アカウント ログイン

無線アクセスネットワーク (RAN) 機能の推進において 5G 技術が普及するにつれ、この技術を世界中でさらに利用できる方法はないかという疑問が残ります。Baicells は過去 7 年間、インターネット接続が不足している地域を含め、世界中の組織やエンドユーザーに高速インターネットを提供するために取り組んできました。この取り組みを継続するためには、強力な Open RAN エコシステムが 5G 技術には必要です。これにより、広範なネットワークの相互運用性を確立し、さまざまなユースケースでインターネットを提供することができるようになります。

Red Hat と Baicells は、Telecom Infra Project (TIP) への参加を通じて、オープンで細分化された標準ベースのソリューションの開発に貢献しています。このソリューションにより、組織はどこにいても、利用可能な 5G ソリューションと相互運用し、Open RAN イノベーションを利用することができます。

Open RAN エコシステムの力

インドネシアの Telkom University 内にある TIP Community Lab は、同国における新たな産業変革の推進に貢献する、革新的な 5G 技術が集約された中心的存在です。Telkom University の TIP Community Lab は、TIP Community が開発したソリューションをコネクティビティーの利害関係者にテストおよび検証してもらうことで、成長を続けるベンダーのローカルエコシステムをサポートしています。これらのベンダーは、Open RAN によって実現されるよりアクセスしやすい 5G ネットワークを構築するという共通の目的を追求しています。これらの Open RAN ベンダーは、相互運用可能な製品およびサービスを提供しています。つまり、5G ネットワークは単一のベンダーではなく、ワイヤレスベンダーのエコシステムによって構築されます。これにより、ネットワークオペレーターは、独自のデプロイメントシナリオにとって最適な方法で、5G ネットワークを自由に構築することができます。

Open RAN では、5G ネットワークの必要な要素をうまく組み合わせ、相互運用性をサポートするためのオープンで協調的なエコシステムが必要です。Red Hat と Baicells は、Open RAN 技術の開発で協力することで、5G 技術のデプロイメントコストを削減し、ネットワークをインストールするオペレーターの投資収益率を向上させることができます。

Red Hat と Baicells は、Telkom University の TIP Community Lab で協働することで、以下のような両社の技術オファリングの組み合わせに基づいて、5G および RAN ソリューションの概念実証を行うことができます。

  • Red Hat OpenShift は、クラウドに依存しない、(GitOps インテグレーションを含む) フルスタックの自動化された操作を備えた主要なエンタープライズ Kubernetes アプリケーションプラットフォームを提供し、より一貫性のあるエクスペリエンスを提供します。OpenShift を使用すると、ネットワークのデプロイメントが容易になり、ワークフローが簡素化され、スケーラビリティー、俊敏性、柔軟性が向上するため、RAN および RIC サービスの市場への参入が迅速化されます。

  • Baicells の RAN ソリューション は、ワイヤレスおよび 5G ネットワークオペレーターに対して、エンドツーエンドの Open RAN プラットフォームを提供します。同プラットフォームは、モバイルデバイス、ソフトウェア、アプリケーション、マルチ RAN の屋内/屋外スモールセル、CPE、ルーター、クラウドコアネットワーク、ネットワーク管理、およびオンライン課金システムをカバーします。Baicells の RAN は、OpenShift の ベンダー検証済み Cloud-Native Network Function (CNF) で、「プラグアンドプレイ」として設計されており、商業化に向けた明確な道筋を提供します。また、Baicells の RAN は、Intel の FlexRAN™ リファレンスアーキテクチャーを採用しています。

Open RAN の未来

仮想化とクラウドネイティブのデプロイメントモデルは、このオープンワイヤレスエコシステムの実現を可能にする重要な要素です。Red Hat と Baicells の両社は、Open RAN と 5G イノベーションの未来をサポートするために、さまざまなエコシステムにまたがるオープンコラボレーションの発展に向けて取り組んでいます。Baicells の RAN の設計方針は、オープンなフロントホール/ミッドホールハードウェアインターフェースに基づいています。これらは、API の標準化を促進してプロプライエタリーなハードウェアへの依存を回避し、5G デプロイメントの投資収益率の向上に貢献することにより、ベンダー間の相互運用性をサポートしています。

Baicells の RAN ソフトウェアと Red Hat Open Shift を組み合わせることで、組織は堅牢なコンテナベースのアーキテクチャにアクセスし、それぞれのニーズに最適なクラウド環境で 5G および RAN ソリューションをデプロイすることができます。エコシステム全体でのコラボレーションにより、ハードウェアおよびネットワークインフラストラクチャにまたがって、機能をさらに拡張することができます。

テレコミュニケーションエコシステムに関する Red Hat の見解については、こちらのブログ記事 を参照してください。

Baicells の会長兼CEO である Lixin Sun は、次のように述べています。「Baicells は、Red Hat OpenShift 上に vRAN のエンドツーエンド 5G NR システムを構築することを嬉しく思っております。私たちは共に、いくつかの概念実証プロジェクトを成功させてきており、このソリューションに対する市場のニーズの高まりを予測しています。Baicells の vRAN ソリューションは、Open RAN アーキテクチャーを完全にサポートし、クラウドアーキテクチャーのデプロイメントに向けて改良する準備ができています。私たちは 5G エコシステムの一部であり、より多くのエコシステムパートナーの実現に向けて貢献していきます。Baicells は、探求し、進化し、そしてつながり続けていきます。」


About the author

Red Hat is the world’s leading provider of enterprise open source software solutions, using a community-powered approach to deliver reliable and high-performing Linux, hybrid cloud, container, and Kubernetes technologies.

Read full bio