クライアントを作成および使用する能力を実証する
  • 特定のリモートマイクロサービスを呼び出す REST クライアント URI をパラメーター化して構成する
  • 特別な追加のクライアントヘッダーを理解し、使用する

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

知っておくべきこと

知っておくべきこと

準備

受験の準備として、Red Hat では Red Hat Cloud-native Microservices Development with Quarkus (DO378) の受講を検討することをお勧めします。コースを受講することは必須ではなく、試験のみを受けることもできます。

Red Hat のトレーニングコースに参加することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

Red Hat 製品のシステム管理に関するさまざまな書籍や情報が提供されています。Red Hat では、そのような資料のいずれも試験対策ガイドとして公認していません。とはいえ、そのような追加情報は理解を深めるのに役立つことがあります。

試験の形式

Red Hat 認定クラウドネイティブ開発者試験は、実践的な実技試験で、実際の開発タスクを行う必要があります。試験中、受験者はインターネットにアクセスすることはできず、資料や電子文書を持ち込むことも許可されません。ノートや書籍、その他の資料も持ち込めません。大半の試験では、製品に付属のドキュメントを試験中に使用できます。

試験結果と通知方法

試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central から送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に送付されます。

試験結果には合計得点のみ記載され、個々の項目ごとの成績は通知されません。また、それに関するお問い合わせには回答しかねますので、あらかじめご了承ください。

推奨される次の試験またはコース

Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180)

Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications (DO288)

Building Resilient Microservices with Red Hat OpenShift Service Mesh (DO328)