検索
日本語
日本語
ログイン アカウント
ログイン / 登録 アカウント
Web サイト

プレスリリース

Red Hat、継続的なコミュニティ・イノベーションと長期にわたる エンタープライズ・サポートをRed Hat OpenStack Platform 16で提供

最長5年間、大幅なアップグレードなく本番環境向けサポートを維持し、エッジ・コンピューティングなどの新たなイノベーションを最大限に追求できる極めてスケーラブルなクラウド・インフラストラクチャ・ソリューション

東京

[ノースカロライナ州ローリー– 2020年2月20日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

Orange Egyptは、Red Hat OpenStack Platformを含むRed Hatのオープンハイブリッドクラウドテクノロジーを使用して、NFV向けの水平型クラウド・プラットフォームを構築し、お客様のニーズに最適なソリューションの開発を促進しています。 今までより動的に対応し、以前より10倍高速にサービスを展開するとともに、エジプトにおけるデジタル開発に対してより大きく貢献できます。

 
Ayman Amirichief technology officer, Orange Egypt

オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.は本日、極めてスケーラブルでアジャイルなInfrastructure-as-a-Service(IaaS)ソリューションの最新バージョンであるRed Hat OpenStack Platform 16の提供開始を発表しました。1,000を超える機能拡張や新機能は、プログラム可能なIaaSによって企業および通信事業者のワークロードに基盤を提供し、ハイブリッドクラウド、開発用クラウド、本番環境クラウド、ネットワーク機能仮想化(NFV)、エッジ・コンピューティング、人工知能(AI)、機械学習(ML)などのクラウドネイティブなアプリケーションを実現します。

世界をリードするエンタープライズLinuxプラットフォームであるRed Hat Enterprise Linux 8に基づいて開発されたRed Hat OpenStack Platform 16は、オーバーヘッドを最小限に抑え、より多くのイノベーションをより迅速に実現できるように設計されています。この最新バージョンでは、洗練された長期的なサポート・ライフサイクル、機能の包括的な整理統合、継続的なコミュニティ・イノベーション実現への新たなコミットメントがストリーム・リリースによるエンタープライズ対応機能として追加されています。Red Hat OpenStack Platform 16は、「Rocky」、「Stein」、「Train」のOpenStackコミュニティリリースと、Red Hat OpenStack Platformバージョン14およびバージョン15の最も優れた機能を兼ね備えています。

Red Hat OpenStack Platform 16を導入すれば、企業や通信事業者は、デジタル経済の事業機会に対応した、よりアジャイルかつ効率的で革新的な環境へと、自社のITインフラストラクチャを効果的に刷新することができます。モジュール型に設計されたRed Hat OpenStack Platform 16は、従来型のアプリケーションに対してIT運用を最適化するとともに、クラウドネイティブなアプリケーションの開発およびデプロイの基盤として役立ちます。

 

最大限の革新性と製品としての安定性を両立し、単一の長期リリースで実現

Red Hat OpenStack Platform 16は、企業が最長5年間、単一のバージョンで標準化し、運用を継続できるように設計されています。各社のITチームは、Red Hatのエンタープライズ・クラスの長期サポートによる保証の下、確かな見通しに基づいて従来型のワークロードとクラウドネイティブなワークロードをRed Hat OpenStack Platform上でデプロイし、ハイブリッドクラウドの柔軟性、スケーラビリティ、イノベーションを活かすことができます。

Red Hat OpenStack Platformのライフサイクルが長期化されたことにより、お客様はプラットフォームの包括的なアップグレードを待たず、これまでよりも迅速に機能を利用できるようになります。これにより一貫性のあるプラットフォームへのニーズを満たすと同時に、オープンソース・コミュニティの迅速なイノベーションを活かすことが可能です。また長期リリースに対する機能の追加およびバックポートの確かな実績に基づき、Red Hatのお客様はイノベーションを妥協なく自社の顧客に提供することができます。

 

Red Hat Enterprise Linux 8との統合

Red Hat OpenStack Platformと、エンタープライズLinuxにおけるRed Hatのリーダーシップの組み合わせにより、サービス、サポート、利用モデル、ライフサイクル管理のすべてにわたって一貫性のある体験が実現し、ITチームは最新のイノベーションを最小限のリスクで提供することができます。Red Hat OpenStack Platform 16では、プラットフォームのライフサイクルは、基盤となるRed Hat Enterprise Linuxオペレーティング・システムのライフサイクルに対応して設定されています。この整合性の結果、プラットフォームのアップデートが減少し、アプリケーションのテストや認定に要する時間が短縮され、導入後の運用が簡素化されます。

 

様々な業界のお客様やパートナーをサポート

楽天モバイルPublic Health EnglandTurkcellMassachusetts Open Cloud、O2 Slovakia、Institute of Molecular Biotechnologyなど、何百ものお客様がRed Hat OpenStack Platformに基づき、様々な環境でハイブリッドクラウドやプライベートクラウドを運用しています。

また、Red Hat OpenStack Platformは、Cisco、Dell EMC、HPE、IBM、Intel、Juniper Networks、Lenovo、NetApp、Nuage、NVIDIAをはじめとするエンタープライズビジネスの強固なパートナーエコシステムによって支えられています。

 

提供開始時期

Red Hat OpenStack Platform 16は、本日、Red Hat Customer Portalを通じて、有効なサブスクリプションをお持ちのRed Hat OpenStack Platformのお客様向けに提供が開始されます。

 

サポートコメント

Red Hat 製品・クラウド・プラットフォーム担当バイスプレジデント Joe Fernandes

「Red Hat OpenStack Platform 16では、新リリースを利用しデプロイするIT組織の能力とニーズを反映して、イノベーションのサイクルを更新しています。Red Hat Enterprise Linuxのライフサイクルとの整合により、企業はプラットフォームの新バージョンを待つことなく、エッジ・コンピューティングやNFVなどの新機能をより継続的に活用することができます。これは、各組織が固有の業務に最適なペースと規模でイノベーションを推し進める上で役立ちます。」

 

Dell EMC エンタープライズおよびサービスプロバイダー戦略/ソリューション担当 バイスプレジデント Kevin Shatzkamer氏

「当社とRed Hatとのコラボレーションでは、よりアジャイルで革新的な環境に対するサービスプロバイダーの高まるニーズへの対応に引き続き焦点を合わせています。Red Hatおよびオープンソース・コミュニティとの連携の下、当社の統合的なOpenStackソリューションは、5Gとネットワークエッジのユースケースのデプロイを促進し、運用を簡素化する上で役立つ、テストおよび検証済みのインフラストラクチャを提供します。」

 

Grupo ASD インフラストラクチャおよびITサービス部門責任者 Víctor Morales氏

「Red Hat OpenStack Platform、Red Hat Ceph Storage、Red Hatのコンサルティングおよびサービスチームによるサポートを導入したことで、当社はよりスケーラビリティと信頼性に優れたハイブリッドクラウド・ソリューションを手にすることができました。このソリューションでは、当社の既存のコンピューティング能力とストレージ容量を再利用することができます。また、コロンビアの選挙プロセスに備えてより効果的に計画し、準備すると同時に、インフラストラクチャ、プラットフォーム、およびソフトウェアサービスを通じて当社のビジネスモデルを拡張することが可能です。」

 

Institute of Molecular Biotechnology(IMBA) IT部門副責任者 Peter Forai氏

「IMBAでは、研究データの量が絶えず急激に増大する中、科学者が研究に使用するハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)環境をより迅速に導入する必要がありました。Red Hat OpenStack Platformを導入したことで、IMBAは柔軟性に優れたスケーラブルなソフトウェアデファインドのデータセンターを生み出し、カスタムHPC環境の導入にかかる時間を6カ月から1時間に短縮することができました。このRed Hat OpenStack Platformの最新バージョンは、IMBAが革新的な研究のサポートに注力することを引き続き可能にすると期待しています。」

 

Nokia Nuage Networks責任者 Sunil Khandekar氏

「NokiaのNuage Networksは、OpenStackディレクターおよびRed Hat Enterprise Linux 8とあわせて、Red Hat OpenStack Platform 16リリースをサポートし、Red Hatとのコラボレーションを継続できることをうれしく思います。通信業界向けクラウドで高度なデータプレーン機能の要件や長期サポートの要件への対処を追求する中、この最新バージョンのRed Hat OpenStack Platformと最新のNuage Networks VSP 6.1リリースの組み合わせは、当社のソリューションの最適化に役立ちます。」

 

Orange Egypt 最高技術責任者(CTO) Ayman Amiri氏

「Red Hat OpenStack Platformなど、Red Hatのオープンハイブリッドクラウドテクノロジーにより、Orange EgyptはNFV向けの水平型クラウド・プラットフォームを構築し、お客様のニーズに最適なソリューションの開発を促進しています。当社は今やより動的に対応し、以前より10倍迅速にサービスを展開するとともに、エジプトにおけるデジタル開発に対してより大きく貢献することができます。Red Hatの最新バージョン、Red Hat OpenStack Platform 16は、引き続き業界最高水準のテクノロジーを提供し、当社のような企業がデジタルトランスフォーメーションのプロセスで成功を収めることを後押しすると考えています。」

 

stc クラウド・インフラストラクチャ部門ゼネラルマネージャー Anwar Alsubhi氏

「当社は通信業界向けクラウドをRed Hat OpenStack Platform上で開発し、多数の仮想化ネットワーク機能(VNF)の導入に成功しています。現在および将来にわたってお客様の期待により効果的に応える中で、柔軟かつ俊敏にオープン・プラットフォーム上でデジタルサービスを提供することが可能となりました。新しいOpenStackの機能を活かして当社のクラウド戦略を強化し、さらに大きな価値を当社、お客様、そして社会に提供できることを楽しみにしています。」

 

関連リンク

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、Red Hatはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザリーとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、デジタルの未来に備えるための準備を支援します。

将来予想に関する記述

このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、特定の仮定に基づいて将来の出来事に対する現在の期待を表明したものであり、過去または現在の事実に直接関連しない声明を含んでいます。実際の結果は、重要なさまざまの要因により、将来予測に関する記述に示されたものとは大きく異なることがあります。その重要な要因としては、当社が実効性のある競争を行えるか、新しい製品や技術革新を適時に提供して、それらに対する需要を喚起できるかに関するリスク、IT投資の遅れや削減、買収先の統合および取得した技術や商品を市場にうまく投入できるかに関するリスク、当社の製品及び当社の製品が依存する第三者の製品の誤りまたは欠陥に関するリスク、当社製品とその他のデータのセキュリティ上の脆弱性に関するリスク、為替レートの変動、主要スタッフの変更とそれらの者への依存、業界統合による影響、訴訟やそれに関連する和解の不確実性や不利な結末、当社の知的所有権を適切に保護できないこと、また、第三者の知的所有権に関してライセンス侵害・違反の請求がなされる可能性、当社の国際的活動における財務および活動上の課題への対応力、当社の成長と国際的活動に対する実効性がない管理と統制、その他の要因などが挙げられます。これらの要因に加えて、実際の将来の業績、結果、および成果は、業界や市場の全般的な状況、成長率、経済および政治の状況、政府・公共の政策の変更、地震や洪水などの自然災害の影響などの、より一般的な要因のために大きく異なる場合があります。本プレスリリースに掲載されている将来予測に関する記述は、その発行日時点の当社の見解を示したものであり、その見解は変更されることがあります。ただし、当社は将来のある時点で将来予測に関する記述を更新することもありますが、更新についていかなる義務も負うものではありません。これらの将来の見通しに関する声明は、本プレスリリースの発行日より後のいかなる時点における当社の見解も表すものではありません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat logoは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。OpenStackのワードマークは、米国およびその他の国々におけるOpenStack Foundationの登録済みの商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。