クラウドネイティブ開発ソリューション

スマートに構築。
迅速に提供。

アプリケーションを迅速に市場投入するためには、クラウドネイティブ開発が不可欠です。適切なツールとテクニックを用いれば、より迅速に新しいアプリケーションの開発や既存アプリケーションの最適化を行い、お客様の要求を満たすための助けとなります。

Red Hat のソリューションを利用することで、人材、プロセス、テクノロジーの連携を取り、クラウド対応アプリの構築、デプロイ、管理に適した体制を実現できます。

クラウドネイティブ化の重要性

クラウドを最大活用するには、アプリケーションに対するアプローチを変える必要があります。具体的には、コンテナによるパッケージ化、先進的なアーキテクチャ、およびアジャイル手法を活用します。クラウドネイティブの手法は、開発、提供、そしてニーズの変化への適応を迅速化するために最適な方法で、Red Hat が常に採用してきた方法でもあります。

Cloud native graphic

[クラウドネイティブ開発とは] DevOps です。また、コンテナであり、マイクロサービスであり、ハイブリッドクラウドです。重要なのは、考え方を変えて、アプリケーション・サービスを迅速に構築するために重要なものを受け入れることです」

Red Hat クラウド・プラットフォーム部門 バイスプレジデント Ashesh Badani (アシェシュ・バダニ)
あらゆる場所へのアプリ提供を実現する Red Hat OpenShift 4

あらゆる場所へのアプリ提供を実現する Red Hat OpenShift 4

業界をリードするコンテナ・プラットフォームの最新バージョンが登場しました。この Web セミナーは、アプリケーションを迅速に市場投入するための自動化および最適化されたアプローチへの導入です。

DevOps とコンテナ活用を助ける OpenShift

DevOps とコンテナ活用を助ける OpenShift

クラウドネイティブ開発を成功させるには、スマートな方法でコンテナをデプロイし、DevOps 手法を用いることが不可欠です。この e ブックでは、OpenShift がこの両方に役立つことを説明します。

クラウドネイティブ化への課題

既に作ったものを無駄にすることなくアプリケーションを迅速に提供する必要がある

新機能を求めるユーザーの要望が、既存の開発プロセスでは対応しきれないほど増え続けている。そのような場合、顧客が必要とし利用している既存アプリケーションを切り捨てることなく要求のスピードに対応できるプラットフォーム、手法、アプリケーション・サービス、ツールが必要です。

自動化、セルフサービス、コンテナ化を活用する Red Hat の開発プラットフォームは、あらゆるアーキテクチャでのアプリケーション提供を迅速化できます。Red Hat が提供するオープンソースのツールなら、すべてを一から作り直すことなく、自分のペースでインフラストラクチャを移行し、クラウドネイティブ化を実現できます。

クラウドを最大活用する新しいアプリケーションを構築する必要がある

アプリケーションの機能としてクラウドの柔軟性を活用することは、お客様のエクスペリエンス向上を助けます。クラウドネイティブ開発プラットフォームを活用することで、市場のトレンドに反応し、アイデアを迅速に製品やサービスとして形にするための助けとなります。

Red Hat のミドルウェア・アプリケーション・サービス、開発ツール、コンテナ・プラットフォームを使えば、マイクロサービスの構築や、より効果的な API 活用が可能となります。また、DevOps プロセスを導入することで、お客様のニーズに迅速に適応して継続的デリバリーを行うクラウドネイティブなカルチャーの醸成を支援できます。

UPS、コンテナでアプリケーション開発を迅速化

UPS では、毎日 2,000 万を超える荷物を配送しています。同社では、これらすべての荷物に関するデータをより効果的に管理するシステムを必要としていました。Red Hat は、この巨大な運送業者がコンテナベースの柔軟なソリューションを構築し、ワークロードをクラウド移行するための支援を提供しました。その結果、従来は 1 年以上を要した UPS のアプリケーション開発サイクルは、わずか数週間へと短縮されました。

クラウドネイティブ化を加速するための 8 つのステップ