言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

EX431

Retired - Red Hat エキスパート試験 ーESBー

情報を表示しています:

Red Hat エキスパート試験 ーESBーは、実技ベースの認定試験です。

注: この試験および資格の認定は終了しました。

Red Hat エキスパート認定 ーESBーを取得した技術者は、JBoss® エンタープライズサービスバス (ESB) を利用して、通信エンドポイントの実装と構成、ESB メッセージの操作と変換など、エンタープライズアプリケーション間の通信を可能にするスキルと知識を持っていることが証明されます。

準備

.esb アーカイブの準備とデプロイ
  • Java Message Service の設定
  • .esb アーカイブの構造
  • jboss-esb.xml に定義される粗粒度要素
    • プロバイダー情報
    • サービスとそのリスナー情報
  • バス ID
  • ESB のデプロイをテストする一般的な方法
  • JBDS を使用した JBoss SOA Platform とのインタラクション
  • 管理コンソールを使用したサービスステータス確認
プロバイダー
  • ESB のアウェアネス
  • 以下のような共通プロバイダー
    • ファイルシステム
    • FTP
    • JMS
    • SQL
  • プロバイダーフィルター
  • チャネル / バス ID
サービスリスナー
  • ゲートウェイを使用した外部クライアントとのやり取り
  • 非 ESB アウェアと ESB アウェア
  • 以下のような共通リスナー
    • ファイルシステム
    • FTP
    • JMS
    • SQL
  • ゲートウェイ /ESB 非アウェアリスナーの処理による結果
サービスメッセージとアクション
  • ESB メッセージ構造、検証、およびヘッダーの理解
  • サービス設定プロパティの使用
  • 設定ツリーの理解
  • 例外の処理
    • 例外処理のための .esb アーカイブの設定
    • カスタムアクション作成時の例外処理設計能力
  • MEP と応答の使用
  • カスタムアクションの作成
  • アクションのライフサイクル
  • アクションチェーン
  • メソッドの処理
  • Out-of-the-Box アクションの使用
    • Web サービス
    • 変換
    • ルーティング
    • Web サービス
    • BPM
    • 通知によるバス外部のメッセージ送信
  • サービスチェーンの適用
  • トランザクションの理解
  • InVM の概念の理解
  • セキュリティの適用

知っておくべきこと

Red Hat® の試験方法は実技形式なので、経験が最も良い準備になります。経験を積んだユーザーでも知識が一部欠けていることがありますが、トレーニングや自己学習で経験を効果的に補えます。特にトレーニングによって経験を飛躍的に積むことができます。Red Hat の JBoss SOA: ESB Service Implementation (JB431) コースは、試験のほとんどの内容をカバーしています。

試験の準備に役立つように、試験で扱われるタスクについて後述します。タスク分野に関する公式および非公式の追加資料も含まれています。これらは試験の準備のために紹介するものであり、他の目的のために公式に推薦されるものではないことに注意してください。また、これらの資料が継続して正確で適切な内容であることは保証されません。

トレーニングに参加する場合も含めて、試験に備えて学習するすべての受験者は、これらの資料を復習することが推奨されます。

試験中に利用できるドキュメントは、試験対象バージョンの JBoss Enterprise SOA Platform の公式ドキュメントと、製品に付属のサンプルファイルや追加ドキュメントに制限されます。製品に通常付属しているものは除外されませんが、インターネットを使用して他の資料を検索したり参照したりすることはできません。

試験中に jboss.org Wiki などのインターネットの資料を利用することはできません。

試験にハードコピーおよび電子文書を持ち込むことは禁止されています。これには、個人的なメモやノート、コースノート、書籍、その他資料が含まれます。インターネットアクセスも厳しく制限されます。これらの事項に注意して学習を進めてください。

RHCJD 認定試験の各種ツール、環境、要件に慣れておいてください。

試験の準備: 環境

試験で扱う環境は Red Hat Enterprise Linux ® 6.1 システムです。このため、Linux または UNIX の使用経験があると役立ちます。この試験はオペレーティングシステム固有のスキルを問うものではないので、Linux の幅広い経験は必要ありません。作業のための完全なデスクトップ環境が用意され、参照用の基本コマンドリストと、Red Hat Enterprise Linux に付属する man ページやその他ドキュメントが提供されます。

Linux のスキルを練習する環境として、Fedora を無料で使用できます。Live CD バージョンを使用すると、Fedora をコンピュータにインストールせずに操作できます。Red Hat Enterprise Linux と完全に同じ環境ではありませんが、求められる習熟度としては十分に近い環境です。Fedora をダウンロードする場合は、Fedora 14 より後のバージョンではデフォルトデスクトップが新しい別のものになっていることに注意してください。JBCD 試験の準備には、Fedora 14 を使用するか、デスクトップのフォールバックモードを使用してください。

試験の環境: 開発ツール

デスクトップ環境に加えて、インストールおよび設定済みの Red Hat JBoss Developer Studio が提供されます。この試験は JBoss Developer Studio の試験ではないため、試験のタスクを行うのに JBoss Developer Studio の知識や使用方法は問われません。ただし、JBoss Developer Studio は ESB アーカイブの開発と保守のための優れたツールであることから、JBoss Developer Studio の経験とスキルがあると確実に試験に役立つでしょう。JBoss Developer Studio を使用すると、アプリケーションサーバーランタイムとのやり取りも行いやすくなります。

サポート対象の JBoss Developer Studio を利用できない場合は、無料版をダウンロードできます。まだ Red Hat に登録していない場合は、無料のアカウントを作成する必要があります。無料ダウンロードのための Red Hat への登録を希望しない場合は、標準の Eclipse ディストリビューションに含まれる JBoss Tools プラグインが試験の練習に適しています。

試験の環境: 作業ディレクトリ

試験の開始時には、デフォルトの JBoss Developer Studio ワークスペースに、試験で使用する 1 つ以上のプロジェクトディレクトリが含まれています。JBoss Developer Studio を開発に使用する必要はありませんが、デフォルトのワークスペースディレクトリと、すべてのタスク用に提供されたプロジェクトディレクトリは、使用する必要があります。  提供されたディレクトリ構造ですべてのコードとリソースの開発を行い、これと一貫した構造にする必要があります。

試験の環境: コーディング標準

これは実践的な実地試験であるため、タスクを行うにあたりコードを作成する必要があります。さまざまな企業が異なるコーディング標準を使用しており、現実の環境と同様に、ローカルのコーディング標準に従うことが求められます。試験のコーディング標準についての情報を以下に挙げますので、準備に役立ててください。この情報は試験中にも提供されます。

試験の目的からすると、自分はプロジェクトを完了するために新しく採用された JBoss ESB 開発者であると考えてみるのがわかりやすいでしょう。当初の開発者がプロジェクトを未完了で辞めてしまい、連絡が取れません。残されたコードを拾い出して、時間内にできるだけ完成させる必要があります。

コードは適切に文書化され、コード内には多くの TODO が記されており、作業の指示が示されています。ただし、Javadoc と TODO だけでは不十分です。タスクの説明を読み、TODO を実行する前に何が要求されているかを理解する必要があります。タスクのテキストと Javadoc や TODO の間に矛盾があると思った場合は、必ずタスクの指示に従うようにします。

以下は、作業時に注意すべき主なポイントです。

  • コード形式は重要ではありません。タブやスペースの使用や中かっこの位置は試験に影響しません。
  • 現実とは異なり、コメントや例外メッセージは重要ではありません。試験は機械採点されるため、コメントやメッセージは完全に無視されます。
  • コードの品質とベストプラクティスが重要です。常にベストプラクティスを使用する必要があります。これが欠落するか不十分な場合は減点の対象になると考えてください。たとえば、Java のベストプラクティスではフィールドメンバーを公開しないため、オブジェクトプロパティに標準の JavaBeans getter および setter を必ず使用します。
  • プロジェクトは、他の部署の他のアプリケーションと併せて設計されています。タスクの説明やコードの TODO で明示的に指示されていないかぎり、既存のメソッドのシグネチャを変更してはいけません。このルールの唯一の例外は、シグネチャをより具体的にする (サブクラスや特定のジェネリックを使用する) ことが適切である場合です。その場合は変更が可能 (必要) です。たとえば、適切な場所のコレクションをリストに置き換える必要があります。
  • フィールド、プロパティ、またはメソッドは必要に応じて追加できます。
  • 中断した .esb プロジェクトを開始して修正が必要になる場合があります。
  • .esb アーカイブ内の JMS キューを設定できます。
  • 内部の問題によりメソッドが例外をスローする必要がある場合は、必ず RuntimeException を使用します。ビジネス固有の例外を作成してはいけません。たとえば、以下のようになります。
    • 問題がオブジェクトモデルや永続ストアの状態の不整合である場合は、IllegalStateException を使用できます。
    • 問題がメソッドの無効な引数である場合は、IllegalArgumentException を使用できます。
    • 当然ながら、適切な場合には常に NullPointerException を使用 できます。

最後に注意すべき点として、成果物がコンパイルできない場合や、正しくデプロイまたは実行できない場合は、点が与えられません。特に、宣言が壊れているとデプロイが失敗するため、得点になりません。必ず、アーカイブを問題なくデプロイできることを確認してください (サーバーログの確認)。この最悪のシナリオを避けるため、タスクごとに単純なユニットテストが用意されています。これを定期的に実行して、致命的な問題が起きないようにしてください。

試験の形式

Red Hat エキスパート試験 ーESBーでは、JBoss エンタープライズサービスバス (ESB) フレームワークベースのエンタープライズアプリケーションおよびインタラクションを作成し保守する、実務への対応能力が受験者に備わっているかどうかがテストされます。この試験に合格すると、Red Hat エキスパート認定 ーESBー の認定資格を得ることができます。

試験は、100% 実技形式の試験です。受験者は、実際のタスクを実行して知識とスキルを示します。たとえば、FTP を使用して ESB から外部システムへの通信を可能にするように求められます。そのため、オンラインの「ブレインダンプ」などの情報を鵜呑みにしないことをお勧めします。この試験の最良の情報ソースと呼べるのは、このドキュメントのみです。

試験時間は 4 時間です。試験開始に先立って受験者本人確認と情報収集のための時間がとられます。

試験結果とその通知

この試験の正式な結果は、Red Hat Certification Central からのみ送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験者に直接結果を通知することは認められておりません。通常、試験結果は米国の 3 営業日以内に通知されます。

試験結果はセクションの得点で通知され、個々の項目に関する成績については報告しません。またそういった問い合わせに対して回答することはありません。

対象者と前提条件

  • 企業における Java 開発者としての経験があり、サービス指向アーキテクチャー (SOA) と JBoss ESB に精通していること
  • Java 開発の経験があり、JBoss ESB の知識を有するエンタープライズ SOA アーキテクト

推奨トレーニング

JBoss SOA: ESB Service Implementation (JB431) - 近日公開